タイピングが早い人の特徴とは

最終更新日:2017年5月8日

仕事やレポートなど、いくつになってもパソコンを使う機会は多くあります。

そんななかでも、タイピングの速いは重要なものの1つだともいえます。

タイピングがはやければ作業も早く終わらせることができ、効率の良い作業を行えることでしょう。

では、タイピングの速い人にはどんな特徴があるのでしょうか。

今回は、タイピングの速い人の特徴をご紹介します。

1.キーボードの位置を覚えている

タイピングが速い人のほとんどは、キーボードの位置を覚えています。

キーボードの位置を覚えているので、確認する時間がほとんどなく、タイピングの速度があがると言えるでしょう。

また、場合によってはキーボードを見なくても打つことができるひともおり、そのような人もタイピングが速いといえます。

もし、タイピングをする度にキーボードの位置を確認してしまっては、タイピングの速度は非常に遅くなってしまいます。

打ちたい文字のキーボードの位置を探し、1つずつキーを叩いていると、タイピングの速い人の差は明らかだといえるでしょう。

このように、タイピングが速い人はキーボードの位置を覚えています。

場合によっては、キーボードを見なくても打つことができるので、画面を見ることだけに集中し、誤字があってもすぐに直すことができます。

キーボードを注視していると画面の誤字に気づかない場合もあるので、キーボードを見ずに打てる人は、とてもタイピングが速いといえるでしょう。

2.文章を考える速度が早い

タイピングの速い人の特徴として、文章を考える速度が早いといえます。

タイピング練習などであれば文章があらかじめ決まっており、その文章を打つだけで問題ありません。

しかし、実際の場面では文章が決まっていることは少なく、自分で文章を考えて打つことが必要になります。

例えば、学校のレポートなどでは正解の文章がないため、打ち込みたい文章は自分で考えなければなりません。

いくらタイピングの速度が速い場合でも、文章を考える時間がかかりすぎると、一文字も打つことができないでしょう。

そのため、文章を考える力もタイピングには必要になります。

このように、文章を考える速度が速い人は、タイピングが速い人であることが多くあります。

文章を考える力と考えた文章を打ち込む力の両方が必要になるので、非常に難しいといえるでしょう。

しかし、実際の場面でタイピングが速いと言われるためには必要な能力であり、例文以外の文章でもタイピングできる能力が必要です。

3.メールなどをやり取りする頻度が多い

メールなどの文章をやり取りする人は、タイピングが速いといえます。

特にパソコンを使ってメールを送る人ほど速いといえるでしょう。

近年ではスマートフォンなどを使用する人が多く、連絡もLINEで済ますことも多いといえます。

そのような人はパソコンを使う機会は少なく、メールなどを打つ機会もありません。

結果として、パソコンを使う頻度事態が少ないので、タイピングの能力は向上せず、タイピングが速い人になることはできません。

一方、仕事などでメールをやり取りする事が多い人は、タイピングが早い場合がよくあります。

仕事であれば毎日メールを送り、また、たくさんの人とメールをやり取りします。

仕事には速度が大事になるので、メールを送る速度も早くすることが必要になるでしょう。

このような環境に身をおいている人は、自然とタイピングが早くなっていき、メールなどの文章を簡単に、素早く送る力が身につくのです。

このように、メールなどをやり取りする頻度が多い人は、タイピングの速度が速い人が多くいます。

最初の速度はゆっくりだったかもしれませんが、仕事などで毎日メールを使用することで、自然とタイピングの速度がはやくなっていくことでしょう。

4.集中力がある

集中力がある人は、タイピングの速度が速い人だといえます。

キーボードを長時間打つことは集中力が必要であり、文章を考えながらタイピングすることは非常に大変です。

そんななか、集中力があり、パソコンと向き合うことができる人は、タイピングの速度が速い人が多いといえるでしょう。

また、集中力が少ない人は、誤字や脱字も多くなってしまいます。

文章を打つ度に誤字があると修正が必要であり、結果としてタイピングの速度が遅い人になってしまいます。

仮にキーボードを打つ速度は人より速いといえる場合でも、文章がおかしいものであったり、誤字が多いものであれば、タイピングが速いとはいい切れません。

このように、集中力がある人は、タイピングが速い人だといえます。

長時間パソコンと向き合っても集中できる力こそが、タイピングに必要な力かもしれませんね。

タイピングを早くするには練習が必要

タイピングを早くしたいのであれば、練習することが1番です。

最初からタイピングが早い人は少なく、誰もが練習を重ねてきました。

タイピングもスポーツのように、体を動かす作業です。

何度も練習を重ねることで、タイピングを早くすることはできるといえます。