長電話で沈黙が続く。相手はどう思っているのか

最終更新日:2017年6月26日

いつの間にか電話をしている時に長電話をしてしまうこともありますが、沈黙が続いてしまうと気まずくなってしまいます。

沈黙が続くと相手のことが気になったり時間を気にしていないか不安に思いますが、沈黙している時にはどんなことを考えているのでしょうか。

そこで長電話中に沈黙が続く時、相手はどう思っているかご紹介します。

1.どんなことを話せばいいか頭をフル回転させている

長電話で沈黙が続いてしまった時は、お互いが気まずい雰囲気になるので、相手も何を話せばいいか頭をフル回転しているでしょう。

電話では相手の顔や姿が見えないので、話をしなければそこで会話がストップしてしまいます。

そんためどんなことでも話題を振って話をしないと、沈黙が続いて気まずくなってしまいます。

普段から話が苦手な人にとって、長電話はずっと会話を続けなければなりません。

話しが好きな人や得意な人ならば会話が続きますが、普段会話慣れしてない人にとっては、話題が出てこないので沈黙が続いてしまうこともあります。

電話での沈黙は気まずくなるだけなので、何か話をしたいと思っても、話慣れていないので話題が出てきません。

そのため沈黙の間はどんなことを言えばいいのか、頭をフル回転させているでしょう。

2.相手が電話を切りたいと思っているのか不安

電話をしていて会話が盛り上がったり好きな人と話をしていれば、いろいろなことを聞きたいし知ってもらいたいと思うものです。

そのため会話が続かなければ相手のことを知りたいと思うので、会話のキャッチボールよりも質問をすることの方が多くなります。

相手のことが知りたければ質問が多くなりますし、お互いが会話が楽しいと思っていれば自然と会話も盛り上がっていきます。

そのため会話が途中で止まったり沈黙の時間が長くなってしまうと、相手は自分との電話に興味がないのかと思ってしまいます。

お互いが同じことを思ってしまうと相手に気を遣ってしまうので、質問をしたり話題を振るのも躊躇ってしまいます。

そうなると余計会話が噛み合わなくなって沈黙も続くので、相手が自分のことをどう思っているか余計に不安に感じてしまうでしょう。

勝手に相手が電話を切りたいと思っていると考えてしまったり、マイナスなことばかり思ってしまうので、沈黙が長くなるほど不安が募ります。

3.どこまで深い話をしていいか探っている

長電話をする時には話す内容や話題によって、盛り上がったりより深く掘り下げて話をすることもあります。

この相手ならどこまで話をしていいか迷ってしまうこともあるので、話をしたいと思っても悩んでしまうこともあるでしょう。

もしも自分がどうしても話をしたい話題があった時に、相手に話をしていいか悩んでしまうと沈黙に変わってしまいます。

話しの流れや勢いで話題の事を話してしまうと、後で自分が後悔しないか考えているので、一度会話をストップしてでも話していいか自分で考えているのかもしれません。

沈黙の後に違う話題を話してきた時は、この話題を話していいか自問自答していたのかもしれません。

どこまで深い話をしていいか悩んだ時には、一度考え込んでしまうのでどうしても沈黙になってしまうことが多いです。

4.電話だから慎重に言葉を選んでいる

電話をしている時は相手の顔やしぐさなどが一切わからないですし、自分の言葉だけで相手にしっかりと伝えなければなりません。

例えばあまり言いたくないことを相手に言う時には、少し笑いながら言うことでやんわりとした感じで相手に伝えることができます。

しかし電話では顔の表情やしぐさが伝わらないので、声の口調やトーンで相手に伝わる印象が大きく変わってきます。

電話では自分が伝えたいと思っていることが、相手にしっかりと伝わらないことがあるので、言葉をしっかりと考えてから話すことが大切です。

そのため電話で沈黙になった時には、相手にどのような言葉を使って伝えればいいのか、慎重に言葉を選んでいるのかもしれません。

長電話の時はダラダラ話をしてしまうと、つい言い方が雑になったりしてしまうので、大切なことはしっかりと言葉を選んで伝えたいと思っているのかもしれません。

5.他にやりたいことをやっているので集中していない

長電話をしてる時に電話だけの集中していることは少なく、電話で会話をしながら何か他の事をしていることも多いものです。

電話をしながら他の事をしている時に、電話よりも他のことに気がいってしまった時に沈黙になってしまうこともあります。

自分の時間を長電話だけに使っているのは勿体ないので、電話をしながら他の事をしていることも多いでしょう。

しかし不器用な人は同時にいろいろとやることができないので、どうしても他のことに集中してしまい、会話が疎かになってしまうことがあります。

普通は沈黙が続くと気になるものですが、他のことにも興味がいっているので、沈黙が続いていてもあまり気にしていないことの方が多いです。

沈黙が続く時は相手も言葉を選んでいることが多い

長電話をしている時には同じ時間を共有しているので、2人だけの時間を楽しむことができます。

しかし沈黙が続いてしまうと不安に思いますが、不安よりもしっかりと相手に伝えるために言葉を選んでいたり、どこまで話していいか考え込んでいることが多いです。

そのため沈黙が続いても気にしなくても大丈夫ですし、その後の会話を楽しめむことが大切です。