おでこの産毛を処理する方法。キレイなおでこになろう

最終更新日:2015年7月26日

おでこは顔の中で大きなパーツです。

おでこが美しいと女性らしく見え、おでこがツルっとしていると垢抜けたイメージになる大事なパーツです。

ふとした瞬間おでこの産毛が気になった事はありませんか?普段は前髪で隠れているけれど前髪を上げた瞬間に気になってしまったりするかもしれません。

女子トークでも、わざわざ持ち出される話題でもないので、みんなはどうしているのかな?と処理方法自体を知らない人がいると思います。

どうしたら良いのかをまとめてみました。

1.自分でカミソリでシェービングする方法

まず、前髪を巻き込まないようにしっかりピンでまとめて留めるかヘアーバンドで前髪をしっかりあげましょう。

剃る時は必ずシェービングクリームを使いましょう。

シェービングクリームをおでこ全体に塗り新しい清潔なカミソリで上から下へ毛の流れに沿って眉上まで剃ります。

シェービングクリームを塗らなかったり、カミソリの刃が古いと肌を傷つけてしまうので厳禁です。

おでこを剃る時のポイントは生え際の産毛は少し残す事です。

ここをあまりにキレイに剃り過ぎると不自然な違和感が出てしまいます。

生え際1センチは残して、次のシェービングの時には、生え際2センチを残します。

そうする事で自然な生え際をキープしたままツルツルなおでこが手に入ります。

カミソリは、T字のカミソリではおでこのでこぼこや細かな部分には向かないので、L字のカミソリを使いましょう。

刃物などで注意して行って下さい。

気になるからといって剃り過ぎず三週間に一度のペースにしましょう。

折角キレイにしたおでこを剃り過ぎで荒らせないように気をつけましょう。


2.自分でシェーバーで処理する方法

電気シェーバーで処理する方法があります。

美容家電も色々な物が出ています。

家電量販店などで購入出来ます。

カミソリで荒れてしまう事もなく、シェービングクリームも要らないので手軽に安心して出来るケアになります。

最近では女性シェーバーも可愛いものが多く、どんどん新しい商品が発売されてきます。

見るだけでも楽しいかもしれません。

このシェーバーでの産毛処理も生え際を1センチ程残すのがポイントになります。

簡単に剃れてしまうのでキチンとイメージをしてから自然なおでこの生え際を手に入れましょう。

お部屋で簡単に処理出来るのでオススメの方法です。

3.シェービングの専門家に頼む方法

自分でするのは怖いという方。

自然な生え際にするのが難しいという方はプロに任せる方法があります。

自分での処理で肌を傷つけてしまったら本末転倒です。

最初はプロにお任せする事をオススメします。

シェービングサロンや理容室のシェービングコースがあります。

理容室のシェービングコースでは免許を持っている理容師さんがクリームを塗りながら丁寧に剃ってくれます。

肌を傷つける心配もなく、角質や汚れも一緒にキレイに剃り落としてくれるうえに、仕上がりは自然でキレイな生え際にしてくれます。

おでこにニキビがある方や荒れていて自分では剃れない方でも理容師さんならキレイに剃り上げてくれるうえに、清潔が保たれるのでニキビや荒れ予防にもなるでしょう。

月一の処理で充分にキレイがおでこが手に入ります。

次に、シェービングサロンで剃ってもらう場合です。

ウェディングドレスを切る花嫁さんをお客様に持つシェービングサロンは、とっておきの日のお手伝いをするだけあり、特別に美しくシェービングしてくれます。

生え際など自分のこだわりをオーダー出来より自然で自分に似合うおでこ作りのお手伝いをしてくれます。

また、肌のプロでもあるのでアフターケアをしっかりしてくれるのでエステに行った後の潤ったキレイはおでこの皮膚も手に入ります。

最初は、理容師さんやサロンで産毛の処理をお願いして、方法を学んでから自分でもチャレンジするのも良いと思います。


4.おでこの産毛を脱毛する方法

最近では産毛を脱毛する人も増えてきました。

おでこだけのコースも増えてきました。

サロンやクリニックで剃らなくても良いように生えなくしてしまうのです。

エステサロンとクリニックでは使っている機械が違いますし、料金もかなり差があります。

比較的にエステサロンの方が安く痛みも少ないです。

クリニックでは医療に使うレーザーを使うので効果的になりますが料金は高めでエステサロンより痛みがあるようです。

ゴムで弾かれる程度の痛みですがカウンセリングなどを受けて痛みなどについてもきちんと説明をうけましょう。

数回受けるだけで生えてこなくなるので産毛の処理から解放されると思うと料金や痛みは我慢するのも良いかもしれません。

おでこの産毛を処理してキレイなおでこになろう

あなたに合う、おでこの産毛処理方法は見つかりましたか?顔の産毛の処理は体の毛の処理より注意深く行う必要があります。

剃る際も剃った後もケアをしっかり行い垢抜けたキレイなおでこを手にいれましょう。