顔にブツブツができる夢の意味や深層心理とは

最終更新日:2016年2月23日

いきなり顔にブツブツができる夢を見るというのは、女性にとっては非常に気分が悪くなる夢です。

しかしこの過激な夢も、心の奥底にある大事なメッセージを伝えようとしてくれています。

ですので、「気持ち悪い」のひと言では片付けられない夢でもあります。

そこで、「顔にブツブツができる」という夢が持っている意味についてご紹介します。

1.顔にできるブツブツは、「苦手なもの」「生理的に嫌いなもの」の象徴

夢の中で顔にできてしまったブツブツは、「苦手なもの」「生理的に嫌いなもの」を象徴すると言われています。

現実生活の中でも、顔にブツブツができしまったら、誰でも落ち込みます。

そんな「嫌だ」という潜在意識が、象徴的に夢の中に表れてくるのです。

ただ、夢の中で顔にブツブツができてしまった時、「顔のブツブツそのもの」よりも、「自分は潜在的に、何を嫌っているのか」を読み取ることが大切です。

もしかしたら、自分が気づかないうちに、心の奥底で「心底嫌だ」と強く感じている事柄があるかもしれません。

顔にブツブツができる夢を見たら、それをきっかけに、「自分の心の奥底で引っかかっている何か」を見つけるように意識することが大切です。


2.不平不満が溜まっていると、吹き出物や湿疹ができる夢を見る

現実生活でも、吹き出物や湿疹は、ストレスが溜まっていたり、生活が乱れて体内に毒素が溜まっている時にできます。

夢の中でも同じです。

吹き出物や湿疹ができる夢を見た場合、「心の名kに毒素が溜まっている」というメッセージであることがよくあります。

1番考えられるケースとしては、「心の中に、不平不満が溜まっている」という状況です。

「本当は不平不満を言いたくてたまらないのに、心の中にずっと溜め込んでしまっている」という時、それが夢の中で、顔のブツブツとなって出てきてしまうのです。

この夢を見たら、「何か心に溜め込んでいるストレスはないだろうか」と、冷静に分析し、解決に努めることが大切です。

時間を作り、しっかりと自分の心の本音と向き合ってみてください。


3.現実生活で目障りな人がいる場合、ニキビができる夢を見る

ニキビとは、「できることならあってほしくない、目障りなもの」です。

夢の中でニキビがたくさん顔にできてしまったら、「夢の中で、目障りなものが顕在化した」と解釈します。

例えば、実生活の中でのストレスの原因になっている人がいたり、仕事や恋愛で足を引っ張って来る人がいた場合、顔にニキビができる夢を見ることがよくあります。

この夢を見た場合、「嫌だ」と感じている人との付き合い方を見直すべき時期であると考えましょう。

できるだけストレスを少なくしながら、嫌いな人と付き合うにはどうしたら良いかを冷静に考えることが必要であると、この夢は伝えてきています。

「相手に失礼にならないように」という前提はありますが、この夢を見たら、「自分を守りながら、そして、自分の本音を言いながら、苦手な人と接していく」ということを意識しましょう


4.自分を卑下したり、自分を大切にしていない時、顔にブツブツができる夢を見る

「どうせ自分なんて」が口癖になっていたり、人と自分を比べては落ち込んでいたりする時、顔にブツブツができる夢を見ることがあります。

夢に出てくる顔のブツブツは、「苦手なもの」「嫌なもの」の象徴であるため、自分で自分を嫌いになっている時も、この夢を見ることがあります。

自分自身から嫌われてしまった自分が、「助けてほしい」と悲鳴を上げているというメッセージでもあるので、早い段階で自分の心と向き合う必要があります。

現実生活の中で自尊心をなくしてしまっていると、この夢を見ることが多いと言われています。

自分を卑下する癖があったり、自分のことよりも他人を優先してばかりいたりすると、この夢を見続けます。

ですのでこの夢を見てしまったら、まず自分を肯定し、好きになるように努めることが大切です。


5.顔にできたブツブツは「手離すべき何か」という意味も持っている

夢の中で顔にできたブツブツは、「自分にとっての良くないもの」、即ち、「自分にとってはマイナスの影響しかないので、手離すべきもの」であるとも解釈できます。

これから来る人生の転機のために、今手離しておくべきものがあるということを、この夢が伝えているということもあります。

そのため、この夢を見たら、自分の身の周りを再点検し、自分にとって不必要になったものを手離すようにすると良いでしょう。

それは物かもしれないし、仕事かもしれないし、人間関係かもしれません。

これから自分が次の段階に進むために、足を引っ張りそうな「不必要な何か」とは何なのかを見極め、勇気を出して手離しましょう。

顔にブツブツができる夢は何かのしこりがある状態

顔にブツブツができる夢を見た場合、解釈はいくつかあるものの、「今現在、自分の心の中に何かしこりがある」という事実は間違いありません。

そのため、そのことに目をつぶらず、心のしこりを取り除くように努めることが大切です。

心がすっきりしたら、このような夢は見なくなります。

この夢を見た後、自分の心の整理を完全に終えたら、確実に次のステージへと進みます。

そのためこの夢は、「努力さえすれば、新しい世界へ行ける」という前触れを表すとも解釈できます。