耳鳴りがする夢の意味とは【夢占い】

最終更新日:2016年9月18日

起きている時ですら気になる耳鳴りですが、寝ている時に耳鳴りがする現象は、夢なのか現実なのか把握しづらく霊がそばにいるせいとも言われたりして気になりますよね。

ここでは夢の中で聞こえる耳鳴りについてご紹介します。

1.寝ている時の耳鳴りと体調の関係とは

そもそも寝ている時に聞こえる耳鳴りとは、霊現象の他に理由はないのでしょうか?実は眠っている時の耳鳴りの現象については、正確なメカニズムがわかっていません。

にもかかわらず霊現象と言われるのは、耳鳴りが金縛りとセットで起こることが多く、不可思議な身体の症状であることも要因にあげられます。

しかし金縛り自体、睡眠麻痺と言われる睡眠障害のひとつなので、耳鳴りもこのような障害の一つであると考えられます。

思春期などの成長過程にも多く見受けられますが、これは大人へと成長する体に戸惑う脳のパニックのような現象と考えられています。

耳鳴りが聞こえる人の多くは、生活習慣や会社や学校などの社会生活において、なんらかのストレスを感じている人が多く、それらを改めたりすることで改善されるケースも多くなります。

ストレスを感じているということは、心身ともに疲れていますので幻覚や思い込みをしやすいうえ「今日も耳鳴りが聞こえるのでは?」と思い詰め事自体もストレスへと繋がる悪循環になります。

睡眠時の耳鳴りが頻繁にするようであれば、気持ちをリフレッシュさせたりカウンセリングを受けても症状が軽減されるかもしれません。


2.現実逃避や認めたくない気持ちからくる耳鳴りの夢

明らかに夢の中で耳鳴りが聞こえ、それが非常に気になるようなら心理状態の問題です。

あなた自身が耳にしたくない事や、目をそらしたいことがある証拠です。

やましいこと、本当はわかっているけど認めたくないこと、人から1番言われたくないことを心に抱えています。

目の前の問題がわかっているのであれば、素直に認めて改善する努力を必要としていることを意味します。

また、なんども同じことを人から注意されたり宣告されていて、うんざりしている心理を表していることもあります。

自分で解決しない限りどうにもならないと「もういいや」と割り切っているつもりでも、深層心理では「このままではいけない」とあなたにメッセージを送っているのです。


3.人の言うことが気になり、ストレスとなる耳鳴り

他人が自分に対して陰口を言っているのではないか、自分がどう思われているのか気になって仕方ない、不安な気持ちを表していることもあります。

実際に人から聞いた自分の陰口を気にしている場合の他に、思い込みや被害妄想の時もありますので正確な解析が必要です。

被害妄想の場合は自分自身で妄想を拡大し、耳鳴りが長く続いたり大きくなることもあるので、自分自身の中でスッキリとさせる解決を探してみてください。

実際に確認してみると大したことじゃなかったり、勘違いの場合もあり「な~んだ」ということもあります。

また気にしないことや忘れることも、賢い改善策のひとつです。

大切な睡眠時間をつまらない噂話に振り回されないようにしてください。


4.耳鳴りとなにか他にヒントが?

夢で耳鳴りがした場合の原因はストレスが多いということをご説明しましたが、もう少し詳しくひも解くには他のキーワードにも目を向けてみましょう。

例えば耳鳴りが聞こえてきた時の場所や雰囲気、状況などです。

耳鳴りがした時に一緒にいた人は誰なのか?その人に対してどう思っているのか?楽しい時に突然聞こえてきたのか?暗い場所での耳鳴りだったのか?何か気になったアイテムや色はなかったか?どんな雰囲気での耳鳴りの夢だったのかを解析します。

もしかしたらその中に耳鳴りの要因や改善のヒントなどが隠されていることもあります。


5.耳鳴りが突然とまる

それまで続いていた耳鳴りが突然止まり、ウソのように聞こえなくなる夢はあなたが抱えている問題や苦悩から解放され、物事が良い方向へと動くこと意味しています。

長く苦しめられてきた問題が解決したり、自分への疑いが晴れたり、苦手だった人が遠くに離れて行ったりします。

もちろん忠告を自分で守っての結果だったりもしますので、自分自身で反省すべき点があるのであれば、そこを改善した結果ということになります。

心を入れ替えて新しい気持ちで生活をリスタートさせましょう。

逆に耳鳴りが聞こえなくなった後に不安や恐怖心が襲ってくるようであれば、反省がが足りなかったり、手遅れであることがありますので注意が必要です。

耳鳴りは不安からくる体の現象

耳鳴りは現実の世界でも夢の中でも、文字通り耳障りで嫌な現象です。

寝ている時の耳鳴りや金縛りをすべて霊の責任にするのは、霊からすれば迷惑かもしれません。

不安感からくるのであれば心が疲労しており、思い込みや症状がますますひどくなることあります。

もちろん体調面の異常ということも考えられますので、あまりにひどいようならお医者さんで診てもらいましょう。