プロポーズの返事を保留する方法と保留できる期間とは。一ヶ月を目安に保留しよう

プロポーズ 結婚最終更新日:2018年1月5日

結婚しようかどうしようか迷っている人からプロポーズを受けた場合、保留をするという女性は多いです。

ここでは、プロポーズの返事を保留したい時の方法と保留できる期間についてご紹介します。

1.基本的に保留したい時はきちんと理由を言う

基本的に、プロポーズの返事を保留したい時はその理由をきちんと伝える事がプロポーズをしてくれた相手に対するマナーです。

相手は、あなたの事が好きだからプロポーズをしてくれたのです。

そのプロポーズを保留にするのですから、相手はとてもがっかりするはずです。

その事は絶対に忘れないようにしましょう。

誠実にプロポーズをしてくれた場合は、理由を曖昧にせずにきちんと伝える事が相手に対するマナーです。

これを忘れてしまうと、相手の気持ちが一気に冷めてしまいます。

そして自分がプロポーズを受けると決めた頃には相手の気持ちが冷めてしまっていたという事になりかねません。

相手がきちんと理由さえ知っていればプロポーズを保留にしても待ってくれます。

また、保留の理由次第では相手が「それなら一緒に頑張ろう」と言ってくれる可能性もあります。

ですので、前向きに結婚を考えているけどどうしても保留にしたい場合は思い切って相手に相談をしてみましょう。

2.結婚意欲が無いままプロポーズをされた場合は

プロポーズは、お互いの人生が決まる大きなイベントです。

もし、自分に結婚の意思が全く無いまま相手からプロポーズを受けた場合は「自分の結婚への意思を固めたいから」といい、前向きな保留である事を伝えましょう。

そうする事で相手はきちんと待ってくれます。

また、どうして自分に結婚の意思がないのかをきちんと相手に伝える事が大切です。

まだ結婚をしたくない理由は色々あります。

理由によってはその時まで相手は結婚を待ってくれるでしょう。

結婚意欲が湧かない時、対処方法はいくつかあります。

まずは意欲が湧かなくても相手の事を好きな場合は結婚をするという方法です。

相手の事を好きなら、結婚をしたとしてもきっと仲良くやっていけるでしょう。

次は、今のままの関係を続ける方法です。

ただ、この場合相手の気持ちが冷めてしまう可能性が考えられるというリスクがある事を忘れてはいけません。

結婚意欲は特に無いけど、好きな人を絶対に失いたくない場合は思い切って結婚をする方がいいでしょう。

最後に別れるという方法です。

この先も結婚意欲が全く湧かないのなら、相手にとっても不幸です。

プロポーズをしてくれたという事は、相手には結婚意欲がきちんとあるという事です。

ここで別れた方が結婚をしたいという相手のためになります。

3.仕事がある場合は待ってもらう

彼の事が大好きなのに、プロポーズをしてもらった時がちょうど非常に大事な仕事がある場合や、資格取得の試験と重なってしまった場合は待ってもらいましょう。

この場合は理由がハッキリしていますし、男性側も「自分が彼女の立場なら同じく待ってもらうだろうな」と思うので、相手の気持ちが冷める事はありません。

ただ、仕事や勉強が忙しいからとは言え、相手への思いやりの気持ちを忘れてはいけません。

一日に一度、最低で三日に一度は必ずメール等で連絡をしたり、デートができそうな時は必ずするようにしましょう。

そうする事でプロポーズを保留にしても相手の気持ちをきちんとつなぎとめる事ができます。

4.保留にできるのは基本的に一ヶ月まで

プロポーズを保留にした場合、保留できる期間は基本的に一ヶ月が限度です。

それ以上になってしまうと、どんな理由があったとしても相手の気持ちが大幅に冷めてしまうからです。

三ヶ月以上になってしまうとこっちがプロポーズを受ける決意をしたとしても相手の気持ちはもう自分のところに無いというケースがあります。

そうなってしまうともう何もかもが遅いです。

後悔をしても相手の気持ちは自分のところには戻ってくる事はよほどの事が無い限りありません。

一ヶ月程度なら相手が本当に自分の事を好きな場合、きちんと待ってくれます。

ですので、一ヶ月内で決着をつけるようにしましょう。

5.期間をきちんと伝えておく

保留にする期間を相手に伝えておくのも一つの方法です。

そうする事で相手は放置される心配は無いと安心します。

保留にできる機関は一ヶ月以内が目安ですので、一週間か二週間以内に返事をするようにする事で相手はより安心します。

どうしてもそれ以上長くなってしまうなら、理由を相手にきちんと伝えましょう。

もちろん、一ヶ月以上になる場合はわがままを言っているのは自分ですので、その間に相手が別れたい、もしくはプロポーズはなかった事にしたいと言った場合、きちんと受け入れましょう。

プロポーズの返事を保留したら一ヶ月程度が目安

プロポーズの返事を保留したい時の方法と保留できる期間についてご紹介しました。

プロポーズをしてもらったけど、色々な事情があって保留にしたいというケースは多いです。

保留にする時は、相手が勇気を出してプロポーズをしてくれたという事を忘れず、誠実に対応する事で相手もきちんと待ってくれます。

また、保留にできる期間は一ヶ月程度が目安です。

もちろん、それより早くに返事ができるならできるだけ早くするようにしましょう。

 

    「プロポーズの返事を保留する方法と保留できる期間とは。一ヶ月を目安に保留しよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。