爽やかな人の特徴まとめ。笑顔でハキハキとした清潔感がある人

最終更新日:2016年2月21日

爽やかと思われる人の特徴はほとんど同じであることが多く、逆に言えばそれらを取り入れることで爽やかな印象を与えることも可能です。

では具体的に爽やかな人と周囲に思われる人の特徴とは、どういったものなのでしょうか。

1.笑顔を欠かさない人

やはり爽やかと思われる特徴で初めに挙げられるものは笑顔でしょう。

初対面の人に対しても、店員さんのように関わりがあまりない人でも、笑顔を欠かさないでいる人は、周囲から爽やかと思われやすいです。

表情が硬い、笑顔が少ないという人は爽やかというイメージとは遠く、笑顔を取り入れることが必要となるでしょう。

誰に対しても笑顔、自然な笑顔であることが大事。

作り笑いや愛想笑いというのは、意外と見透かされてしまうものです。

心から笑っている印象を持たれると、爽やかな人だなという印象を受けることが多いでしょう。


2.清潔でキレイにしている人

爽やかな人の特徴でこれもまたよくあげられるもの、清潔感です。

身だしなみももちろんの事、自分の身の回りが整理整頓されているかも判断材料となります。

髪がぼさぼさ、服が汚れているといったマイナス面を持っていると、いくら笑顔がステキでも爽やかな印象が崩れてしまいます。

毎日洗濯した物を着る、身なりには最低限の気配りをするといった行動が必要となるでしょう。

また誰かと会う時だけ気を付けるといった場合には注意が必要。

どこで誰に会うか分からない状態でも、常に気を配って身だしなみを整えている人は、爽やかなイメージを崩しません。

外出する時には、誰かに会うかもしれないという意識を常に持つようにすると、自分も爽やかな人の仲間入りが出来るかもしれません。

3.話し方がハキハキしている人

爽やかな人の特徴は見た目だけではありません。

話し方でも爽やかと思われる場合が少なくないのです。

話し方がハキハキしている人、適度な声の大きさで耳障りにならないような口調の人、丁寧な言葉を意識している人。

こうした話し方一つにおいても印象を大きく左右するものです。

特に爽やかな人の特徴にはこのような面を自然に出している傾向があり、会話をする上で周囲に心地よいと思われるのが特徴。

相手の気分を害さない話し方であったり、相手の気持ちになって話すことが出来る人は、良い人というイメージに加えて爽やかと思われることが多いでしょう。

見た目だけではなく、接してみたら爽やかだと感じたという人もいます。

日頃の自分の話し方などを客観的に見てみることが必要でしょう。

柔らかな口調で尚且つ聞き取りやすいハキハキとした話し方を心がけることでも、爽やかな人に一歩近づけるかもしれません。


4.人の文句や陰口を絶対に言わない

爽やかな人の中で多く見られるのが、他人の事を悪く言ったり、陰口を叩かないという点です。

いくら信用している相手でもそこにいない人の文句を言ったりせず、また誰かが悪口を言っていてもそれに同調しないという強さを持っています。

自分は自分、他人は他人という意識が強いために、しっかりと自分を持っていると言えるでしょう。

そうした行動が、結果的には爽やかなイメージを持たれるのです。

女性の社会では、人の文句を言ったりその場にいない人の噂をするのが好きな人が結構見られるものですが、そうした人は爽やかとは無縁でしょう。

どこかで悪口を言っていた場合、遅かれ早かれ誰かの耳に入る物。

そうした悪い部分を見せない人こそ、爽やかな性格の持ち主と言えるでしょう。

そのために人が集まってきやすい人とも言えます。

5.子供やお年寄りに好かれる人

小さい子供相手でも、お年寄り相手でも、分け隔てなく接することが出来る為、その人達に好かれる傾向があります。

つい子供相手だと邪険にしたり、お年寄りとの会話は早く切り上げようとする人が多い中、人を年齢で差別しません。

そのため、よく話を聞いてくれる、よく遊んでくれるという印象を受け、好かれる傾向があります。

子供は純粋な目で人を見る、そしてお年寄りは長年の人生経験から人を見る為、本当に爽やかで優しさある人でなければ好きにならないでしょう。

同年代や同性だけでなく、年齢も問わず誰からも好かれる人は爽やかな人の特徴と言えるでしょう。

また、爽やかな人は周囲から嫌われることが少ないのも、こうした一面を持っている人であるからと言えるでしょう。

爽やかな人の特徴を知ろう

爽やかと言われると誰でも悪い気持ちはしないでしょう。

また、爽やかだと感じた人に対しては接しやすく、近寄りやすい感情を持てます。

どんな年齢においても性別においても、幅広く愛される人、それが爽やかな人の特徴と言えるのではないでしょうか。

もしあなた自身が爽やかだと思われたいのであれば、実行できるものから実践し、身につけるよう習慣化することが大切です。

周囲から爽やかだと思われることで、損することはまずないでしょう。

一度自分の身なりや行動を見直してみると良いでしょう。