プロポーズされたことを親へ報告するための手順とは

プロポーズ 結婚最終更新日:2018年1月5日

プロポーズされると嬉しい反面、親にどう切り出していいか迷いますよね。

けれどちゃんと報告をしておきたい、と言う人は多いでしょう。

そんなプロポーズをされたことを親に切り出す方法を見ていきましょう。

1.まず付き合っている人がいることを報告する

プロポーズされたことを親に切り出すためには、まず付き合っている人がいることを報告することから始めましょう。

中には、親には恋愛の話は絶対にしない、あまり親に会っていない、そんな人もいるかもしれません。

プロポーズをされてすぐにそのことを報告するのは難しいかもしれませんが、親に会った時に「恋人がいる」と言う話から始めてみましょう。

今まで恋愛の話をしてこなかった場合にはそれだけでも充分驚かれるかもしれません。

そしてその話の流れで「その人と婚約したから、結婚しようと思う」と話を進めましょう。

話の流れが速すぎて、親をびっくりさせるかもしれませんが、恋人がいる、ということから話し始めると、上手くプロポーズの話もできるはずです。

2.恋人を家に連れていく

プロポーズされたことを親に切り出す方法は、恋人を家に連れていくことです。

親にすでに恋人がいることを言っていたり、付き合っている人がいたりすることを何気なく感づかれている場合もあるでしょう。

その場合には、思い切って恋人を家に連れていきましょう。

「紹介したい人がいるのだけれど、家に連れてきてもいい?」と親に聞けば、たいていそれが恋人で、結婚などの話が出てくると親も思うはずです。

恋人を連れていけば、自然に出会いやどれぐらい付き合っているかなどの話になるでしょう。

その話の中で「プロポーズをされた」と言えば、上手く報告できます。

恋人の力を借りることもできるので、親に話すのが気まずい人には良い方法でしょう。

3.両親の結婚について聞き、その流れで話す

プロポーズされたことを親に切り出す方法は、両親の結婚について聞き、その流れで話すことです。

一緒に食事をしている時、何気なくソファに座っている時などに「結婚して何が良かった?」「どうして二人は結婚したの?」など親に結婚について聞いてみましょう。

もちろんネガティブな話や苦労話なども出てくるかもしれませんが、そこから「そろそろ結婚しようと思って」と言い出しやすくなります。

普段あまり聞いてこないような話を真面目に聞くことで「何か報告したいことがあるのかな」と親に思わせることもできるので、あまり親をびっくりさせずに済むでしょう。

4.お祝いの場で、自分からも報告がある、と言って切り出す

プロポーズされたことを親に切り出す方法は、お祝いの場で自分からも報告がある、と言って切り出すことです。

お正月や家族の誰かの誕生日などにお祝いをみんなでする家庭もあるでしょう。

みんなが喜びに包まれている場で「この際だから報告したい」と言って切り出しましょう。

普段の会話ではなかなかできないかもしれませんが、みんながワイワイと楽しんでいる場であれば、大丈夫でしょう。

もちろん誕生日会など主役が他にいる場合には、プロポーズが話題の中心になり過ぎないように注意することも忘れてはいけません。

5.メールや手紙で伝える

プロポーズされたことを親に切り出す方法は、メールや手紙で伝えることです。

親が遠方に住んでいたり、ほとんど会っていなかったりすると、プロポーズの話をしに会いに行ったり、電話をしたりするのも恥ずかしいですよね。

心のこもった手紙やメールにプロポーズのことを書いてみましょう。

そしてその手紙やメールを読んだ、であろう時期に、電話なりをし「こないだ書いた通りだけど、婚約しました」と切り出すと良いでしょう。

メールや手紙で事前に知らせれば、親の方もあまり驚かずに、報告を受け入れてくれるはずです。

あなたの方も恥ずかしさがましになっているでしょう。

6.気づかれるように婚約指輪を身に付ける

プロポーズされたことを親に切り出す方法は、気づかれるように婚約指輪を身に付けることです。

子供の細かい部分まで目をかけているのが親です。

普段していない婚約指輪をしていれば、それだけで「婚約したのかな」とすぐに気づいてもらい、親の方から「最近何かあった?」と言ってくるはずです。

婚約指輪はダイヤモンドなど大きな宝石がついていることも多く、あまりにも鈍感でない限り、ちゃんと気がついてくれるでしょう。

気がつかない場合は、指輪を手でいじったり、指輪をはずしたりするなど何気ない動作をプラスしてみましょう。

プロポーズされたことを親に切り出そう

プロポーズされたことを親に切り出す方法は、付き合っている人がいることを報告したり、大事な話がある、と言ってから切り出したりするといいでしょう。

また何気ない話の流れで報告するのもオススメです。

思い切って恋人を家に連れて行ってしまったり、婚約指輪を身に付けたりし、話すきっかけを作るのもありでしょう。

 

    「プロポーズされたことを親へ報告するための手順とは」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く