うなじが毛深い時の処理方法とは。キレイなうなじを見せよう

脱毛 自分磨き最終更新日:2015年7月26日

ロングヘアの女性や、普段は髪をアップにしないけれど夏祭りなどの行事の時だけアップにする人は、自分のうなじが人からどんな風に見えるのか気になると思います。

しかし、うなじは自分からは見えにくい位置にあるので、自分のうなじがどんな風に見えているか分かりにくいと思いますし、うなじが毛深い人は髪をアップにするのが恥ずかしいと思います。

ではどのようにうなじの毛深さを処理すれば良いのかご紹介します。

1.カミソリで処理をする

一番手軽な方法として、普段身体に生えている体毛を処理する時に使用するのと同じ、カミソリを使用して処理する方法があります。
うなじは普通に鏡を見ても見えにくいので、誰か家族や友達に剃って貰うか、もしくは大きめの鏡を2つ用意して、1つの鏡は普通に自分と対面させる形で、そしてもう1つの鏡は自分の後ろから自分の後ろ姿を映す形で配置させます。

すると正面の鏡には自分の後ろ姿が見えるので、鏡を見て位置を確認しながら処理する事が出来ます。
とは言え、カミソリは鋭利なので呉々も自己処理をする時には気をつけなくてはいけません。

そして決して焦らずに慎重に丁寧に剃る事が大切です。
剃り終わったら、剃った毛をきちんと払い、肌荒れを防ぐ為に保湿ケアや保護クリームを塗る様に心掛けましょう。

カミソリでの処理は経済的でお金がかからないのが良い点です。

2.除毛クリームで処理をする

カミソリでの処理は肌荒れが怖い、上手く剃れるか分からないという人にオススメなのが、除毛クリームを使用した処理方法です。
除毛クリームは昔から薬局などで販売されていますが、なんとなくイメージで「成分が強くて肌荒れしそう」と思って試せないでいる人もいると思いますが、最近では肌に刺激が少ない成分なので毛を優しく除毛出来るクリームが販売されています。

中には除毛クリーム独特のツンとした匂いではなくアロマ系の良い香りがする物や、ヒアルロン酸やコラーゲン等の美容成分まで配合されている物まであります。
除毛クリームの良い点は、カミソリでの処理に比べて比較的肌荒れしにくい点、1度処理をするとすぐに生えてこないので処理するペースが遅くて済む点です。

とは言え、アレルギー体質や元々肌の弱い人は一気に処理はせずに、パッチテストをしたり小さい範囲で試すなどした方が良いと思います。
処理方法としてはとても簡単で、除毛クリームを数分間塗布して拭き取り、必要に応じて水で洗い流すだけです。

3.ブラジリアンワックス脱毛で処理をする

ブラジリアンワックス脱毛という言葉を知っている人は女性であれば多いと思いますが、実際に受けた事があるという人は少ないのではないでしょうか。
ブラジリアンワックス脱毛は日本ではあまり認知度がありませんが、欧米を中心とした外国では認知度の高い脱毛法です。

デリケートゾーンと言われるVIOラインが主な脱毛箇所でしたが、最近では光脱毛と同様、ワキや胸、足、背中、そしてうなじ等、身体の殆どの箇所も受けられるお店が増えてきました。

施術方法としては、専用のワックスを脱毛箇所に塗り、ワックスペーパーをしっかり貼って、あとは思い切りワックスペーパーを剥がします。
痛みは強いものの毛根から毛を抜くので、施術後の肌はツルツルになると言われています。

また、光脱毛よりも比較的低価格である事も一つの魅力です。
日本でも徐々にお店が増えていて、最近では珍しい脱毛方法ではなくなってきました。

一度の施術でツルツルになるので、大切な約束事や行事の前の駆け込み寺的な感覚で受けてみても良いのではないでしょうか。

4.光脱毛で処理をする

脱毛には色々な方法がありますが、痛みの少ない方法で脱毛をしたいという人には光脱毛をオススメします。
脱毛サロンがどんどん増えていますが、ほぼスタンダードな脱毛方法になりつつあるのが光脱毛です。

光脱毛の特徴は施術時間がスピーディーという点と、痛みが少ないという点です。
しかしその分、1度の施術ではすぐに効果が表れにくいので、何度も続けて施術を受け続ける事が大切です。

人によって個人差はありますが、回数としては大体10回程受ける必要があると思います。
そして一昔前は光脱毛の金額はとてもリーズナブルとは言えない金額でしたが、脱毛サロンが増えてきて競争が激化する中、最近ではかなりリーズナブルな金額で施術を受けられる様になってきました。

また、光脱毛は毛の生える周期の関係上、1度施術を受けたら大体2~3ヶ月程期間を開けて次の施術を受ける形なので、「今すぐに毛をなくしたい」という人ではなく「少しずつ毛を減らして行く行くは毛を無くしていきたい」という人にオススメします。

どんな時もうなじを見せられるようになろう

うなじにむだ毛がなくてキレイだと、それだけで魅力的で清潔な人に見られます。

しかし、うなじはケアをうっかり怠りがちな箇所なので、うなじが毛深くて悩んでいる人には是非これらの方法の中で自分に合った方法で処理をして、どんな時でも堂々とうなじを見せられる状態にして、積極的にキレイなうなじを見せて頂きたいと思います。

 

    「うなじが毛深い時の処理方法とは。キレイなうなじを見せよう」への感想コメント一覧

  1. 1. junjun2018/06/12(火) 15:32

    思春期の頃からうなじの毛がずっと気になっていていつも恥ずかしい思いをしていました。除毛クリームで処理するというのはやったことがありませんでした。確かにカミソリよりも難しくないし、肌荒れを気をつければ自分でもできそうです。今年の夏に向けて挑戦してみようと思います。

この記事への感想を書く