電話がかかってくる夢の意味とは。間違い電話やイタズラ電話の深層心理を知ろう

最終更新日:2016年7月21日

夢の中で電話がかかってきたら、何だか気になってしまいます。

電話というのは、実は「コミュニケーション」を表しています。

電話がかかってくる夢を見た時の意味や深層心理はなんなのかご紹介します。

1.知っている人からの電話はその人と親しくなることを示している

電話がかかってくる夢を見た時の意味や深層心理には色々なものがあります。

そしてもし知っている人から電話がかかってきたら、それはその人と親しくなることを示しています。

もし、夢の中で彼氏から電話があった時、それは二人の仲が今よりもっと深まるだろうということを、そっと教えてくれています。

実在している人物からの電話は、その人との関係をダイレクトに表しています。

彼氏から電話がかかってきて、そして仲良く話しているのなら、2人の仲は大丈夫です。

また、恋人以外の人からの電話も、同じように相手との関係を示しています。

夢で知り合いから電話があって、そしてその人と話が弾んでいたら、現実の世界でも本当に親しくなれるでしょう。

さらに、恋人や知り合いは、夢の電話で何かを言うかもしれません。

それは、相手が心の中で思っていることだったり、あなたへ伝えたいメッセージだったりします。

実際に存在している、そういう人達から電話がかかってきたら、きっとその人達と仲良くなれることでしょう。

今以上に意思疎通が上手にはかることができるようになって、良い関係を保てます。

夢はそういうことを示しています。


2.知らない人からの電話はまだ気がついていないことを知らせている

知らない人から電話がかかってくる夢を見たら、それはまだ気がついていないことを、知らせようとしている夢です。

自分では分かっていないことを、夢はそっと伝えているのです。

知らない人から電話があったり、相手が誰だか分からない無言電話は、現実の世界でも何だか気になってしまいます。

そういうことが夢の中であったとしたら「あの夢は何だったんだろう」と考え込んでしまいます。

自分が良かれと思ってやっていることでも、もしかしたらNGということもあります。

電話の夢というのは「コミュニケーション」を示しているので、まだ自分が気がついていない、何かいき違いがあることを知らせているのかもしれません。

知らない人からの電話がかかってくる夢を見たら、もう一度自分や周りの人のことをじっくりと考えてみましょう。

そうすれば、まだ気がついていなかった、色々なことが分かるきっかけとなるはずです。

3.電話を受けている時の状態が今の自分を教えている

電話がかかってくる夢を見た時の意味や深層心理に、自分自身の今の状態を教えてくれているということがあったりします。

電話を受けた時の自分の状態を思い出して、今の自分がどういう状態か、それを読み取ってしまいましょう。

もし、電話がかかってきて、明るく元気に話しているなら、今の調子は抜群です。

話がはずむということは、調子がいいということを示しています。

電話で話しながらウキウキしていたら、今は少しテンションが上がり気味なはずです。

思いっきりはしゃぎたい、そんな明るい気分になっているのです。

そういう時は、何かを始めると物事がうまくいきやすいです。

何だかすべてがうまくいきそうな気がして、楽しくなってしまいます。

逆に、電話を切りたくなったら、人間関係を断ち切りたいという気持ちが潜んでいます。

少し人間関係に疲れて閉まって、もういい。

という気持ちになっているのです。

夢の中で電話がかかってきた時、その電話を受けた時の状態で、自分自身が分かってしまいます。

その夢は、今のあなたの状態を教えてくれているのです。


4.間違い電話がかかってきたら「トラブル」を伝えている

夢の中で電話がかかってきた時の意味や深層心理にあるのは、いいことばかりではありません。

時には、トラブルが起こる可能性を伝えてきたりします。

もし夢で間違い電話がかかってきたとしたら、その夢は周りにいる人の誰かと、誤解が生まれているということを伝えています。

相手がいったい誰か分からないような間違い電話がかかってきたら、人間関係全般に注意したほうがベターです。

もし知り合いが「ごめん間違えちゃった」と間違い電話をかけてきた夢なら、その人との間に何か誤解を生むようなことがなかったか、もう一度振り返ってみましょう。

その他にも、電話がかかってきたのに出たくないなら、何かを「避けて通りたい」と思っていたりします。

心の中に、何か問題を抱えていることを、深層心理は伝えているのです。

間違い電話がかかってきたら、自分を取り巻く人間関係に目を向けてみましょう。

何かトラブルとなる「芽」が見つかるかもしれません。

夢で電話がかかってくる夢の意味を知ろう

夢で電話がかかってきた時には、自分の周りの人と、ちゃんとコミュニケーションが取れているのか、それを振り返ってみるようにしましょう。

そうすることで、仲の良い人とはもっと仲良くなれますし、そうでない人とは溝を埋めることができるでしょう。

電話がかかってくる夢は、あなた自身がより良い人間関係を築くことができるように、夢の中で教えてくれているのです。