男心が分かっていない女性の行動や仕草

最終更新日:2016年2月21日

男性は女性と色々な面で違いがあり、それを理解しようと思っても難しいものです。

そもそも、女性の立場からの考えや見方で判断、解析したりするので、男性からしたら「わかってないな」と思われてしまう事もあります。

今回はそんな男心が分かっていないと思われてしまう女性の仕草や行動についてご紹介します。

1.優先順位について細かい

付き合う恋仲になると、始まった頃はお互いに毎日でも一緒にいたくて時間が少しでもあれば一緒に過ごす事もあるかと思いますが、時が経つにつれて薄れていく事もあります。

誘っても「仕事があるから」や「友達と遊ぶから」など、男性から断られたりする事も出てくるでしょう。

しかし、本来男性というものは優先順位として友達も恋人も仕事もほとんど同じ位置づけをしている傾向にあり、どれが大事か、どれが1番かという順位はつけられません。

それを自分の約束より友達を優先する仕事と私とどっちが大事なの?などと責めるのは男心がわかっていない言動かもしれません。

女性側からしたら、初めのうちだけなの?と自分勝手な感じにも思えてしまいますが、長く付き合っていく事を思えば大目に見なければいけない場合もあります。


2.男の性は仕方がない事であり女性でも持っているもの

よく2人で街を歩いている時などに、すれ違う他の女性をチラ見したりする時ありますよね?その女性がものキレイだとしたら少し嫉妬してしまったりしてませんか?これは男の性と呼ばれるものの1つ。

仕方のない部分でもあります。

無意識に近い状態で見てしまう感じで、特別なにか心に抱いて見てしまうわけではません。

中には「キレイだな」などと思って見ている男性もいるかもしれませんが、それもそれだけの話。

それより先の展開など全く考えてもいません。

そこで「他の人を見たりしないで」などと責めたりするのは男心がわかっていませんし、逆に女性でも同じ性を秘めているので責めれる立場にはないのです。

カッコイイ男性やオシャレな男性が通り過ぎたら見てしまうでしょう。

ですが、特別なにかそのあとの展開を考えているわけではありませんよね?であれば、そういった細かい点は自然現象のような事であるのでサラッと見ないフリか流すのが妥当です。


3.好みはあくまで好みである

男性の好みがスレンダーで胸が大きめだったり、好みの女優などを聞くと、女性としてはそれに近づける努力をする傾向にあります。

メイクや服装などを例えばその女優さん風にしてみたり。

友達間であれば別にそれで良いかと思いますが、お付き合いしている仲である場合、その男性としては好みはあくまで好みであり、そうなってほしいという願望はそこまで持っていない場合もあります。

今現在の彼女そのものを好きになって付き合い、今一緒にいるのです。

無理をする必要はなく、あくまで好みであるという軽い認識で考えておくと良いでしょう。

ですが、自分磨きをするというのは女性にとっては必要な事です。

ですので、激変しない程度に少しずつ、自分に合うスタイルで変化をつけてみると良いでしょう。


4.可愛らしさを取り繕っても見破られている

男性は可愛らしい子が好きだと勘違いしている人もいますが、確かに生意気な女性よりは可愛らしいほうが良いですが、わざわざそれを取り繕う、ブリッコになるのは避けた方が良いでしょう。

男性もそんなに鈍感ではないので気づきますし、気づいた時「わかってないな」などと思われるでしょう。

男性は包み込むような包容力のある理解してくれる、普段とのギャップや弱さをあまり見せない人に魅かれやすい。

となれば、真逆であるので男心がわかっていない行動と言えます。


5.束縛強要は逆効果

男性は基本的に自由人。

束縛や詮索、強要を最も嫌います。

稀にそうしてほしいという男性もいますが、ほとんどは自由です。

そんな男性に束縛などしても無意味であり、むしろある程度の自由で放置しておくくらいが、向こうから歩み寄ってくる傾向にあります。

束縛などはされたくないけど、いざ放置されるとどこか寂しくて素っ気ない感じがして物足りないと感じるようで、自分勝手な考えでもありますが、それが男性。

そして、あまりゴチャゴチャ言わずとも理解しろというのが男心です。

ですので、余計な詮索も避けるべきでしょう。

男心が分かっていないと言われないようにしよう

男心が分かっていないと思われてしまう女性の仕草や行動には、女性からの視点で考えるからこと起こり得るものであり、しかし男性目線で考えるというのは難しい事でもあります。

ですが、考え方としてはとにかく細かい事は触れたり言ったりせず、男性が発する言動も半分に聞き、ほどよい距離感のようなものを保つと、男性側としては窮屈感も感じないので、男心が理解できているなと思ってくれるかもしれません。

男心は自分勝手な部分も含まれていますが、それをある程度理解する女性が男性からは好まれるでしょう。