彼から「めんどくさい」と思われる女性の特徴

最終更新日:2016年2月21日

せっかくできた彼氏と喧嘩の時に、いつもお前はめんどくさいと言われてしまうことはありませんか?
別れを切り出されて理由を聞くと、めんどくさいからと言われたことはありませんか?

そこで今回はめんどくさいと彼氏に思われやすい女性の特徴をご紹介します。

1.記念日を祝いたがる

付き合ってからそろそろ一年だね、ここまではわかりますが、付き合って一か月記念とか小刻みに刻むとめんどくさいと思われてしまいます。

そして記念日だからと特別なことをしたがると男性は更にめんどくさいと感じてしまうでしょう。

有名店での食事、恋愛映画を二人で鑑賞して、雰囲気のいいホテルにお泊りをしてプレゼントもされたいと思っていることはありませんか。
これが小刻みに毎月あっては、金銭的にも、精神的にも結構きついものがありますよね。


2.自分の憧れを強要する

彼氏ができたらここへ行って、あそこへ行ってと妄想がふくらむことは誰にでもあると思います。

ただ、付き合い始めれば、お互いを尊重できなければ長続きしませんよね。

そこへ、彼氏ができたらこうしてみたかったという憧れを一度くらいなら彼氏ものんでくれるでしょうが、
毎回毎回こうしたい、こうあるべきだと強要されて振り回されたのでは、たまったものではありません。

可愛い彼女の言うことを、はじめのうちは聞いてくれても、だんだんうっとうしくなってくるので、年月がたてばたつほど要注意です。


3.束縛したがる

束縛はお互いに嫌なはずなのに、男性は浮気する生き物だと思い込んで、彼氏自信を信頼できない、もしくは自分に自信がない女性がやってしまいがちな行動です。

会社の後の飲み会だったり、休日に男友達と出かけると言えば、どんなお店で何人で、本当にそこに女性はいなかったのかを質問攻めにしたり、
彼の予定を把握したがったりして、追いつめてはいませんか。

自分も彼氏も、一人の大人の人間です。
それぞれの世界を持っています。

そこを尊重してください。
自分以外の世界があるのが当たり前なのに、束縛していてはお互いに息が詰まりますよ。


4.感情の起伏が激しい

友達や親の前だったらセーブできるのに、彼氏の前だとついつい無意識に彼氏の気持ちを試そうと、些細なことに腹を立てて喧嘩をふっかけたり、かと思えば泣きわめいたり、電話で反省してる風を装ってみたり喜怒哀楽の激しい性格ではないですか。

これも付き合い始めの頃なら、彼氏の方も一生懸命ですから、精一杯対応してくれます。

それをいいことに、いつまでもその幼い態度をとっているとしまいに愛想を尽かされます。

すごく疲れるからです。
この子に合わせていられないとそっぽを向かれてしまいます。


5.自分の存在を確認したがる

男性の中には口下手で、心の中では思っていても言葉で愛情表現をするのが苦手な人もいます。

そんな彼に対して、私のことどう思ってるの?とことあるごとに聞いたり、自分の作った料理はおいしいかどうか、何度も尋ねたりすることってないですか?

付き合っているんだから、好きなんです。
一緒にいて楽しいから会っているんです。

おいしいから食事してるのに、何度も質問されていては、おいしかっても味もわからなくなります。

何度も何度も、彼の気持ちを確認したがって言葉にしてもらいたいと欲していては、言いたい瞬間も消えていきます。


6.いつも誰かと比較したがる

自分のことだけでなく、彼氏のことも、常に誰かと比べて良し悪しを決めるなんてことはありませんか?

あの友達の彼氏はどこどこの大手企業に勤めているだとか、クリスマスに海外旅行に行ってうらやましいとか、
自分たち二人のことをみないで、人のことばっかり気にしていると興ざめされてしまいます。

彼はあなたといるから楽しいのです。
たわいもない会話をしたり、ファーストフードを食べていてもうれしくて楽しいのです。

それをいつも誰かと比較して、ましてや自分たちの方がランクが下だというような発言はしていませんか?
そんな風だと、将来ともに生きていきたいとは思ってもらえないですよね。

めんどくさい女性にならないようにしよう

めんどくさいと思わせてしまう女性の共通点は、いつも自分中心のものの見方をしていて、
実はプライドが高く、誰よりも自分が上に立ちたいというところです。

常に自分のしたいこと、こうあるべきだという観念を彼に押し付けて、受け入れてくれなくなると
愛されてないと駄々をこねるというのでは、めんどくさくって付き合いきれませんよね。

彼の気持ちを尊重してあげてください。
自分たち二人の楽しい思い出や価値観をよく見つめて大切にしてみてください。

誰かと比べてうらやましがる必要はありません。