ペアーズで合わない人をフェードアウトする方法

最終更新日:2017年5月1日

ペアーズでは優良なユーザーが多い事で有名です。

しかし実際に会ってみたけど、やっぱり合わないなと思う人もいますよね。

今回は、合わない人との上手なフェードアウトのコツをご紹介します。

1.メールを返す頻度を下げる

いきなり返信速度を下げてしまうと露骨になってしまいますし、キレイな形でフェードアウトするという趣旨とは遠くなってしまいますよね。

まずは少しずつメールを返す頻度を少なくしてみましょう。

一日の内に多くメールのやりとりをしていたのであれば、その頻度を少しずつ下げていきましょう。

元々一日のメールが少ない方だったのであれば、思い切って一日返事をしない日を作っていきます。

一週間も続ければ、相手からのメール返信速度も大分下がっているはずです。

大抵はメールの頻度が下がった事で、お相手にもフェードアウトしたい旨が伝わったり、向こうがその気だったとしても熱が下がるはずです。

けれどもし何か言われた場合は「最近ちょっと忙しくて」と言うと、そこから忙しさを理由にフェードアウトをしていくことができます。

これは一番当たりさわりがなく、相手を傷つける事なく、なおかつ自分が悪者になる事がなく、穏便にフェードアウトしたいという方にオススメです。

2.会話を終わらせる

自分からは一切質問をせず、会話を膨らませようとしない事を意識するのがポイントです。

相手が話してきた事にだけ答えるというスタンスを取るようにしましょう。

もし相手に質問をされた場合には答えても構いませんが、そこから会話が膨らませづらいような会話運びをします。

とにかく、会話を終わらせる事に意識を集中してください。

「そうなんだ」という言葉はどんな返しにでも使えて、中々に便利です。

基本的に男の人は内容のないやりとりを好まない傾向にあるので、話す内容が無くなってしまった場合は、男の人から返事をしなくなる事が多いです。

相手から連絡をしてくれなくなるのであれば、女性側としても気をもまなくていいですし、随分と気が楽になりますよね。

これもあまり露骨にやってしまうと、キレイにフェードアウトはできないので、あくまで顔文字を使ったり等、友好的な体面は保った方が尚良いでしょう。

3.思い切って無視をする

じょじょにフェードアウトするのが面倒くさいっていう人は、思い切って無視をするのもありです。

相手から追撃の連絡が来る場合は、流石に返信した方がいいでしょう。

その方がキレイにフェードアウトできます。

ただ、その無視する頻度を段々と多くしていきましょう。

こちらも「最近忙しくてごめんね」とフォローしておけば、普通の男性であれば納得してくれると思いますし、トラブルに発展する可能性は少ないでしょう。

決して自分から話題を振らない、メールの頻度を下げるという行為と似通ったものがありますが、こちらの方がよりハッキリと拒否の意思を示すことができます。

4.体調不良な事を主張する

「最近忙しくて」という理由を使うのもいいですが、実際に出会ってからいきなりそういうのは露骨に思えてしまいますよね。

いっそ、会って合わないなと思った時点で風邪をひきかけているフリをしてしまいましょう。

ちょっと鼻をすすったり、咳払いをする演技程度で構いません。

風邪を理由に早く帰る事もできますし、後から風邪が悪化した事にしてしまえば、そこから連絡をいきなり減らしてそのままフェードアウトできるので、一石二鳥です。

相手は、もしかしたら本当に風邪なのかな?とも思ってくれるでしょうし、大抵の場合あなたに固執してしつこく連絡をしてくる事はないはずです。

とても自然なフェードアウトといえるでしょう。

5.対応をそっけなくする

顔文字や絵文字を使わないような対応を心がけてみましょう。

対応がそっけなくなれば相手にもあなたの心境の変化が分かりやすく伝わるはずです。

多少露骨な方法ではありますが、どうしてもさっさとフェードアウトしたいと思う人にはオススメです。

早い段階でフェードアウトする事が可能でしょう。

主に短文で返すのがオススメです。

LINEを交換しているのであれば、スタンプだけで返すのが一番簡単なそっけない対応かもしれません。

あまり可愛いスタンプを使いすぎて、そっけなさが薄れないようにだけ注意してください。

相手からフェードアウトしてくれる事でしょう。

ペアーズで合わない人をフェードアウトしていこう

色々な方法がありますが、共通しているのは、それとなく相手に脈なしだという事を伝えるという事です。

どこでお相手と繋がる事があるか分からないですし、スマートな大人な対応をするに越した事はありません。

どんどんペアーズを活用して色々な人と出会い、良い恋愛に巡り合ってください。

きっとあなたとバッチリ合う人が見つかるはずです。