写真撮影で顔の一部を隠す人の心理とは。なぜ輪郭や口元などを隠して撮るのか

人の特徴最終更新日:2018年4月27日

みんなで写真を撮る時には、どのように写ろうとするでしょうか。

一番前に出て写る人もいれば、後ろの方で写ることを避ける人もいることでしょう。

この他にも、写真に写る際には、顔の一部だけを隠そうとする人もいます。

では、このような人は、どうして顔の一部を隠しているのでしょうか。

今回は、写真を撮る時に顔の一部を隠す人の心理をご紹介します。

1.あまり写真に写りたくない

写真を撮る時に顔の一部を隠す人の心理として、あまり写真に写りたくないと考えています。

写真に撮られることを好きな人もいれば嫌いな人もおり、誰もが写りたいとは限りません。

しかし、せっかくの思い出なので写真に写らないわけにもいかず、どうしようかと考えた結果、顔の一部を隠して写ろうと考えることにつながるのです。

このように顔の一部を隠して写る理由としては、恥ずかしいと考えている人が多くいるためです。

写真はいろいろな人に見られる可能性があるために、写真写りを気にしなければなりません。

しかし、いつもキレイに写ることができるかといえばそうではなく、写真に撮られることを恥ずかしく思ったり、キレイに撮れないからやめてほしいと思うのです。

このように、写真を撮るときに顔の一部を隠すのは、あまり写真に写りたくないからです。

2.よりキレイに写りたいから

写真を撮る時に顔の一部を隠す人の心理として、よりキレイに写りたいからだといえます。

写真を撮る時に顔の一部を隠そうとする人は多いのですが、それは全面を写すときよりも、一部分だけ写したほうが写真映えする時が多いためです。

普段でも、マスクをしているときとしていない人の顔の差を目にすることも多く、写真でもそのことは変わりません。

よりキレイに写るためには、顔の一部を隠すことが大切だと知っているのです。

また、このような理由で顔の一部を隠す人は、自分のもっともキレイな写り方を知っています。

自撮りなどをする人に多く、どんな角度を撮るのか、自分のどの部分がコンプレックスなのか、などを非常によく理解しています。

このような研究の結果、自分の一番キレイに移ることができる写り方を探し出しており、写真を撮る時に顔の一部を隠すのは、キレイに写るための努力の証でもあります。

3.自分の顔に自信がない

写真を撮る時に顔の一部を隠す人の心理として、自分の顔に自信がないといえます。

やはり、自分の顔に自信がない人は写真に写りたくないという気持ちが強く、出来る限り映らないような方法を考えます。

しかし、写真に写らなければならない場面もかならず来るわけであり、この時に自分の顔をできるだけ見せないようにしたいと考えてしまいます。

その結果、顔の一部を隠すことになり、自信の無さが現れています。

また、このような人に多いのは、他に人がいるのであれば、その人に隠れようとすることです。

前の人と被ったから写真にうまく入ることができなかったように見せかけ、自分の顔が隠れていても別におかしくない状況を作ろうとします。

このように、写真を取る時に顔の一部を隠すのは、自分の顔に自信がないからであり、自然に隠すことができるように努力していることが多いのです。

4.プライバシーの観点から隠している

写真を撮る時に顔の一部を隠す人の心理として、プライバシーの観点から顔を隠すようにしています。

現代はSNSも広まっており、写真をより多くの人に見られる機会が増えてきました。

そうすると、プライバシーについては以前よりも気にかける必要があり、顔を隠すのはプライバシーを守るための一つの方法です。

このように、写真を撮る時に顔の一部を隠すのはプライバシーを守るためであり、誰に見られても大丈夫なように、しっかりと自己防衛をしています。

また、このような理由で顔の一部を隠す人は、自分だとわからないように写ろうとしています。

知っている人が見れば誰かわかるけど、知らない人であればどんな顔をしているのかわからない、といったギリギリのLINEで写真に写っているのです。

これはSNSにあげても大丈夫なように努力しているのであり、現代のネット社会にうまく対応していった形だといえるでしょう。

このように、写真を撮る時に顔の一部を隠すのはプライバシーを守るためであり、インターネット上に写真が上がっても、身バレしないような配慮をしています。

写真を撮る時に顔の一部を隠す人の心理を知ろう

写真を撮る時に顔の一部を隠す人の心理として、あまり写りたくないと考えている人も多くいるからです。

誰もが写真に写りたいわけではなく、なかには苦手という人も大多数います。

そのような人は顔の一部を隠すことで、写っているけど写らない状況を作り出しています。

その一方で、自分がキレイに写るために、顔の一部を隠す人も大勢います。

写真にどうやって写りたいかは人それぞれですが、周囲の評判を気にしてしまう人は、自分の顔の一部を隠してしまう傾向にあります。

 

    「写真撮影で顔の一部を隠す人の心理とは。なぜ輪郭や口元などを隠して撮るのか」への感想コメント一覧

  1. 1. baby2018/05/07(月) 15:33

    基本的に日本人は恥ずかしがりやです。人は誰しも、自分の顔に不満を持っていると思います。だから、隠したいのです。それが、貴方の顔だから、不満を持たず隠さない方が良いと思います。もっと自分に、自信を持って下さい。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/05/22(火) 12:14

    私も口元(歯並び)にコンプレックスがあって、あまり写真にはうつりたくないし、部分的に隠したくなります。なのでそういった人の気持ちよくわかります。

  3. 3. ゴリラー2018/09/06(木) 13:54

    私もよく顔を隠してしまうので、全くだと思いました。

  4. 4. 名無しのイケジョさん2019/04/21(日) 18:44

    自信がないなら載せなければいいのに、なぜ一部を隠してまで女性は自撮りを載せたがるのでしょう?
    一部だけ隠されても正直どう反応したらいいのかわかりません。

この記事への感想を書く