悪口や陰口を言う人と上手くつきあっていく方法4つ

最終更新日:2016年5月8日

悪口や陰口を言う人は、どこにでもいます。

気にしないことが一番かもしれませんが、なかなか難しいでしょう。

今回は、そういう方との上手な返し方をご紹介します。

1.悪口や陰口を言う人は、どこにでもいると割り切り、その人の前ではイエスと答える

悪口や陰口を言う人は、言いたいのです。

つまり、逆に言えば、聞く耳を持っていません。

ですから、反論し、目のかたきにされるよりは、悪口や陰口を言う人の前では、そうだよねと、答えます。

実際に、そう思っていなくても、悪口や陰口を言う人が、正しいと、言ってあげるのです。

いわば、承認要求をみたしてあげるのです。

悪口や陰口を言う人は、心が弱い、孤独な人が多いです。孤独は、人を狂わせます。

ですから、そういった心の弱さや孤独を、共に味わってあげるのです。

自分はそうは思わないけれど、悪口や陰口を言う人が、そう思って、発言しています。

その立場になって、一緒に、イエスと言ってあげるのです。

そうすると、悪口や陰口を言う人が、案外、ポロリと、本音を漏らしたり、弱音を吐いてくる可能性もあります。

仲間が出来たと、喜ぶかもしれません。

これが、きっかけで、実は、親と上手くいっていないことや介護問題、経済的な悩みなど話してくるかもしれません。


2.悪口や陰口を言う人が異性の場合

これは、分かりやすい愛情表現かもしれません。

どうせなら、ストレートに表現してほしいところですが、小学生の男の子が、可愛い女の子をいじめる。

こういったパターンです。

ですから、嫌な気持ちになっても、優しく接してあげると、態度が急変し、素直になるかもしれません。

悪口や陰口を言われて、傷つかない人は、ほとんどいないのでは無いでしょうか。

それでも、こういう場合には、無視したり、逆上すると、相手は、もっと悪口や陰口を言います。

ですから、ここはひとつ、譲るという考えで、声をかけてあげたりするだけで、喜びます。

屈折した愛情表現ですが、素直に表現する人がいる分、屈折して表現する人がいると理解してあげます。

また、恥ずかしいから、悪口や陰口を通して、仲良くなりたいのかもしれません。

コンタクトの一種です。悪口を言いながら、こちらを見ている場合など、興味がある証拠です。

いい加減にして欲しい気持ちは、分かりますが、ここは一歩譲ります。

いずれにせよ、興味がなければ、悪口や陰口は言わないと、思って、付き合ってあげると良いです。


3.悪口や陰口を言う人と関わらない

悪口や陰口を言う人と付き合うのは、正直、疲れます。

そのため、そういった人たちと関わらないという選択肢もあります。

ただ、この場合、自分も陰で悪口を言われている可能性があることを忘れないで下さい。

悪口や陰口を言う人は、心が弱い人が多いのです。

ですから、関わらずにいて、それだけで済めば良いですが、無視されるなど巻き込まれる可能性も考えて下さい。

もう一切、関わりたくない、という強い意志があれば実行可能ですが、その場合、危険な場合もあります。

例えば、職場で完全に無視される、パソコンで作った資料を消されるなどエスカレートすることも考えられます。

それでも、関わりたくない場合、ストレスを溜め込むことは身体にも精神的にも良くないです。

発散する方法を考えたほうが良いです。

例えば、思い切り掃除する。

新聞紙を丸めて、机の上を、ばしばし叩くなどがあります。

いずれにせよ、健康を維持することを目的に発散します。

また、抱え込まないことです。

誰かに相談する、聞いてもらうなども重要になってきます。


4.悪口や陰口を言う人と逆に仲良くなる

そんな人たちと仲良くなりたいと普通思いません。

ただ、人間は多面体です。

悪口や陰口を言うことは、その人の一面に過ぎないと受け入れてしまいます。

悪口や陰口に同調しなくても良いでしょう。

別の面から仲良くなれば良いでしょう。

女性同士ならば、ガールズトークが出来ます。

例えば、あのカフェに行ったことがありますか。

もしくは、コスメで、お気に入りありますか。

美容院はどちらに行かれているのですか。

以上のように、他の面に、引っ掛かる方法は沢山あります。

共通点が見つかれば、案外、スッと仲良くなることが出来るかもしれません。

悪口や陰口を言う人は、孤独な人が多いです。

ですから、友人が出来たと喜ぶ可能性があります。

また、そういった、素直な関係が形成されることで、悪口や陰口を言うことが減るもしくは無くなる可能性もあります。

相手の懐に入ってみると、また別の面が見えてきて、長所が見つかり、付き合い易くなる場合があります。

悪口や陰口を言う人と上手くつきあっていこう

以上、悪口や陰口を言う人への上手な返し方をご紹介しました。

相手を変えることは、非常に困難です。

そのため、今回は、自らが変わることをテーマに例を挙げました。

ただ、悪口や陰口を言う人にこそ、問題があることを忘れないで下さい。

自分を責めたりせず、前向きに対応したほうが良いでしょう。