誠実さって何?恋愛で良く出る「誠実」って具体的にどういうことなの

最終更新日:2016年10月19日

付き合っている相手の態度次第で、不安になったり安心したりします。

恋人に対する誠実さがあるかないかでは、二人の間の信頼度が大きく違ってくるでしょう。

では、恋愛における誠実さとは一体何なのでしょうか。


1.相手に嘘をつかない

恋愛における誠実さとは、付き合っている相手に嘘をつかないということです。

下手に嘘をつかれてしまうと、相手のことを心から信頼することができなくなるでしょう。

相手との関係を気まずいものにしたくないがために、つい調子よく都合のいいことを言うことがあります。

その場はそれでいいのかもしれませんが、そういう口先だけの約束というのは、いつか相手にばれてしまうはずです。

そして真実とは違うことが分かって、相手の信頼を失ってしまうでしょう。

相手とうまくやっていくために、人は時には嘘をついてしまいがちです。

しかしそれは相手に対して誠実な態度とは言えません。

時には言いにくいこともあるかもしれませんが、嘘をつかないという態度を貫くことが、相手にとって誠実な態度となるでしょう。


2.浮気したり異性の友人と親しくしすぎない

恋愛における誠実さには、浮気をしないということ、そして威勢の友人と親しくしすぎないということがあります。

浮気をするということは、恋愛関係において不誠実そのものとなります。

恋人に対する最大の裏切りは、浮気をするということです。

本人は遊び心のつもりでも、浮気されたほうは深く心が傷つきます。

付き合っているうちに相手のことを好きではなくなって、別れてしまうこともあるでしょう。

しかし、浮気はそれ以上に相手の自尊心を傷つけて、人を信じる気持ちを失わせてしまいます。

また、浮気まではいかなくても、異性の友人と親しくしすぎるのも不誠実な態度となるでしょう。

「別に浮気しているわけではないし」という言葉を言い訳にして、異性の友人と仲良くしているところを恋人が見てしまえば、とても辛く感じるはずです。

「自分という恋人がいるのにどうして?」と疑問がわいてきて、相手のそういう行動に、不誠実な部分を見つけてしまうでしょう。

恋人がいる以上、その人以外の異性と親しくなるのは、やっぱり誠実とは言えません。

浮気をしないのはもちろんですが、恋人を傷つけたりしないように、異性の友人とはある程度の距離を保つことが、誠実な態度となることでしょう。

3.相手の弱点や悪いところをきちんと伝える

恋愛をしている時は、つい相手の悪いところには目をつぶりがちです。

しかし本当に恋人のことが大切なら、相手の弱点や悪いところをきちんと伝えてあげるのが、恋愛における誠実さだと言えるでしょう。

好きな相手にはっきりと悪いところを告げるのは、どうしても勇気が必要となります。

その言葉をきっかけにして、相手と気まずくなることもあります。

しかし、親しい関係だからこそ、相手が直したほうがいい癖や習慣、そしてネガティブだったり独りよがりな考え方を直すように注意しましょう。

相手はきっと言われた時には、素直に耳を傾けられないかもしれません。

きっと時間がたつにつれて、誠実に自分に向き合ってくれたんだということを理解するはずです。

相手のマイナス点を見抜いて、それを直すように伝えてあげることは、普通はなかなか難しいでしょう。

しかし、そういう態度で相手に接することが、誠実な態度となります。

いい顔ばかりしているような人は、恋愛ばかりか普通の人間関係においても、誠実さに欠けているという人です。


4.愛情がなくなったらそれを伝える勇気を持つ

恋愛における誠実さの中でポイントとなるのが、愛情がなくなった時の態度です。

愛情がなくなったら、残念ですがそれを相手にはっきりと伝えましょう。

それが相手にとって最終的には誠実な態度となります。

今まで付き合ってきたけれど、もう好きでも何でもなくなってしまったら、残念ながらこれ以上一緒にいるのはよくありません。

そういう相手とは未来を考えることができないからです。

本気で好きではなくなってしまったのに、それでも惰性で付き合い続けてしまうと、相手の貴重な時間を奪うことになります。

いつまでもずるずると付き合ってしまい、相手がまた新しい人と出会う機会を奪ってしまいかねないからです。

苦しいけれど、愛情がなくなったら、それを伝える勇気を持つことが、恋愛における誠実さとなるはずです。

そうすれば、自分と別れた後に、相手は早く幸せになることができるでしょう。

好きでなくなったら、ちゃんとそれを告げて別れるようにすることが、結果的には一番相手にプラスになるでしょう。

誠実な恋愛をしよう

恋愛における誠実さとは、どれくらい相手の立場に立って考えてあげることができるか、それがキーポイントとなります。

逃げずにきちんと相手に対して向き合うようにすることが、何よりも誠実な態度となるでしょう。

その場限りのいい加減なことを言ってしまったり、自分の都合ばかり考えたりしないようにすれば、付き合っている恋人に対して誠実な態度を示すことができるでしょう。