ドライヤーを使わずに寝癖を直す方法とは。諦めずにキレイな髪にしよう

ヘアスタイル 日々の生活最終更新日:2018年4月7日

髪の長さによって毎朝寝癖がついてしまったり、どうしても寝癖がとれなかったりすることもあるでしょう。

寝ぐせを直したいのにドライヤーがなかったら困ってしまいますよね。

今回は、ドライヤーを使わずに寝癖を直す方法を見ていきましょう。

1.お湯で濡らす

ドライヤーを使わずに寝癖を直す方法は、お湯で濡らすことです。

寝る前にお風呂に入り、乾かさずにそのまま寝てしまうと寝癖がつきやすくなります。

またドライヤーでしっかり乾かして寝ても、元々、癖があるとどうしても寝癖がついてしまうことがあります。

まずはお湯で髪の毛を根本から濡らしましょう。

寝癖が一部だけの場合は、一部だけを濡らしても良いでしょう。

ドライヤーがないのでその後乾かせませんが、濡らした部分を櫛やブラシでしっかり梳かしましょう。

そのまま放っておいても、髪の毛の状態をキープできれば、癖は戻らないものです。

2.寝癖直しを使う

ドライヤーを使わずに寝癖を直す方法は、寝癖直しを使うことです。

ドライヤーがなくても寝癖を直す専用のスプレーや洗い流さないトリートメントをしようしましょう。

寝癖直しをしようしたら、髪をしっかり梳かすようにします。

寝癖直しを利用すると、寝癖が直るだけでなく、1日中髪がまとまるようになります。

前髪やショートヘアは寝癖でなくても癖が出やすい部分なので、日常的に使用すると、髪が自然にまとまりやすくなるかもしれません。

ただし寝癖直しを使用したら、いつも以上にしっかりシャンプーをし、髪をキレイにするように心がけましょう。

そうしなければ髪質が悪くなり、さらに髪の癖が出てしまうことがあります。

3.蒸しタオルを頭に置く

ドライヤーを使わずに寝癖を直す方法は、蒸しタオルを頭に置くことです。

朝起きたら、びっくりするほど寝癖がついてしまった、という人もいるでしょう。

お風呂に入りもう一度髪を洗った方が早いですが、ドライヤーがなければ、そうするわけにもいかないですよね。

そんな時には蒸しタオルを用意しましょう。

蒸しタオルは濡らしたタオルをオーブンでチンして作ると素早く簡単に作ることができます。

蒸しタオル頭に置きます。

髪が長い場合には、タオルを広げ、髪全体にタオルをかぶせるようにしてみましょう。

そして数分待ち、タオルと取ります。

髪をしっかり梳かすと、それだけで、寝癖が直っているのです。

わざわざシャワーに入らなくてもいいので、忙しい朝にもオススメです。

4.ヘアオイルをつける

ドライヤーを使わずに寝癖を直す方法は、ヘアオイルをつけることです。

オイルをつけると髪がベタベタしてしまう、そう思って使ったことがない人もいるでしょう。

けれどヘアオイルであれば、髪につけてもベタベタしすぎず、髪がしっとりしてくるのです。

また簡単に人気の濡れ髪を作ることができます。

また寝癖もオイルの重みで直り、気にならなくなります。

寝癖のついた髪、全体にオイルを馴染ませましょう。

香り付きのものや栄養素がたっぷり含まれたヘアオイルを選ぶことで、気分よく1日過ごせ、また髪質もどんどん良くなるので一石二鳥です。

5.ヘアアイロンを使う

ドライヤーを使わずに寝癖を直す方法は、ヘアアイロンを使うことです。

ドライヤーが壊れてしまっていたり、ホテルにヘアアイロンしか持っていかなかったりすると、ドライヤーが使えないこともあるでしょう。

ヘアアイロンを使えば、癖を簡単に直すことができます。

ストレートアイロンの場合は、できるだけ髪の根本から髪を伸ばすように使用しましょう。

またカールヘアアイロンの場合は寝癖を活かし、カールを作りましょう。

ヘアアイロンは熱のせいで髪に負担をかけてしまうこともあるので、使用する場合には注意して使いましょう。

ヘアケアも同時にするようにすると髪がキレイになるはずです。

6.コンディショナーやシャンプーを変える

ドライヤーを使わずに寝癖を直す方法は、コンディショナーやシャンプーを変えることです。

毎朝同じところに寝癖ができてしまう、髪を切ってから髪がまとまらなくなった、と言う人もいるでしょう。

思い切ってコンディショナーやシャンプーを変えてみると、ドライヤーをわざわざ使わなくても、髪がまとまるようになることがあります。

髪がまとまるシャンプーや寝癖ができにくくなるコンディショナーも販売されています。

日々使うようにすることで、寝癖知らずの髪になるはずです。

髪を乾かさないで寝ても朝起きた時に、理想の髪型になっていたら嬉しいですよね。

自分の髪質や寝癖のタイプに合うコンディショナーやシャンプーを探しましょう。

ドライヤーを使わずに寝癖を直そう

ドライヤーを使わずに寝癖を直す方法は、お湯や蒸しタオルを使ったり、寝癖直しやヘアオイルを髪につけたりすると良いでしょう。

またヘアアイロンもドライヤーの代わりに上手く使うと良いでしょう。

ドライヤーがなくても諦めずに寝癖を直し、キレイな髪で毎日を過ごしたいですね。

 

    「ドライヤーを使わずに寝癖を直す方法とは。諦めずにキレイな髪にしよう」への感想コメント一覧

  1. 1. ちい2018/04/30(月) 16:16

    洗い流さないトリートメントが、寝ぐせ直しに効くというのは知りませんでした!今度試してみたいと思います。

  2. 2. 案山子2018/06/07(木) 08:27

    寝癖を直す方法を考えた時に、使っているシャンプーやコンディショナーから見直すという視点はなかったです。自分の寝癖のタイプに合わせたものを選べば良いんですね!

  3. 3. 名無しのイケジョさん2018/06/09(土) 20:13

    寝癖がついている時は寝癖直しを使っています。朝はバタバタで時間がないですから色々やっていられません。

  4. 4. いろは2018/06/09(土) 20:18

    ショートカットなので寝癖は天敵です。
    少しでも寝相が悪いと起きた時に悲惨な思いをするので、寝る時の姿勢にも気をつけるほどです。
    朝は何かと忙しいのでお風呂に入る時間は無いですし、蒸しタオルやオイルは良い方法だと思いました。早速試してみたいです。