ヘアアイロンの適切な温度とは。髪を傷めずダメージを与えない

最終更新日:2015年5月25日

毎日ヘアセットのために使うヘアアイロンですが、カールをキープしようとしすぎて、温度を上げ過ぎてしまい髪にダメージを与えてしまっているのではないかと、不安になってしまうことがあります。

髪を傷めないヘアアイロンの適切な温度とは、どれくらいでしょうか。

また、髪にダメージを与えないようにカールしていくにはどうしたらよいのでしょうか。

1.はじめは、140度から

ヘアアイロンの最高温度は、180度ほどです。

高温であればあるほど、カールはぎっちりキープできますが、高温であればあるほど、髪にダメージを与えてしまいます。

最初から高温で巻くのは避けましょう。

巻きはじめは、140度ほどからはじめるのがよいでしょう。

まずは、低い温度で、カールの基本を形作ります。

基本作りですから、ぎっちりカールしていなくてもよいのです。

ほんのりカールしているかな、という程度で構いません。

髪の毛全体に、ふんわりカールを作っていきましょう。

低い温度ですので、髪へのダメージを考えることなく、なんどでも巻き直しができるのもよいところです。

カールの基本ができたら、つぎは温度を上げていきます。


2.カールをキープさせるための160度

140度でカールの基本を作ったら、つぎはカールをしっかりキープさせるために温度を上げましょう。

ヘアアイロンの温度を160度に上げて、ゆるく形作ったカールをしっかりキープさせていきましょう。

さきほど形作ったカールをなぞるようにして、ヘアアイロンでカールをキープしていきます。

今度は温度が上がった分、カールがしっかりキープできます。

ですが、さきほどよりも温度が上がっているので、あまりなんども繰り返し巻くのは、避けましょう。

高温のヘアアイロンが髪を傷めてしまいます。

せっかく髪へのダメージを避けるために低温から巻き始めた意味がなくなってしまいます。

ヘアアイロンで髪の毛全体を3回ほどなぞって、カールをしっかりキープするようにしましょう。


3.仕上げの180度

カールをしっかりキープできたら、さらに温度を上げていきましょう。

仕上げは、180度で巻いていきます。

高温は髪へのダメージが気になるので避けたいと思うかたもいらっしゃるでしょうが、仕上げとつやだしのためにおすすめします。

160度でキープしたカールを180度でぎっちりカールにキープしていきましょう。

160度で作ったカールの上から、180度のヘアアイロンで1回だけ仕上げに巻いていきます。

高温になっていますので、なんども繰り返し巻いていくのは、髪へのダメージのことも考えて避けたいので、ここは1回で決めましょう。

高温で巻くことで、カールもしっかりキープできますし、髪につやも出ます。

髪の毛全体を1回ヘアアイロンで巻いたら完成です。


4.とげとげブラシ付きのヘアアイロンでカールをキープする

スティックタイプのヘアアイロンでは、なかなか思った通りに仕上がらないというかたには、ブラシ付きヘアアイロンをおすすめします。

スティックタイプは、慣れてコツをつかむまで少し時間がかかりますが、ブラシ付きヘアアイロンなら、買ったその日から思い通りのカールに仕上がります。

しかも、温度もスティックタイプに比べて低いので、髪へのダメージも気にならないでしょう。

ブラシ付きヘアアイロンは、温めても素手で握って平気なほどの温度です。

素手で握ったときに、ちょっと熱いお風呂くらいの温度までしか上がりませんので、髪を傷める心配がありません。

これくらいの温度でも、ゆるくカールができますので、髪にボリュームをもたせたいときに、大活躍してくれます。


5.ブラシ付きヘアアイロンでも仕上げは180度のスティックタイプのヘアアイロンで

ブラシ付きヘアアイロンでふんわりカールを作ったら、仕上げにスティックタイプのヘアアイロンでカールをぎっちりキープしましょう。

ブラシ付きヘアアイロンでは、温度が低いので、カールが長時間キープできないことがあります。

ヘアスプレーでキープしてもよいのですが、より長時間きれいなカールをキープするためにも、スティックタイプのヘアアイロンで仕上げをしましょう。

温度は、180度に上げて、髪の毛全体を1回包み込むようにカールしていきます。

これで、カールが長時間キープできますし、髪につやも出ます。

スティックタイプのヘアアイロンが苦手というかたでも、ブラシ付きタイプでカールを作ったあとで、巻きなおすだけですので、簡単にきれいなヘアスタイルになれます。

温度に気をつけて髪にダメージを与えないようにしよう

髪へのダメージを最小限にするための工夫をご紹介しました。

慣れ親しんだヘアアイロンのほうが、うまく髪をセットできますが、美容家電は日々進歩してます。

髪にダメージをあまり与えないようなブラシ付きタイプのヘアアイロンも登場していますので、お手に取ってみてはいかがでしょうか。

毎日思い通りに髪型をセットできるよう願っています。