嫉妬深い人の特徴。嫉妬を起こさないよう気をつけよう

最終更新日:2016年2月21日

嫉妬心は人間なら誰でも持っている感情と言われていますが、その深さには個人差があるものです。

嫉妬深い人を注意深く見ていると、ある共通の特徴があることを知っていますか?

今回は、嫉妬深い人の特徴についてご紹介します。

1.他人と自分の線引きができていない

まず、自分よりも優れている人に対して嫉妬しやすい人は、自分は自分、他人は他人という考えを持っていないことが多いです。

他人が得られるものは自分も得られて当然という気持ちが強いため、自分だけが得られないというジレンマが、嫉妬心となって表れるのです。

例えば、自分よりも努力したからこそ評価されたり、地位や名声を得られた人がいても、自分がその努力をしていないのだから、嫉妬するのは筋違いです。

ですが、嫉妬深い人は、その結果を得るまでの過程を無視し、結果の差だけを見て相手を妬んでしまうのです。

また、生まれた家や育った環境の違いで立場に差が生じたとしても、それは嫉妬したって仕方が無いと理解できますよね。

しかし、嫉妬心が起こりやすい人は、その「仕方が無い」の理屈を理解できず、自分よりも恵まれている人に対し、すぐさま嫉妬してしまい、理性がそのマイナス感情に飲み込まれてしまうのです。

こんな考え方は、全て自分と他人との線引きができていないことから生じるもので、自分と他人との違いに目を向けられないことから、立場をわきまえず何にでも嫉妬してしまうのです。


2.人を羨む気持ちがマイナスに向きやすい

また、嫉妬深い人は、人に対する「羨ましい」という気持ちが強すぎるため、その満たされない感情の行き場が無くなり、嫉妬心として表面に出てしまいます。

この「羨ましい」の気持ちをバネにして、自分もそうなりたいという向上心に置き換えて努力できる人ならまだいいけれど、そんな努力はせず、出る杭を打つことにしか意識が回らない、ネガティブな性格の持ち主でもあります。

例えば、自分の好きな人が別な女性と仲良くしているのを見たら、自分もアプローチを重ねて振り向いてもらえる努力をするのが恋愛の正攻法ですが、嫉妬深い人は、その「嫉妬」というマイナスのエネルギーを、ライバルの女性にぶつけてしまいがちです。

例えば、妬みが募ってその女性の悪口を言ったり、ひどい場合は、直接嫌がらせをしたりする場合も。

こんな性格の悪い女だと思われては、彼も自分に良い印象を抱かないのは考えればわかることですが、そんなことが頭になくなるくらい、嫉妬の炎に心を支配されてしまうのです。


3.感情豊かである

ですが、嫉妬心が強い人は、ある意味感性豊かだという見方もできます。

それは、理性でセーブしきれない強い感情を持っているということだからです。

もちろん、嫉妬深くて良いことは何一つありませんが、それだけ感情のままに行動できるということは、いい大人になったら、敢えてそうしたくても、なかなかできないことです。

大人になると、感情よりも先に理性が働き、自分の欲求や感情の乱れを表に出さないようになりますが、嫉妬深いということは、感情の方が何より勝るということです。

こんな感性を持つ人は、社会人としては少々厄介ですが、芸術的な分野では、下手に理性的な考え方をする人よりも、実力を発揮しやすかったりします。


4.大事なものを失う恐怖心が強い

嫉妬の中でも、特に自分の恋人の周辺にあるものに嫉妬しやすい人は、常に恋人を失う恐怖心を胸に抱いていることが多いです。

例えばちょっとした飲み会で彼が遅くなったり、女友達から連絡が来ると嫉妬心が抑えられなくなるという人は、こんな深層心理を抱えているのではないでしょうか。

彼の気持ちを心から信用しきれず、他の誘惑に心を持っていかれるのではないかという恐怖に怯え、そのために彼を束縛してしまったり、尋問してしまったり。

このような行動は、彼を逃がしたくないという気持ちが歪んで、彼の本意を無視して縛り付けることでしか安心できなくなってしまっているのです。

こんな嫉妬深さは、せっかく自分を愛してくれている彼の気持ちを蔑ろにすることに繋がり、信頼関係が築けず、恋が長続きしない原因になります。


5.目先のことに目を奪われ過ぎる

これまでご紹介した全てに共通することが、目先の自分の感情に囚われ過ぎるということ。

嫉妬心が発生するのは避けられないこととは言え、それに心を支配される前に、理性的に考えるようにして、心をなだめることができるのが普通です。

しかし、嫉妬深い性質を持つ人は、その嫉妬心を抑えようとしないため、結果的に自分のマイナスに繋がる言動や行動をしてしまったりします。

目先の嫉妬心に踊らされて、長い目で見た自分の立場や、周囲との関係が目に入らなくなってしまっている状態になっているのですね。

このように、あまりに嫉妬深いと、自分で自分の首を絞めることにも繋がってしまうのです。

嫉妬深いことはデメリットが多いことを認識しておこう

嫉妬深い人の特徴として、5つをご紹介しました。

あなたは嫉妬深い方ですか?もしそうなら、今回ご紹介した内容からわかる通り、嫉妬深さにはあまりメリットが無いことを覚えておいた方が良いでしょう。

自分の嫉妬心を抑える術を、自分なりに開発してみてはいかがでしょうか。