処理後にチクチクしないムダ毛処理方法6つ

ムダ毛を処理した後にチクチクする経験は誰でもありますよね。

「ちゃんとしたサロンに行かないと、悩みは解決しないのかな?」と悩み、美容サロンの広告をつい眺めてしまうこともあるでしょう。

しかしご安心ください。

こうしたチクチク感は、脱毛除毛の方法を工夫すれば解消することができます。

そこで今回は、ムダ毛を処理した後のチクチクをなくすオススメの処理方法を詳しくご紹介します。

あなたも自宅の処理方法を改善して、憧れのつるつる肌になってみませんか?

脱色して目立たなくする

チクチクが嫌な場合、脱毛でも除毛でもなく脱色する方法があります。

ドラッグストアでも簡単に手に入って、しかも広範囲のムダ毛をすぐに目立たなくさせることができます。

背中や上腕、太ももなど、細いムダ毛がふわふわと生えている場所は、無理に除毛するよりも脱色してしまう方がオススメだったりします。

完璧にツルツルにしようとしてシェーバーなどを使うと、かえって肌を痛めることにもなりかねません。

部位によって、ムダ毛処理方法は変えていくのがベストです。

ムダ毛は剃ったり抜いたりしていると、無くなった分を補おうとしてどんどん生えてきてしまいます。

せっかくキレイになりたかったのに、かえって見栄えが悪くなってはガッカリしてしまいますよね。

そこでオススメしたいのが、脱色です。

脱色剤でムダ毛の色を落とすだけにすれば、ムダ毛が後から後から生えてくるループを断ち切ることができます。

一度脱色してしまえば、ムダ毛も目立たちませんし剃る必要も無くなって一石二鳥です。

さらに、脱色したムダ毛は細くなりやすいという特徴があります。

細くなればそれだけ、毛によるチクチク感も少なくなるので、大変快適です。

摩擦を利用したパフで撫でる

ドラッグストアのシェーバーコーナーに、面白い形のスポンジが並んでいるのを見たことはありませんか?

