彼氏の風俗通いが嫌。風俗の利用を止めさせる方法

最終更新日:2016年4月12日

恋人を持つ女性の多くが頭を抱える、彼氏の風俗通い。

性欲を満たすだけで愛情がないとはいえ、女性としてすんなり許可するのには抵抗がありますよね。

彼氏に風俗の利用をやめてもらうには、一体どうしたらよいのでしょうか?

1.性病の二次感染について話す

風俗といえば、そこで働いている女性が多数の男性と性行為をする場所。

身元も健康状態も分からない男性と性行為に臨むのだから、風俗嬢はいつどのような性病に感染してしまうかわかりません。

そして一度性病にかかってしまったら、それが客として訪れる男性にまで感染してしまうかもしれないのです。

つまり、性病は風俗を利用する彼の恋人である、こちらにまで飛び火する危険があるということ。

定期的に風俗で働く女性に性病の検査をさせる店もありますが、検査を強制していない店もたくさんあります。

風俗に100%安全な場所など無いのです。

彼に風俗通いをやめてもらいたいのなら、性病の危険や、それが移る可能性についてしっかり理解してもらいましょう。

性病によっては不妊の原因になるものもあります。

自分のせいで彼女が性病にかかる危険があると分かれば、きっと考えを改めてくれるはず。

2人で病気にかかった後に後悔するより今のうちに事の重大さを分かってもらい、風俗通いをストップさせましょう。


2.あなたに飽きられるのが怖いと伝える

お金を払って性欲を発散させてもらう風俗は、性行為のプロ。

男性を満足させるために、素人にはとてもできないようなテクニックをたくさん使ってきます。

だからこそ彼女としては、彼が自分との性行為に意欲がなくなるのではないかと心配ですよね。

彼に風俗通いをやめてもらうように説得するためには、その気持ちを正直に伝えてみましょう。

「風俗での性欲処理で満足してしまい、自分と愛し合うことに飽きられないか心配」と本音を打ち明けるのです。

これらの杞憂は、彼を愛しているからこそ現れるもの。

彼が他の女性で性欲を発散することではなく、そのせいで彼から嫌われたくないということに重点を置いて話をすれば、きっとこちらの気持ちは伝わります。

自分に嫌われたくなくて一生懸命に説得する姿を見ているうちに、自分の風俗通いがどれだけ彼女を苦しめていたのか理解できるでしょう。

風俗通いを嫌悪するだけではなく、説得に彼に対する深い愛情を含めることが、ケンカに発展せずに風俗通いをやめてもらうコツと言えますね。


3.彼氏を満足させてあげられるように努力する

恋人の風俗通いは、彼が欲求不満であることがそもそもの原因。

彼がこちらを求めてきた時、気分が乗らないからと毎回断ってはいませんか?男性は女性よりも、性欲が段違いに強い生き物。

思うように発散できなければきちんと性欲を処理してくれる場所に向かうのは、生物としてある意味仕方ないのです。

一番手っ取り早く彼氏を風俗に行かなくさせる方法は、その欲求不満を取り除いてあげること。

溜まった性欲を発散させてくれる相手がいるのなら、男性は風俗に通う必要性を感じなくなります。

他の女性と性行為をしたりせず、その相手を自分の恋人に限定してくれるでしょう。

ただし、一番心配なのは女性の体。

まだ妊娠を望んでいないのなら、性行為が以前よりも増えた分避妊を徹底して下さいね。


4.風俗通いは浮気と一緒だと諭す

彼女がいるにもかかわらず風俗通いをする男性は、みんな口をそろえて「風俗と浮気は別物だ」と言います。

しかし正直なところ、女性の視点からみた風俗は浮気と同等。

お店を利用するとはいえ他の女性と性行為をするのですから、そう感じるのは当然です。

彼に風俗通いをやめてもらうためには、まずこの認識の違いから正していく必要があります。

男性だって自分の彼女が他の男性と性行為をすれば、「浮気された」と騒ぎますよね。

それと風俗は全く同じ。

彼が風俗に行くということは、自分の彼女が他の男性と寝たとしても文句は言えない状況になります。

「あなたが風俗に行くのなら、私も他の男と寝る」と宣言すれば、風俗へ向かう足取りは重くなるはず。

大好きな彼女に浮気をされたくないのなら、風俗通いはきっぱりとやめてくれるでしょう。

男だからといって誰かれ構わず性欲処理をさせてもらうなど、絶対に許されることではないのです。


5.お金の無駄だと自覚させる

風俗という場所は、従業員の女性が自分の体を使って男性の性欲処理をさせてくれる場所。

その1回の料金は、決して安いものではありません。

店やコースの内容にもよりますが、基本的に1時間で何千、何万という料金を取られます。

いくら性欲を満たすためとはいえ、たった1時間で何千、何万の損失。

冷静に考えたら、とてももったいないことです。

彼氏が風俗にはまっているのなら、それがどんなにお金を無駄にしているのか理解させなければなりません。

恋人がいるにもかかわらず、その相手を裏切ってまで風俗に行き、好きでもない女性と寝た挙句に大金を無くして帰ってくることの愚かさ。

性欲に囚われず頭を冷やして考えたなら、その馬鹿馬鹿しさが理解できるでしょう。

それに一度気づけば風俗に通うことはやめ、そこで使うはずだったお金は自分達を満たすためだけに使ってくれるようになりますよ。

彼氏の風俗通いが嫌ならやせさせよう

お互い良好な関係を維持したいのなら、彼氏の風俗通いはやめてもらうべき。

恋人がいないならともかく、きちんとした相手がいるのに風俗に通う必要はありません。

ただし、女性側も男性の性欲の強さについては理解する必要はあります。

風俗というだけで真正面から否定せず、男性側の気持ちも分かってあげた上で、風俗通いをやめてもらうように説得しましょう。