プロ彼女の特徴。彼氏にとって究極の彼女でいよう

最終更新日:2015年5月7日

今、世間では「プロ彼女」という存在が話題です。
プロ彼女とは、「誰から見ても、どこを取っても、非の打ちどころがない、最高の彼女」です。
プロ彼女は、あげまんでもあるので、特に売れっ子芸能人などは、このプロ彼女とゴールインする傾向が高いと言われています。

では、プロ彼女とは、一体どんな存在なのでしょうか。

1.男性を疑ったり束縛したりしないことを徹底している

プロ彼女は、付き合っている彼氏を疑うそぶりや、彼氏を束縛したりしないということを徹底しています。
仮に彼氏が浮気をしたり、身勝手な行動ばかりしていたとしても、表向きは「一向に意に介さない」というそぶりをするのです。

かと言って、彼氏の勝手を全て手放しで許しているというわけではありません。
「表向き理解を示し、好きにさせておいた方が、結局彼氏は自分の元に戻ってくる」という絶対的な自信があるのです。

なので「勝手な行動を理解して、表向きは彼氏を甘やかしている」というよりは、男性の心理を全て見通しているからこそ、彼氏を疑ったり束縛しないという態度を徹底できるのです。


2.彼氏の好きな難易度の高い料理を、さらっと毎日作り続けることができる

プロ彼女の料理の腕は素晴らしいものです。
「得意料理が多い」ということはもちろん、彼氏の好みに全て合わせ、それを「頑張って作った」というそぶりは見せずに、さらっと作ってしまうのです。

必要とあれば、1日に何種類もメニューを揃えることも可能です。
プロ彼女には作れない料理などないのはないか、と思われてしまうほどです。

更に、このようなことを短期間だけ行うのであれば、普通の女性でも、何とか頑張れば可能です。
しかしプロ彼女は、「彼氏の好みに全て合わせたメニューを何種類も作る」ということを、毎日続けてしまうのです。

3.彼氏の変化に敏感に気づき、それに対してさっと対処できる

例えば、「今日は声がいつもと違う」「話す時のテンションが微妙に違う」といった彼氏の変化に対して、プロ彼女は敏感に察知します。
しかしそこで、「どうしたの?」というようなことは彼氏に聞いたりしません。

彼氏をイラつかせることがわかっているからです。

そんな時、プロ彼女は、「もしかしたら具合が悪いのでは?」「何か悩み事があるのではないか」などと考え、彼氏が今抱えている不都合に対して、自分ができることをさっさと行います。
その迅速な機転のきかせ方は、目を見張るものがあります。


4.彼氏が困るような質問をしない

プロ彼女は、彼氏を困らせるような質問をして自分の好感度を下げることは決してしません。
例えば、多くの女性がしてしまいがちな、「私のどこが好き?」「私と仕事とどっちが大事?」などといった「聞かれても回答に困る質問」をしないのです。

「彼氏が困るような質問をすることは無駄なことである」というのが、プロ彼女の考えです。

プロ彼女は、女としての自分に自信を持っているため、わざわざ彼氏にそのような質問をする必要がないのです。

5.あらゆる面で自分を磨き続けている

プロ彼女の陰の努力は、素晴らしいとしか言いようがありません。
女性としての外見の魅力はもちろん、男性に喜んでもらうために、料理や教養・男性心理などに至るまで、常に自分を磨き続けています。

そのため、プロ彼女には、普通の女性にはない独特のオーラがあることも特徴です。

プロ彼女の辞書には、「外見も内面も、女として手を抜く」という言葉がありません。
「彼氏が一緒に歩いても恥ずかしくない彼女」「彼氏が堂々と自慢できる彼女」「彼氏の理想を実現させるため、徹底したサポートができる彼女」であり続けるため、日々努力を怠らないのです。


6.芸能人並みの容姿を持っている

プロ彼女の特徴は、何と言っても「芸能人並みの容姿」です。
「アイドル並みにカワイイ」か、もしくは「モデル並みに完璧に美しい」という容姿を持っているのがプロ彼女です。
それゆえプロ彼女たちは、一般人が持ち得ないような華やかなオーラを持ち合わせています。

これには、「彼氏が自分を連れて歩いた時、彼氏を男として良い気分にさせなくては」というプロ彼女たちの信念があります。
「隣にイイ女を連れて歩いている」ということは、ある種、男性のステータスであり、男性の自尊心をくすぐります。

彼氏の、そんな男性としての願いを叶えるため、プロ彼女は、自分の容姿に手を抜くことはありません。

プロ彼女は彼氏にとって究極の彼女

外見的にも内面的にも、常に自分を高め続け、彼氏が最高に満足する女性でいるために努力するのがプロ彼女です。
プロ彼女たちの日々の努力は全て、彼氏の男性としての自尊心を満たし、彼氏に幸福感を味わってもらうためのものです。

それゆえ彼氏は、毎日を気分良く過ごすことができ、自分の仕事にも安心して没頭できるようになります。
このことが結果的に、「プロ彼女は究極のあげまんである」という評価に繋がるのです。