温泉やホテルでゆっくりする夢の意味とは【夢占い】

最終更新日:2016年10月25日

もし、温泉やホテルにいる夢を見たら、それはどういう意味があるのでしょうか。

温泉やホテルというのは、日常生活とは少し離れています。

自分でも気が付かない、いろいろな意味や深層心理が隠されていたりします。


1.どこかへ旅行にいきたいという願望夢である

温泉やホテルにいる夢を見た時、それはあなたが旅行にいきたいという気持ちが高まっています。

現実の世界で旅行に出かけたいと思っているので、そういう夢を見るのでしょう。

毎日忙しくて、会社と家との往復ばかりしていれば、どうしてもストレスが溜まってどこかへいきたくなります。

たまにはどこか素敵なホテルに泊まって、温泉にゆっくり使って、おいしいものを食べてみたいそういう気分になるのも当たり前と言えるでしょう。

また、ちょうど旅行シーズンを迎える時期なら、テレビ番組などでそういう温泉ホテル特集などをやっていたりします。

その番組に影響されて、温泉やホテルの夢を見たりすることもあります。

温泉に行ったりホテルに泊まったりすることは、誰にとっても楽しいことです。

たまにはどこかへ旅行にいきたいと思っている時、温泉やホテルにいる夢を見たりします。

それはあなたが「温泉やホテルに泊まりたい、旅行にいきたい」という気持ちを表した、願望夢でもあるのでしょう。


2.疲れているからそういう夢を見る

疲れている時、誰でもくつろぎたいという気持ちになります。

そういう時、人はホテルに泊まってゆっくりして、温泉にのんびり浸かりたい…そう思ってしまい、夢に見てしまいます。

温泉にホテルいいですよね。

のんびりできて、癒されそうです。

しかし、そういう夢を見る時は、実は要注意です。

本人が思っている以上に心身ともに疲れていたり、ストレスが溜まっていたりします。

心が疲れて悲鳴を上げそうになって、そういう夢を見てバランスをとろうとしています。

ホテルに泊まってのんびりすれば、日常のいろいろなことから解放されます。

家事もしなくていいですし、食事もホテルの係が運んでくれます。

自分は部屋の中でのんびりしているだけでいいので、まるでパラダイスです。

さらに温泉に入ってゆっくりと体を浸せば、のんびりすることができて、心も体も元気になることができるでしょう。

今の自分の生活がいっぱいいっぱいだからこそ、せめて夢の中では癒されたいという心理が働いて、ホテルに泊まって温泉でくつろいだりする夢を見るのです。

夢の中だとしても、ホテルに泊まって温泉に入れば、何となく気分はよかったりします。

しかし、それでおしまいにしてしまうのではなく、自分自身の生活ぶりを見直すようにしてみましょう。

そうすれば、夢の中だけでなく実際の生活の中にも上手に「休憩」を取り入れることができて、疲れすぎることを防3.体調の良し悪しや精神状態を表している

温泉やホテルにいる夢は、今の自分の体調や精神状態を表しています。

温泉やホテルにいる時のシチュエーションをよく思い出して、自分が今どういう状態なのか、それを探ってみるようにしましょう。

温泉に入る夢は、比較的疲れている時によく見る夢です。

そしてその温泉のお湯が熱いかぬるいかで、体の様子に気が付くことができます。

温泉のお湯が熱い時は、実は警告夢でもあり、体調が悪くなることを示しています。

逆にぬるめの温泉に浸かる夢は、体調が悪くない、または哀調がだんだんと良くなることを示しています。

さらに宿泊しているホテルがどうか、そこに注目してみることで、今の精神状態を把握できます。

ホテルの外観は自分自身に対する「評価」です。

立派な外観なら、自分に対して自信を持っていることを示していますし、逆にボロボロなホテルなら、自信喪失しているかもしれません。

古いホテルだということが気になるなら、それは自分の老化が気になっているということでもあります。

泊まっているホテルがどういうホテルか、温泉のお湯の熱さがどうか、それらが今の自分自身の体調や精神状態を表しています。

意外と自分でも気がつかないうちに、結構疲れていたり、精神的に苦しくなってしまわないように、自分自身に気を配ってあげましょう。

それを知らせるために、夢は温泉やホテルの夢を見せているのです。


4.これからの人間関係を示している

温泉やホテルにいる夢は、これからの人間関係を示している場合があります特定な人との関係を表していることもあれば、全体的な人間関係を示していることもあります。

ホテルというのは、人が来て去っていく場所でもあります。

そういう場所の夢を見ることで、自分の人間関係を振り返ることができます。

ホテルのロビーで待ち合わせしていたり、キレイなホテルに泊まっていたりすれば、それはこれからの人間関係がいい方向にいくことを教えてくれているのです。

また、温泉に入る夢は、その人との関係を表しています。

同性の友人と温泉に入る夢を見たなら、その友人とはますます仲良くなったり親しくなれるでしょう。

温泉に入るということは、まさに裸の付き合いでもあるわけで、そういう夢は二人の関係が深くなることを、教えてくれるのです。

好きな人と温泉に入るという夢を見たら、それは相手との関係をもっと深めたいという気持ちを表しています。

一緒に温泉に入ることができるというのは、相当親しい間柄に限られます。

つまりそういう関係になりたいから、好きな人と夢の中で温泉に入ってしまいます。

また、その時に泊まっているホテルがリゾートホテルなら、それは異性に対して自信があることを示しています。

ぐいぐいアプローチしても大丈夫と、心のどこかでそう思っているのでしょう。

温泉やホテルは、自分の周りの人間関係を示していることがあるので、大切な夢といえます。

あなたの周りを取り巻く人との関係を、そっと教えてくれているのです。

温泉やホテルの夢の意味を知ろう¬

温泉やホテルの夢というのは、いろいろなことをあなたに伝えようとしてくれています。

特に体調や精神状態を教えてくれることが多く、体や精神の異変に気が付くことができるでしょう。

「なんだか疲れたな」なんていう時、もし温泉やホテルの夢を見たら、思った以上に負担がかかっているかもしれません。

それを見過ごさないように、無意識のうちに温泉やホテルの夢を見ているのです。