面接で優柔不断という短所を上手く伝える方法まとめ

最終更新日:2015年10月30日

就職面接やアルバイトの面接などで長所と短所をうまく言えないことはよくあることでしょう。

できれば、短所である部分もいい言い回しをすることで相手に良い印象を持たせることができるかもしれません。

優柔不断という短所が多い女性は多いかと思いますので今回は面接において優柔不断という短所を上手く伝える方法をご紹介します。

1.短絡的な答えを出さない

優柔不断というのはダメな印象がありますが、よく考えればすぐに答えを出さずにしっかりと悩んだ上で答えを出せるということになります。

何かに置いて悩めるというのはある種の才能で、短気でせっかちな人に比べれば慎重な判断をすることができるということになります。

仕事においてミスというのは許されません。

もちろん優柔不断すぎて仕事をミスしてしまうのは避けるべきですが直感だけで何も考えずに答えを出してしまうよりも、悩んだほうが最良の結果を出すことができるでしょう。

面接を受ける職種にもよりますが、優柔不断な方が向いている仕事もあります。

「短絡的に答えを出すのではなくいったん飲み込んで吟味した上で何事にも答えを出すようにしています」などと言った風に答えると優柔不断をいい方向に伝えることができるでしょう。


2.リスクを考えられる

優柔不断になってしまう原因としてリスク管理がよくできているからという可能性があります。

というのは、二つの選択肢を出されたときにどちらがより自分にとっていいものであるか考えると同時に、どんなリスクがあってリスクによって何が起こってしまうのかということを考えているから優柔不断になってしまっているのです。

会社にとって社員のリスク管理というのはとても大事です。

目先の利益に流されてしまうことでリスクを考えられない社員は問題を起こしたりして会社にとって負の遺産となってしまいます。

ですが、リスク管理をできる社員であれば会社にとってのリスク管理になるのでそういった人を採用したいと思うかもしれません。

ですから、面接の際に優柔不断をよく言い換えたいのであれば「物事を決める際に時間をかけてリスクなどを考えて判断をすることができる性格です」と答えると、職種によっては採用に近づくかもしれません。


3.いいところを見つけられる

前項で、リスクについてご紹介をしましたが優柔不断なのは選択肢のいいところを見つけられるからとも言えるようです。

二つの選択肢があった場合、Aのいい点とBのいい点を見抜くことができ、どちらを選ぶか迷ってしまうから優柔不断です。

それはよく言えば、どんなものでも長所を見つけることができるから迷ってしまうということになりますね。

仕事をする上では様々なトラブルがあるでしょう。

人間関係などは特に深刻で、人間関係がうまくいかなくて職を離れてしまう若者も多いようです。

ですから、物事や人のいいところを見つけることができるというのはとても貴重な力です。

人間関係でいやだなと思う人がいたとしても、その人のいいところを見つけることができれば、その人がどうして嫌われているのかどうしてそのような行動をしているのか理解できるかもしれません。

いい部分だけを認めて関係を築くことができるかもしれません。

採用する側としてはネガティブな人間よりもポジティブで、いいところを発見してくれるような人を採用したいと思うようなので「悩んでしまうくらいいいところや長所を見つけるのが得意です」と長所のように相手に伝えることができます。


4.気が長い

優柔不断な人というのはレストランでお腹が減っていても何を食べるか迷って長い時間過ごしたりしますね。

せっかちな人は早くおなかを満たしたいので長い時間迷うというのは耐えられないことです。

これに考えると、優柔不断な人というのは最良の結果を出すためには、自分が苦しくても気を長くして迷う力があるといえます。

職場によってはスピーディーな結果を求められますが、そうでない職種も多くあります。

ミスをしないで最良の結果を出してほしい場合は、スピードを重視するのではなく、気を長く選択肢を吟味したり、職種によっては早い昇進ではなく気を長く下積みをしなければいけない場合もあるでしょう。

そういった、場合自分の納得する選択ができるまで気を長く頑張ることのできる優柔不断な人は最適なのかもしれません。

ですから、面接で「気が長く、焦ることなくしっかりと物事を選択することができます」などと言ったようにアピールしてみてもいいかもしれません。

面接で優柔不断を調書に変えよう

優柔不断は考えようによっては「長所」になるのかもしれません。

コツは、優柔不断というのは長所になるような職場を選ぶことです。

そうすることで、うまい言い回しをして「優柔不断」を最良の長所に言い換えることができるようです。

優柔不断だということを短所だと思わずに胸を張ってもいいのかもしれませんね。