これは摩擦の力を利用して簡単に除毛ができるパフです。

肌の上をくるくると擦るだけで、ムダ毛が見る見る無くなっていきます。

このパフの素晴らしい特徴は、シェーバーなどの剃り口とは違い毛先が丸く剃られるという点です。

チクチクする毛の角が無くなるため、処理後も肌ストレスとは無縁になります。

しかしムダ毛が濃くて多いふくらはぎや脇部分にはなかなか使いにくいのが惜しいところです。

無理に除毛しようとすると、かえって肌を痛めてしまうので注意しましょう。

こういった場合は、先にムダ毛の多いところを脱色して毛を細くしておくことをオススメします。

クリームでムダ毛を溶かす

除毛クリームを使ってムダ毛を処理する方法です。

処理の方法は簡単です。

除毛したい毛が隠れるくらいの除毛クリームを肌に塗ります。

あとは待つだけです。

一部のクリームを取ってみて、きちんと除毛できていることが確認出来たら、シャワーで流したり、ティッシュで拭き取ったりしましょう。

強力なクリームを使えば、男性のような剛毛もごっそりと溶けて、キレイに除毛することができます。

クリームを使うと、シェーバーなどで処理した時とは違い、残ったムダ毛の先端が太くなりません。

そのため、ムダ毛処理後にチクチクする感じがしないのがメリットです。

後から新しい毛が生えてきても先端がクリームによって溶かされているので、断面が目立ちにくいのもオススメポイントです。

しかし毛を溶かす作用のある強力なクリームですから、パッチテストは必須です。

体の広範囲に使うものかもしれないので、しっかり管理しましょう。

自分の肌と相性の良いものを見つければ、痛みや刺激をあまり感じないまま、すべすべ肌になることを目指せます。

ワックスで脱毛する

剃ったり除毛したりするより、格段にお手入れの手間が省けるのは脱毛です。

オススメする脱毛方法としては、ワックスによる自宅での処理方法があります。

ワックスの種類はさまざまです。

肌に負担をかけない低刺激な成分のものやワックスを剥がすときの痛みが少ないものもあります。

他にも鍋で溶かす必要があるが、何度も使用できるものなどもあります。

お試し価格で数回分が売られていることもありますので、まずは自分に合うワックスを探してみましょう。

脱毛ワックスのメリットは、ムダ毛の根元から一気に脱毛することができるので、処理後の肌が仕上がりがツルツルになることです。

もちろん、処理後のチクチク感もありません。

また、除毛クリームでは溶かしきれない細かな産毛も脱毛でき、さらには、肌のよぶんな角質も取り去ってくれるのも、大きなメリットです。

ワックスを使った後は、肌のツヤがよくなっていることを実感できるでしょう。

ただし、脱毛ワックスは肌に負担がかかります。

間違った方法で脱毛してしまうと、かえって肌を痛めて真っ赤にしてしまう危険性もあります。

パッチテストをしっかり行い、使用方法をよく読んで丁寧に脱毛するようにしましょう。

最初はなかなか脱毛のコツがつかめないかもしれませんが、だんだんと慣れてきますよ。

ホーム家電で処理する

今は、美容家電が電器店の一角を占めるほど一般化しています。

家で出来るムダ毛処理の製品も続々発売されており、お値段も安く手に入るようになりました。

昔から販売されている電気シェーバーも、毎年グレードアップしています。

「ずっと同じ製品を使っている」という人は、一度見直してみた方が良いでしょう。

使いやすさも、脱毛のパワーも段違いに向上している可能性が高いです。

除毛の場合は普通のカミソリよりも、最新の電気シェーバーを使った方が、毛の断面が丸く仕上がり、チクチクを感じないなめらか肌に仕上げることができます。

また、可愛らしいペンの形をしているヒートカッターは、キャップの下に小さなコームがついています。

そのコームの刃先の間には熱線があり、電源を入れてコームでムダ毛をすくと、ムダ毛が自然に焼ききれるという仕組みです。

熱戦でムダ毛を焼き切るので毛先が熱で丸まり、断面が目立たなくなると同時に、チクチクする感じも無くなります。

ペンシルの型をしているヒートカッターは、小さいので持ち運びに便利です。

旅行先お泊り先にも持って行けるため、いざというときも安心です。

数日にわたる夏のレジャーにも、頼れる存在になりそうですね。

自宅で光脱毛

一番効果を実感できて、処理した肌の仕上がりが美しくなるのは光脱毛です。

今は、自宅で光脱毛ができるホーム家電製品が数多く販売されています。

日々の空いた時間に、数十分程度の処理を続けていけば、だんだんとムダ毛が無くなっていきます。

一流サロンのような仕上がりの、すべすべ肌になることも夢ではありません。

もちろん、チクチク感とは無縁です。

継続的に使用すれば、ムダ毛自体が薄くなっていくのも嬉しいメリットです。

 

    「処理後にチクチクしないムダ毛処理方法6つ」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/12(土) 23:19

    市販の脱毛クリームで試したことがありましたが、皮膚が赤くなって断念した経験があります。安全性を第一に考えるならやはり脱毛器を使用したほうが無難なのかもしれません。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/05/28(月) 23:06

    毛深いのが悩みで、ムダ毛の処理は剃ることが多くて、チクチクしたり伸びてきた毛が目立ってしまいどうにかならないかな、と思っていました。
    記事を読んで、色んな方法があることが分かりました。
    摩擦を利用したパフで撫でるというのは簡単そうですね。試してみようと思いました。

  3. 3. 名無しのイケジョさん2018/06/12(火) 14:15

    今は脱毛に通っているのでチクチクということはあまりないのですが、脱毛クリームで溶かすというのは楽そうですね。
    まだ完全に脱毛できてないから試してみようかなと思います。

この記事への感想を書く