坂の夢の意味とは。坂を登るか下るかで暗示することが異なる

最終更新日:2016年3月5日

坂道というのは、低い場所と高い場所をつなぐ道です。

そして多くの場合は自分で歩かないと目的地までたどり着くことができません。

その坂道を夢に見るということは、無意識の中で自分が「今の自分がいる場所から移動したい」と思っている場合が多いでしょう。

今の自分のいる場所とは、職場かもしれないし、人間関係かもしれません。

また、精神的に成長したい、逆に退行して誰かに甘えたいなど、様々な解釈ができる夢です。

1.坂道を徒歩で登る夢

自分が精神的に成長していることを無意識が感じ取っています。

今まで苦手だと思っていたことや、やろうと思いながら取り組めずにいたことが自然と出来るようになっていくでしょう。

ただし、夢の中でどのように歩いていたかによっても解釈は変わります。

すいすいと気持ちよく歩いている夢なら、日常生活も問題なく発展していくでしょう。

しかし、へとへとになりながら、体に鞭打つような思いで歩いているのならば、日常で無理をしている証拠です。

坂道を上っているのですから何かしらの結果(仕事、恋愛、人間関係など)を残せるでしょう。

しかし、無理をした反動で本当に体を壊してしまいかねません。

日常では無理はせず、のんびりした時間を持つようにしましょう。


2.坂道を徒歩で下る夢

高い場所から低い場所へ。

自分の意志で移動しているということは、あなたが子供の頃に帰りたいと願っていることを表します。

小さな子供がお母さんに甘えるように、誰かに甘えたいと願っていませんか?心が、少し疲れているのでしょう。

現実で何かショックなことがあって立ち直れていないのかもしれません。

意識して心のケアをしてあげましょう。

こちらも、すいすいと気持ちよく歩く夢ならばすぐに立ち直れたり、協力者が見つかったりします。

しかし暗い気持ちで疲れながら歩いている夢ならば、注意が必要です。

相当に心が疲れている状態です。

誰か甘えられる人、頼れる人を探すか、できることなら環境を変えることも必要でしょう。

無理はせず、のんびりするべき時期です。

坂道を自分の運転で登る夢自動車、自転車、どちらも吉夢でしょう。

この場合は、坂道を上るということで、目的達成を意味します。

自動車なら、今目標にしていることや欲しいものが比較的簡単に手に入ることでしょう。

しかし、自分でこがなければならない自転車の場合、相当な努力が必要なことを暗示しています。

また、途中で自動車、自転車がパンクしたり故障したりするならば、日常での今の生活に問題があることを暗示しています。

パンクや故障があるならば、坂を上り切れませんからね。

この坂を上り切れないという状態が、今のあなたの心の状態です。

生活態度や人間関係、仕事の仕方などに改善点がないか、自分の足を引っ張るような人物と付き合ていないか…じっくり考えてみましょう。

3.坂道を自分の運転で下る夢

一刻も早く今の状況から逃げ出したいと思うことがありませんか?

仕事、人間関係、恋愛、目標としてること…何かしらが大きな心の負担になっている可能性が高い時に見ることの多い夢です。

なにせスピードのでる乗り物で、さらにスピードの出る下り坂で「どこかへ」向かっているのですから。

特に下り坂だとスピードの調整の難しい自転車の場合は、無意識が何かしらの危機を感じています。

今の生活の中で何か心に引っかかっていることはりませんか?そのことについて、一日も早く解決するべきだという無意識からのメッセージと言って良いでしょう。

ある程度スピードの調節の効く自動車の場合、心の疲れ具合もまだ調節が効くレベルです。

でも、問題を先送りにしてはいけません。

坂の夢の意味を知ろう

基本的に坂や道の夢というのは、あなたに「どこかへたどり着きたい意思」があることを示しています。

夢のイメージを広げていくことで、あなた自身が気付かなかったあなたの意志に気付くことができます。