スヌードのオシャレな巻き方。様々なシーンで使える万能アイテム

ファッション 日々の生活 自分磨き最終更新日:2015年4月22日

すっぽりと被るだけで首元が暖かく顔周りが華やかになるスヌードは優秀アイテムですね。
是非一枚はっもっておきたいアイテムですが、巻き方がいつも同じになっていませんか。
そのままでも充分オシャレなのですが、みんなと違う巻き方で差をつけてオシャレ上級者になっちゃいましょう。

1.一重巻と二重巻きの幅を変える

スヌードはすっぽり被るのが基本ですが、長さがあるものは輪を二重に巻く事で首元にボリュームが出るので小顔効果も期待できます。
みんなと違う印象を簡単に与えるには、巻き方ではなく幅も変えてみましょう。

幅を二つ折り、三つ折りにする事で首の後ろ部分がスッキリさせる事が出来、前側の垂れた部分だけにボリュームを作る事が出来ます。
首元の華奢な印象を出したいアップスタイルのヘアアレンジやキッチリ感とエレガントさの両方を出したい時には特にオススメの巻き方です。

コート等のアウターから見えるドレープの数も増えるので、より華やかに見えます。

2.ベルトに挟む

ウエスト位置辺りまでの長さがあるスヌードに使える巻き方です。
首にスヌードをかけ、前側に垂れた部分の下側を広げるようにしてベルトに下から挟み込んでいきます。

この時動きの妨げにならない様に、ゆったりと生地に余裕が出るよう少しだけ挟むのがコツです。
前側から見るとベストを一枚羽織ったようにも見せられます。

ドレープの動きはありますが動いてもぶら下がらないので生地を汚れにくく、スムーズに動けるのでアクティブなシーンに使えるので便利です。

3.カラーゴムやシュシュで留める

シンプルなコートや無地のスヌードをおしゃれに見せる巻き方です。
首に通したスヌードの前側の垂れている部分を左右重ねて、お気に入りのシュシュや可愛いカラーゴム等に通して自分の好きな位置で留めてしまいましょう。

アウターで隠れてしまうアクセサリーの代わりに、ビジュー等が付いたもので飾るとゴージャスなアクセントになります。
また、1つだけでなく複数付けてみたり色を変えてみるのも印象が変わります。

反対色や差し色のシュシュやカラーゴムだと、重く見えがちな冬の服装もスッキリとした印象に見せられます。

4.ドレープ巻きとブローチ

短め~長めのスヌードに使える巻き方です。
首にスヌードをかけ、首から遠い位置のスヌードの端をつまみながらドレープを作るようにくるくると巻きます。

巻き終わりがほどけないように、ブローチやコサージュ等で留めます。
ドレープが沢山出来るのでエレガントな印象が増し、ブローチやコサージュで華やかさが加えられます。

ドレープ部分で厚みが増すので保温効果も高まるのも嬉しいです。

5.止め結び巻き

中~長めので使える巻き方で、ネクタイ風に見えるアクセントになります。
首にスヌードをかけ、垂れた部分だけで止め結びをします。

シンプルな結び方ですが、スヌードは使いたいけど首元だけボリュームを抑えたい時に使える結び方です。
折って幅を変えることで更に印象が変わります。

縦のラインが強調されるので、スマートな印象を作る効果があります。

6.ベスト風に着る

幅広の中~長めのスヌードでの巻き方です。

中程度の長さならボレロのようになり、長さがあるとベストのように着ることが出来ます。

背中でクロスするようにし、輪の部分をそれぞれ腕に通して布地を広げて整えます。
首元は襟のように折っても立て襟の様にしても良いです。

肩口を温められる巻き方ですので、急な天候変化等に使えて便利です。

7.カシュクールベスト風巻き方

もう一つ長めのスヌードを着る巻き方をご紹介します。
浮き輪のように胴に通し、背中に輪があたるように持ちます。

前部分を90度ひねり、輪を首に通しかけます。
前面のドレープを整えて出来上がりです。

ドレープがエレガントなカシュクールベストの様に着ることが出来ます。
腰部分に布地があるので、首だけでなく腰も温められるのでより保温効果も高いです。

8.フードのようにスヌードを被る巻き方

短め~長めのスヌードで使える巻き方です。
輪を首に通し後ろから頭に布地を被るだけです。
パーカーのような雰囲気になるので、カジュアルな服装のアクセントや簡単にカジュアルダウンさせたい時に便利です。

前部分はそのまま垂らしても良いですが、首元にゆったりと巻きつけるとエキゾチックな印象になります。

また、垂れた部分をねじりながら巻きつけると、フード部分と同じ布地なのに違ったアイテムの様に見せる事が出来ます。
首元と頭をしっかり覆う事が出来、布幅を広げれば肩口までカバー出来るので保温性も抜群です。

スヌードはファッションの万能アイテム

一枚からこんなに違った巻き方やアレンジの出来るスヌードは、色々なシーンで活躍してくれる万能アイテムです。
上記に紹介した巻き方以外にも、リバーシブルや柄物を活かしたアレンジ・マフラーやストールの巻き方も参考に出来ますので是非オリジナルの巻き方を発見してみてください。

 

    「スヌードのオシャレな巻き方。様々なシーンで使える万能アイテム」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/06/06(水) 20:26

    肌寒い季節や、夏でも空調のキツイところに行くと、体温調節できるので活躍しますよね。ベルトにはさむのはオシャレなので、やってみたいと思いました。

この記事への感想を書く