重そうな女に思われる女性の特徴

最終更新日:2016年2月21日

見た目からはあまり性格を判断しにくいものですが、色んな行動や発言によって「この女性重そうだな」という印象を与えてしまうことがあります。

重そうな女と敬遠されがちな女性の特徴を踏まえておくと、事前に改善できるかもしれません。

1.連絡の頻度が多く、催促する女性

大人になると、お互いの時間の都合が合わず、時に連絡の取れない時間帯も発生してしまうことでしょう。

そんな中、自分が連絡したにも関わらず連絡取れなかった時や、相手からの返信がない時に、やたらと催促の連絡を続ける女性がいますが、こうした女性に対しては「重そうな女だな」という印象を持つようになります。

今連絡出来ない状態であるからしないでいるのに、見ていない間に何通も同じメッセ―ジが入っていたら、返信しようと思っていたとしても敬遠しがち。

束縛が激しいタイプであると思われるか、過度な寂しがり屋な女性と思われてしまい、距離を置かれてしまうこともあります。

交際に至っていない段階での連絡の頻度には気を付けた方が良いでしょう。

お互いに自分の都合があること、そして相手を思いやる気持ちを持てないでいると、こうした自分勝手な連絡な仕方になってしまいます。


2.人前ですぐ泣いたり怒ったり、感情を表に出すタイプ

悲しい時に泣いたり、頭に来たときに怒ったりというのは、人として当たり前の感情ですが、それをわざわざ人前でしてしまうのは、幼稚な印象を与えると共に、重そうなイメージを持たれてしまうことに繋がります。

自分の思った通りにいかない場合には、例え周囲に人がいたとしてもお構いなしで泣いてしまうんだという意識を与えてしまい、敬遠されてしまいがちです。

自分をセーブしたり、人前だからと我慢したり出来ない姿に、重そうな印象を与えてしまうのでしょう。

感情の起伏が激しいことに重さを感じる人もいるため、ある程度自分の中でコントロールできるようになると良いです。

交際に発展した際に、ケンカの度にいちいち人前を気にせず泣かれたり、怒鳴られたりすると考えると、なかなか近付けない存在です。


3.スケジュールやその日の出来事を確認する

一見、スケジュールを把握しようとしたりその日の出来事を確認しようとする行動は、しっかりしていて自分の事を心配してくれている証拠なのかなと思うこともあります。

しかし、交際前にも関わらず、人の行動を把握しようとしたり、いちいち確認を取る行動は、監視しているのと同じような状態であることが言えます。

「明日○○時に起こしてあげる」といったように、頼んでいないことにも管理しようとしている場合、交際に発展したら面倒くさそう、重そうという印象を与えてしまうことも。

相手を気遣っているかのような行動の裏には、こうした心理が隠れているのでは?と疑う瞬間が来てしまいます。

相手のスケジュールや出来事を確認するのは、相手を心配しての行動ではなく、自分を安心させるための材料に過ぎないと思った時、男性からはただの「重い女」扱いになります。

またこれが当たり前になってしまうと、男性の中では重そうという感覚を超えて、不快に感じることもあります。

紙一重とも言える行動の為、男性に好意がある、両想いであることが確認出来た上で行動に移したい所です。


4.やたらと記念日にしたがる女性

何かにつけて記念日と称してイベント化したがる女性にも、重そうと敬遠する男性が多いです。

会社に入社した記念日、初めて一人で仕事を任せられた記念日、趣味を始めたきっかけの記念日等、やたらと記念日にしたがる女性は、あとあと重そうな行動が増えそうだと敬遠されます。

付き合ったとしても、一週間ごとに記念日と称して会うことを強制されたり、プレゼントを催促されたりするのではないかというイメージを持たれてしまいます。

男性は女性に比べてこうした記念日というのを設ける人は少なく、女性の意識が記念日やイベントに強いからと合わせているだけの人が多いもの。

出来れば交際相手にはこうした細かな記念日を作られたくないと思うのが正直な気持ちでしょう。

何でもイベント化してしまう女性は、重そうだという印象を持たれてしまいます。


5.他の女性の話をすることを嫌う女性

仕事上関わらなければならない女性、昔からの幼馴染の一人である女性等、男性に下心や好意がない場合でも、女性との繋がりがあるケースがあります。

そうした関係を理解出来ず、他の女性の話をすると嫌な顔をしたり、否定的な言葉を言ってくる女性も重そうなイメージを持たれてしまいます。

嫉妬心がむき出しの状態で、自分以外の女性を敵のような目でみるタイプには、大人の男性にとっては重い印象を与えます。

仕方のない関係、気持ちがない関係にまで嫉妬されてしまっては、面倒という感覚を持つ男性が多いです。

いくら男性に好意があるからといって、交際前から嫉妬心むき出しの状態では、交際後においても想像がつくでしょう。

どんな関係であろうと、他の女性を敵視してしまう女性は、重そうなイメージを持たれてしまうことでしょう。

重そうな女を回避しよう

「この女性、重そうだな」という印象を持たれてしまうだけで、恋愛対象から外されてしまうことだってあります。

また交際前の段階、恋愛関係になっていない状態だからこそ、見極めるポイントとして見らえている可能性があります。

こうしたポイントから「重そう」と一度敬遠されてしまうと、その後恋愛に発展する確率はかなり低くなり、男性の中で除外されてしまうことが考えられます。

好意のある男性に対しての自分の行動や発言を見直し、敬遠されないよう心掛けることは大切です。