女性が働きにくい会社の特徴とは

最終更新日:2017年6月26日

会社はたくさんありますが、その中でもまだまだ女性が働きにくいと感じる職場はたくさんあります。

女性も社会に出て活躍しているので、働きやすい会社を選びたいと思うのは当然です。

そこで女性が働きにくい会社の特徴についてご紹介します。

1.女性上司がいない

女性が働きにくい会社の特徴としては、女性の管理職や上司がいない会社は働きにくくなります。

一昔前の会社の態勢のままで、女性の地位や役割を大切に扱っていない会社です。

女性が管理職や上司として働いていなければ、女性目線での改革はできません。

そのため下で働く女性の不満や意見は、上層部にまで話が通らないことが多いです。

女性目線で改革を進めなければ女性が働きやすい会社を作ることはできませんし、女性の地位が向上しなければ女性のモチベーションも上がらないでしょう。

女性が働きにくい会社はやはり女性の地位が低い傾向にあるので、管理職に女性がいない会社は働きにくいことが多いです。

2.育児に対する支援制度がない

女性は結婚をして子供を産むことになれば、会社を数年間は離れなければなりません。

結婚や出産をまだまだ考えていない女性は問題ないのですが、いざ子供ができた時に支援制度が無いと、働きにくいと感じてしまいます。

子供ができたら辞めなければいけないですし、数年後に復帰しようとしても働きにくい環境なので再雇用は難しいでしょう。

育児に対する支援制度がないと、女性にとっては大きなハンデとなるので、会社に対して愛情を持って働き続けることができません。

要は子供ができるまで働ける会社というだけなので、子供ができてから以降は働けない会社が多いのが現実です。

多くの女性にとって生活に関わる重要な物代なので、育児などの支援制度が整っていない会社は、女性にとって働きにくい会社となります。

3.休日が取りにくい

昔の会社ではとにかく休日でも出勤をして働くのが美学でしたが、女性にとっては休日は大切な日です。

女性の多くは仕事もプライベートも頑張ることが目標で、仕事のためにプライベートを犠牲にする男性の考え方は理解に苦しみます。

もちろん家庭を守るために身を粉にして働く男性は尊敬できますが、自分がプライベートを潰してまで会社に貢献しようとは思いません。

休日は自分の時間を楽しむ時間でもあり、ストレス発散できる大切な日です。

男性のようにとにかく仕事をして会社のために働くことはできないので、プライベートと仕事の両方をバランスよく頑張ることが目標です。

そのため休日でも仕事を強要されたり、または休みが取りにくい会社は女性にとって働きにくい会社となります。

4.労働時間が長く残業もある

労働時間が長い会社や残業が当たり前のようにある会社は、女性にとっては働きにくい環境となります。

子供がいれば迎えに行ったり育児をしなければならないので、残業があっても残ることができません。

例え会社側が事情を考慮して帰れたとしても、周りにいる社員が代わりに残業をしていれば白い目で見られてしまうかもしれません。

そのため労働時間が長い会社や残業が多い会社は、女性にとっては精神的にも辛くなるので働きにくくなります。

パートや派遣会社として働いていれば時間通りに帰ることができるので、能力があっても安い賃金で働くことを選択しなければならないことも多いです。

独身ならばまだ対応することはできますが、いずれば結婚をしたり子供ができた時には働きにくくなるので、女性にとっては働きにくい会社となります。

5.職場の雰囲気が悪い

職場の雰囲気が悪い会社は女性が嫌う会社のひとつで、女性が働きにくい会社となります。

雰囲気の悪い会社だと男性からキツク話されたり、扱いも雑にされることが多いです。

男性同士ならばライバルとして争うこともできますが、雰囲気の悪い職場では自分も気持ちよく働くことができません。

イライラしたり機嫌が悪い男性と一緒に仕事をしていると、こちらまでストレスが溜まるので、仕事にたいしてやる気もなくなってしまうでしょう。

また機嫌の悪い男性に対して対応することができないので、女性としては怖くて何も言えなくなってしまいます。

明るく笑顔で仕事ができたり、やりがいのある仕事を女性は求めることが多いですが、ストレスの溜まる会社で我慢して働いても得られるものはありません。

ストレスが溜まりやすい会社が女性にとって一番働きたくない会社なので、雰囲気の悪い会社では女性は働きたくありません。

女性が働きにくい会社の特徴を知ろう

女性が働きにくい会社は女性が権限を持っていない会社で、役職に女性がいないとやはり女性の気持ちを理解することは難しいでしょう。

女性にしかわからない辛さや悩みなどがあっても、相談できる相手がいなければ、結局は会社を辞めるしか選択肢はありません。

働きにくい会社ならば改善すればいいのですが、意見を言う女性がいなければ改善することもできません。

女性が働きにくい会社は、やはり女性が役職に就いていない会社が多くなります。