彼から長く愛される女性になる方法。モテる女性の秘訣

最終更新日:2015年5月24日

人は様々なタイプに分類することができますが、もっとも大きな判断材料となるのが容姿でしょう。

しかしそれだけではなく容姿に関係なくモテる女性・モテない女性、同性から好かれる女性・異性から好かれる女性もいます。

ここではそれらの中でも男性に長く愛される女性の特徴と、その女性が気を付けていることをご紹介します。

1.何事も引きずらない

まず男性に長く愛される女性が気を付けていることとして挙げられるのは、何事も引きずらないということです。

男性脳・女性脳とはよく言われますが、男女では脳の構造が異なると言われています。

その為比較的端的に物事を考える男性に比べて、女性は感情的に物事をとらえる傾向にあります。

男女は自分にない部分に惹かれあうとは言えますが、しかしあまりに感情的であったりその時のネガティブなイメージを引きずることは相手にまでもそのネガティブな感情が伝染してしまうと言えます。

もちろん人間関係において全く同じ考えを常に持っている人はいないので、意見がぶつかりあったりどちらかが譲らなければならないこともあるでしょう。

デート中に女性の意見を通らなかったからと言ってその後も不機嫌な気持ちでデートを続けていたり、男性に何か自分が気にしていることを言われたからとその後もメールや電話に返答しない等黙り込む女性もいますが、それでは相手までネガティブな気持ちに影響され2人の関係がうまくいくとは言えません。

しかし男性に長く愛されている女性はもちろん時に感情に左右されることもあるものの、その気持ちを引きずらない女性であると言えます。

意見が食い違ったり、デート中に嫌な気持ちになったりすることがあっても、その場で気持ちを解消しその後は2人でまた楽しむ努力をしているということです。

この努力は結果として男性に長く愛されるという自分に返ってくるものであると言えます。


2.意見はその場で伝える

次に男性に長く愛されている女性が気を付けていると言えることは、意見はその場で伝えることです。

男女では脳の構造も違い、また考え方も異なる部分が多いでしょう。

女性に多いことが嫌なことがあってもその場では言えずずっと我慢し、結果として我慢しきれなくなった時に「あの時~だった」「~してくれず悲しかった」等と過去のことをあれこれという人です。

本当に嫌なことはその場で解決しなければ、結果として自分の中でこういったネガティブな感情を引きずることとなるのです。

男性に長く愛される女性は言い方にも気を付けています。

例えば遅刻が多い男性にその場では「そんなに待ってないよ」と言いつつ、数か月後に「いつも思っていたんだけど」と言ったり、友達に愚痴を言って彼は結果としてあなたの友人から「いつも遅刻が多いって言っていたよ」と聞かされたりするのでは男性もいい気持ちはしません。

遅刻してきた男性には「何かあったの?遅れるなら心配するから連絡してもらえると嬉しい」と伝えたり、「また遅刻だよ。これから遅刻しない方法を2人で考えよう」と言って二人で考えるなどもいいでしょう。

嫌なことを伝えることで相手に嫌われるのではと思いがちですが、意見を言わずにずっと我慢し続け最終的に感情を爆発させてはお互いに「もうどうしようもない」「そんな風にずっと思っていたのであれば」と結果別れとなる可能性が高いと言えます。

しかしその場その場で嫌な部分を伝え「ずっと一緒に居たいからこそ2人が納得できる方法を考える」ことで関係も長く続き、女性は長く愛されると言えるでしょう。


3.当たり前だと思わない

そして次に言えることは、何事も当たり前だと思わない女性が男性に長く愛される女性であると言えるでしょう。

最初の頃は少し褒めてもらったり、プレゼントされることがとても嬉しかったはずなのに、付き合いが続いてくるとデート中のお金は出してもらって当たり前、褒めてもらって当たり前と感じるのは男女ともに同じであると言えます。

男女はお互いに自分にないものに惹かれるとご紹介しましたが、これは本能的に備わっている部分であると言えます。

男性と女性では体のつくりが異なっており、子供を産むことは女性にしかできません。

その為女性には母性本能が備わっていると言われます。

逆に男性には子孫繁栄本能や、女性や子供を守る守護本能が備わっているのです。

これが今でも男性らしさ、女性らしさと呼ばれる部分です。

女性は付き合い始めの頃はおしゃれをしてメイクや髪型にも気を使っていたのに、付き合いが長くなるにつれて男性と同じ様に寝間着の様な服装で出かけたり、恥じらいのない姿を見せても気にならないという風になりがちです。

長く一緒に居ることで一緒に居ることが楽な関係になるのはいいのですが、そこには一線を引くことが大切であるということです。

彼の前では女性らしさを忘れずいつでも最低限の身だしなみは整える。

ありがとう、ごめんなさい等気持ちを口に出して伝えることは忘れない、など付き合いが長くなってきた時こそ気持ちを口に出すこと、相手への配慮や女性らしさを忘れないことが大切です。

長く愛されている女性とは自然にこういった点を忘れずに実施していると言えるでしょう。

日々の積み重ねが長く愛される女性になるポイント

男性に長く愛されている女性が気を付けていることは様々っです。

付き合い始めの頃は当たり前にできていたことも、付き合いが長くなるにつれてつい忘れがちになることもあるでしょう。

日々の積み重ねが愛されている女性の秘訣ですので、無理せずにできる小さな努力を続けてみてください。