社会人女性からの告白
   

社会人女性から男性へ告白をする適切なタイミングとは

告白をする・告白した最終更新日:2014年10月10日

社会人になると、学生時代に比べてお互いに恥じらいが出てくるせいか、
男女が2人きりになるシチュエーションが少し減ってきます。

そのため、女性サイドから「告白したい」と思っても、
タイミングを逃すと次のチャンスがいつ来るかがわかりません。

そこで、好きな男性に、どのタイミングで告白したら良いのかをご紹介します。

1.好きな男性と2人きりで残業になった時の帰り際に告白する

好きな男性と2人きりで残業をするというシチュエーションになったら、その時は告白のチャンスだと考えて良いでしょう。周りには誰もいませんし、1番ベストなシチュエーションかもしれません。

但し告白するタイミングは計算しましょう。

いくら2人きりであっても、仕事がひと段落するまでは我慢します。仕事中は彼もイライラしている可能性がありますから、その時に告白しても、好感度を下げてしまう可能性があります。

なので仕事がひと段落したら、帰り際に告白するのがオススメです。

2.週末の夜に電話をかけて告白する

好きな男性に直接面と向かって告白するのが恐い場合は、電話をかけるのも良いでしょう。

告白するのにベストな電話の時間帯は夜です。

平日の夜だと彼も疲れているかもしれませんので、
余裕を持って話を聞いてもらえそうな週末の夜がオススメです。

初めは関係のない雑談から始めて、話していくうちに緊張が解けたら、思い切って告白してみましょう。
夜は、男女のムードも盛り上がりやすい時間帯であるだけに、とてもオススメです。

3.食事に誘い、その席での終盤で告白する

「いきなり人のいない場所に呼び出して告白する」というのは学生の方法です。
社会人になったら、好きな男性に対しても、もっと堂々と行動してみて良いのです。

そのための方法としてまず好きな男性を食事に誘いましょう。

誘う時は友達同士で御飯を食べに行くというノリで構いません。但し2人きりであることが原則です。

そして、食事中は色々な話をして気持ちを和ませましょう。

心の準備ができたら、食事の席の終盤あたりに告白するのが良いでしょう。
その際「この話でいきなり呼び出しちゃってゴメンね」とひと言付け足すと、心遣いも一緒に伝わります。

社会人の告白は冷静に落ち着いて

社会人になったら、好きな男性と2人きりになったり告白したりする時も、照れすぎては気持ちが伝わりません。

告白する前振り段階で彼とゆっくり話をし、
心を落ち着けて相手に向き合って告白しましょう。その冷静さを保てれば気持ちはまっすぐ伝わるはずです。

 

    「社会人女性から男性へ告白をする適切なタイミングとは」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。