とろみ素材とは。2015年最新流行のとろみ素材を知ろう

最終更新日:2015年8月24日

とろんとした落ち感に、ゆったりとしたシルエット。

女性の体型をより女性らしく見せてくれる「とろみ素材のファッション」がトレンドとなっています。

すでにデパートやショップのウィンドウディスプレイも秋冬物に入れ替わっているようですが、とろみ素材のファッションは変わらず人気アイテムになりそうな予感です。

ではとろみ素材とは一体どんなものなのでしょうか。

1.キュプラやレーヨン、ポリエステルなどの柔らかい素材

テロンとした落ち感や透け間があり、流れるようなラインが出るけれど、体にぴたっと沿わないような素材をとろみ素材と表現することが多いようです。

何よりも着心地も見た目も「フェミニンで柔らかそう」という印象のものであることが重要です。

この秋冬はプチプラファッション界でもポリエステルやレーヨン素材のブラウスが沢山発売されています。

ポリエステルはお手入れも簡単ですが、あまり安っぽいテカテカしたポリエステルですと、肝心の「柔らかさ」や女性らしい「エアリー感」が出づらくなってしまいます。

ある程度質のいいものやテカテカしない色を選ぶことが重要そうですね。

逆にレーヨンやキュプラはお洗濯に注意が必要な素材でもあります。

また、この手の素材は体にはぴたっと沿わないですが、体の動きによって揺れて下着のラインなどを拾うこともあります。

レースや凹凸のあるデザインの下着は避けたほうがよいでしょう。

また透け感のある素材でもありますから、下着やキャミソールの色にも注意しましょう。


2.女性らしい上品さが演出できる素材

同じような形のブラウスでも、100%コットン素材のものだと、どうしてもカジュアルになったり、マニッシュになったりしがちですが、とろみ素材をつかったテロンとした柔らかい素材に変えるだけで、とても女性らしい雰囲気に変わることが出来ます。

ボトムスも同じで、素材次第ではカチっとしてしまうものも、とろみがあり、優しいドレープが出る素材を選べばフェミニンでドレッシーに女性らしくパンツやスカートを履きこなすことが出来るでしょう。

そして、とろみ素材はアクセサリーに頼らなくても上品な印象を与えることが出来るとても便利な素材です。

体のラインを出さないことが下品にならない原因のひとつかもしれません。

男性から見ても、思いっきり体のラインや胸のふくらみが見えるよりも、テロンとしたとろみ素材の服の中でゆらっと動く女性の姿からスタイルを想像する方がドキドキするという意見も。

合コンや出会いの場にもセクシーすぎないとろみ素材の服はオススメです。


3.クタっとしていて、こなれ感が簡単に出せる素材

とろみ素材の服はハリがなく、クタっとしていることが特徴です。

ただ着るだけで、縦にドレープが入ることで縦のラインを強調することが出来すので着やせ効果もあるようです。

そしてストンと落ちる素材感で体を華奢に見せることが出来、スタイルもよく見せることが可能な女性には嬉しい素材の一つです。

今年大流行した、トップスの前部分だけをボトムスにINしてふわっとさせ、襟部分は少し後ろに抜いて着るシャツスタイルもこの素材でしたら簡単に決まります。

袖をロールアップさせて、少し腕まくりをするだけで上品な大人のこなれ感を演出することも出来る便利な素材とも言えます。

この「こなれ感」も今年のファッションを語る際にはずせない用語です。

これは頑張って気合が入っているわけでもないのに、さらっと無理なく洋服を着こなしている状態を言います。

とろみ素材であれば、洋服を「さらっと着こなしている」感を簡単に出すことが出来るのです。


4.高級感やきちんと感が出せる素材

とろみ素材は、ニットやコットンと違い、起毛感がなく、さらっとテロっとしているものはカジュアル感が出にくく、きちんと感が出る便利な素材です。

シワになりにくく、洗濯後のケアも楽なのに、ちゃんとした服を着ているという印象を相手に持たせることが出来るので働く女性の強い味方になってくれます。

とろみ素材のワンピースは、ケアも楽だし、動きやすく、軽く着心地も良いのに、とてもおしゃれをしているようにも見えるのでフォーマルな場や、夜の会食などにもオススメです。

きちんと感が出るわりには、比較的安価で手に入るチャンスが多いのもこの素材の特徴と言えるでしょう。

合コンや結婚式の2次会用にも使える素材ですので、普段にもフォーマルにも使えるようなシンプルなデザインのとろみ素材ワンピースを一着持っていると重宝すること間違いありません。

とろみ素材の洋服でオシャレに差をつけよう

そろそろ厳しかった夏も終わり、日も短くなってきました。

おしゃれな女性であればそろそろヘアメイクアイテムやクローゼットの中を秋仕様に一新させたい時期でもあるでしょう。

でもまだまだ日中は日差しもあるし、暑い・・・ウールやツイードはまだ早いし・・・・と悩ましい今の時期こそ、薄手で着心地もよく、さらっと着られるとろみ素材の服が活躍します。

是非、モカブラウンやカーキ、スモーキーピンクや、バーガンディーなどの秋色のとろみ素材のブラウスやスカートをチェックしてみてください。

色を変えれば一年中活躍するのがとろみ素材の洋服の長所です。