失恋した夢の意味とは【夢占い】恋愛に変化が来る前兆かも

最終更新日:2016年9月18日

失恋をしてしまう夢を見て「失恋をする夢を見るなんて、一体これはどういう意味なんだろう?」と気になったことがある女性は多いのではないでしょうか。

そこで、失恋をした夢を見た時の意味や深層心理についてご紹介します。

1.今の恋愛が不安

失恋をしてしまう夢は、今の恋愛に自分が不安を持っている深層心理を表しています。

片思いをしている時はなかなか男性との距離を縮めることができずに「本当に自分はこのままでいいのだろうか、このまま両思いになることができないんじゃないか」と不安になっていて、それがそのまま夢に出てしまっているのです。

両思いの方は、二人の付き合いがマンネリ化していて「私は本当に彼氏が好きなんだろうか、彼氏は私を好きなんだろうか」と不安になっている状態を表しています。

これからの二人のために、マンネリを脱出することを考えましょう。


2.彼氏がいるのに別の男性が気になっている

今の彼氏に振られている夢を見た時は、別の男性が気になっているという深層心理を表している事があります。

その男性の方に気持ちが傾いているので、彼氏に振られる事で気兼ねなく気になる男性と恋愛をしたいと心の奥底で思っているのです。

彼氏がいるのに別の男性が気になる時は、本当にそれでいいのかよく考えましょう。

今の彼氏とはお互い好きになったので付き合っているばずです。

一時の気の迷いで彼氏を振ってしまった時に、彼氏を失った後でやっぱり男性ではなく彼氏が好きだったと気づく事もあります。

気づいた後は男性と彼氏それぞれに別の彼女ができてしまうと自分は全てを失ってしまいます。

よく考えた上でそれでも自分は彼氏よりも男性が好き、振られても後悔はしないと思うなら彼氏に全てを打ち明けましょう。

少しでも「やっぱり私は彼氏が好き、男性は気になるけど彼氏を振ったら後悔するかも」と思ったら男性の事は一時の気の迷いと言う事にしてキレイサッパリ忘れるようにしましょう。


3.彼氏にフラれてしまうのではないかと思っている

今の彼氏にフラれてしまう夢を見ている時は、その夢の通り「自分はいつか彼氏に振られてしまうのではないか」と思って怖くなっている深層心理を表しています。

彼氏の事を本当に大好きなので、振られてしまう事が心底恐ろしいのです。

ずっとこの事ばかり考えているので、同じ夢を何度も見てしまう事もあります。

また、この夢を見た時は何かが原因で自分自身に失望していたり、極端に自分に自信が無いことを表しています。

「こんな自分は彼氏に振られてしまう」と恐怖を感じています。

自分に自信を持つために一番いい方法は、素直に大好きな彼氏に相談をして「君が好きだよ」と言ってもらうことです。

ホッと安心するのでメンタルが安定し「自分は愛されているから大丈夫」と自信を取り戻すことができます。

また、彼氏に頼ってばかりではなく自分自身でも努力することも忘れないようにしましょう。

自分に自信を取り戻すことで失恋をする夢をいつの間にか見なくなります。


4.友達が失恋している夢は友達を失う怖さを表す

友達が失恋している夢は「友達の彼氏に大事な友達を取られてしまう」と思っている深層心理を表しています。

彼氏ができると、友達は彼氏を優先するようになるので、どうしても遊ぶ機会が少なくなってしまいます。

友達が失恋する事で今の関係が続くので、心の奥底で「自分は友達ともっと仲良くなりたい、彼氏ができて欲しくない」と思っているのです。

友達が恋愛をしていて、思いが実りそうな雰囲気なら、友達なら彼氏ができても多少遊ぶ時間が減るかもしれませんが、その恋を応援してあげましょう。

本当に仲の良い友達ならお互い彼氏ができてもずっと友達でいることができるはずです。

そして友達の幸せを応援できないようでは友達失格です。

寂しい気持ちは分かりますが、友達の恋を暖かく見守ってあげましょう。

そうすることで友達も「本当にこの友達は自分の幸せを応援してくれているんだ」と嬉しくなり、ますます仲良くなるので一生の友達になることができます。


5.好きな人が失恋をしている夢は自分に振り向いて欲しい願望

好きな人が失恋をしている夢を見た時は、夢の通り好きな人が誰かにフラれることで自分に振り向いて欲しいと思っている深層心理を表しています。

この夢は、好きな人に別の好きな人がいる事が分かっている時に見る人が多いです。

好きな人が失恋をしている夢を見るほどその人の事を好きなら、諦めずにアプローチを続けてみましょう。

好きな人がまだ両思いになってしないのならアプローチ次第でまだチャンスはあります。

最後まで諦めずに頑張りましょう。

失恋した夢の意味を知ろう

失恋をした夢を見た時の意味や深層心理についてご紹介しました。

失恋という悲しい夢は、自分の深層心理をはっきりと表していることが多くなります。

ですので「自分は気づかなかったけど、本当はこう思っていたのか」と分かることもあります。

自分の深層心理を知ることで、色々対処することができるので上記を参考に自分が見た夢をしっかりと覚えておいて、自分の本当の心の声に耳を傾けてみましょう。