女性の腹毛の処理方法4つ。気になる腹毛をキレイに処理しよう

脱毛 自分磨き最終更新日:2018年5月2日

女性にとっては、ムダ毛の処理は本当にやっかいで面倒ですよね。

脇や腕、足は毛量も多し露出する機会もあるので脱毛したり、しっかりお手入れされているのではないかと思います。
しかし忘れがちで、また生えているのを見られると想像以上に恥ずかしいのが「腹毛」です。

元々腹毛が生えている人も、彼氏とのデートで気合を入れて剃っていると
いつの間にか太い毛が生えるようになった人にも、これからオススメの腹毛の処理方法をご紹介します。

1.カミソリで剃る

定番の処理方法ですね。

でも「初めは産毛だったのにカミソリで剃っているうちに太くなった気がする…」なんて人も居るかもしれません。

カミソリで剃ると断面が真っ直ぐに切れてしまうので太く見えているだけで、本当は太くなっていないと言われていますが、経験的に太くなっていく気がしますよね。

またカミソリは肌を傷つけ色素沈着を起こしやすくするので、あまりオススメはできません。

2.毛抜きで抜く

これは腹毛がそれ程多くなく、痛みに強いという方にはカミソリに比べてツルツルの状態が長く続くのでオススメかもしれません。

でもお腹の皮膚は伸びるので毛抜きで抜くというのは結構な痛みが伴い、
生えるたびに抜き続けるというのは中々辛いかもしれません。

3.脱毛をする

効果は長く続きまた痛くもない。そして自己処理による色素沈着の心配もない理想的な方法です。

全身脱毛をしていて腹毛も脱毛をしてもらえるなら問題ないかもしれません。

でも、そうでもなければ外からは見えない腹毛に何万円もかけるのは
お財布事情的に辛いという人も多いのではないかと思います。

4.脇の脱毛をする

腹毛の話をしているのに、なぜ脇の脱毛?と思われるかもしれません。

大体の脱毛サロンでは友達を紹介したり誕生日を迎えると、
小さい部分の脱毛1回分がプレゼントされることがあります。

そして脇の脱毛はどこの脱毛サロンもキャンペーンを行っており、かなりの安価で提供されています。

なので「色々なサロンで、脇の脱毛やその他の部位の脱毛をキャンペーン価格で行い、ついでにプレゼントで腹毛の脱毛もしてしまおう!」というのが、ケチな方法ではあります、一石二鳥でオススメな方法です。

今やたくさんの脱毛サロンがしのぎを削って一人でも多くのお客様を集めようとしています。
それを逆手にとって賢い消費者になることも一つの手ではないかと思います。

 

    「女性の腹毛の処理方法4つ。気になる腹毛をキレイに処理しよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。