物にあたる彼氏への対処法。ストレスで八つ当たりする彼と上手に付き合っていこう

最終更新日:2016年4月12日

けんかをしてしまったときなど、いらいらしてしまっているときに物に八つ当たりをしてしまう人は、ちょっと困りものです。

物に八つ当たりをしてしまう彼とどのようにうまく付き合っていけば、よりよい関係が築けるのでしょうか。

1.後片付けを彼にさせる

物に八つ当たりをしてしまったら、必ずその物が全壊するか、一部が壊れてしまいます。

そのときの後片付けを彼にやらせるようにしましょう。
物が壊れてしまったときの後片付けは、気が進まないものです。

ましてや、自分の八つ当たりで壊してしまった物の後片付けでしたら、なおさらやりたくない気持ちでいっぱいになると同時に罪悪感がこみ上げてくるものです。
八つ当たりして壊してしまった物の後片付けをすることで感じる罪悪感は、もう二度と感じたくないような嫌な感情です。

その罪悪感をしっかりと身に染みて感じてもらうためにも、後片付けは彼にやらせましょう。

後片付けをしながら感じる罪悪感によって、物に八つ当たりをしてしまったことを彼も反省することでしょう。


2.なぜ物にあたってしまうのか彼の話を聞く

なぜ彼は物にあたってしまうのでしょうか。

これは、直接本人から聞かないとわからないことです。
なぜ物にあたってしまうのか、一度話し合いの場を設けましょう。

話し合いの場で気を付ける点は、彼女が聞き役に徹するということです。

彼の話をじっくり聞いて、なぜ彼は物にあたってしまうのか、原因を突き止めましょう。

原因を突き止めるためには、彼の話をしっかり聞くことが大事です。

途中で口を挟みたくなっても、そこはぐっと我慢しましょう。

まちがっても彼を責めたてることはしてはいけません。

彼の味方であることを示すためにも、彼の話に共感するようにつとめ、理解を示しましょう。

自分が相手に受け入れられていると感じるとひとは、こころのうちを打ち明けやすくなります。

物にあたってしまう彼の心中を探ってみましょう。


3.物にあたってしまう彼が怖いと伝える

ほかに行きどころのない怒りを発散させるために物に八つ当たりをしてしまっている彼は、見ていて怖いと伝えましょう。

そのうちエスカレートして、物ではなく彼女に八つ当たりをされるのではないかと不安に思っていると伝えましょう。
自分の目の前で物に八つ当たりをしている彼は、見ていて恐怖を感じます。

その恐怖の感情を思ったままに彼に伝えましょう。
自分がひとに恐怖を与えてしまっていると気付けば、彼も物に八つ当たりをするのをぐっとこらえるようになるのではないでしょうか。

ほかでもない好きなひとに恐怖を与えてしまったことを反省するようになるでしょう。

彼が物に八つ当たりをしているところを目撃して怖かったと伝えるときには、彼が落ち着いているときにしましょう。
ふたりとも冷静に話し合いができるときにしましょう。


4.ほかのストレス発散方法を考える

物に八つ当たりをしてしまうのは、ほかにストレス発散方法を知らないからではないでしょうか。

物に八つ当たりをしてしまうと、その物も壊れてしまいますし、物に八つ当たりをしたひとも嫌な気持ちが後々まで残ってしまいます。
ですから、ほかのストレス発散方法を考えましょう。

彼とふたりでできるスポーツやカラオケなどの楽しみながらストレスを発散できるようななにかを探してみましょう。
スポーツやカラオケなどの楽しめるアクティビティのほうが、物に八つ当たりをするよりも何倍も身体的にも精神的にも健康です。

それらでストレスを発散することを知ったら、もう物に八つ当たりをすることはなくなるでしょう。

物に八つ当たりをすること以外の気持ちの鎮めかたを彼も覚えるときです。
それを手助けする気持ちで付き合ってみましょう。


5.壊れない物に八つ当たりをさせる

どうしても物に八つ当たりをすることをやめられない彼には、なにか壊れない物に八つ当たりをしてもらいましょう。

枕やクッションなどのたたいても壊れない物を用意しておきましょう。
そして、彼の気持ちがコントロールできなくなってしまったときに、その枕やクッションを渡すようにしましょう。

壊れるものに八つ当たりをするよりも、壊れない物に八つ当たりをするほうが、彼も罪悪感を抱きにくいでしょうし、また見せられている彼女も物が壊れるところを見るよりは、安心感があるのではないでしょうか。

枕やクッションなどのたたいても壊れない物に八つ当たりをすることは、案外だれでもやっていることではないでしょうか。

物が壊れるよりは、ましと思って見守ってあげましょう。

物にあたる理由を理解して対処しよう

物にあたってしまうのは、なにかストレスを抱えているからです。

そのストレスをうまく発散できないために、物にあたってしまうのでしょう。

彼女が彼と一緒にストレスを発散できるような行動へと導くことが解決への近道であると思います。

八つ当たりが物から彼女へ移らないうちに、具体的な行動に移しましょう。