ストールの正しい巻き方まとめ。オシャレなストールの巻き方を学ぼう

最終更新日:2015年5月3日

1今やファッションコーディネートにはなくてはならないストールですが、巻き方がよく分からず、とりあえず首にグルッと巻いているだけの人も多いのではないでしょうか。
実は色々な巻き方があるので、ストールの巻き方についてご紹介します。

1.お洒落重視の巻き方

一番最初にマスターしたいのが、お洒落に見えるストールの巻き方です。
①肩に片方のストールを掛ける巻き方
片方が長くなるようにストールを肩に掛け、長い方のストールを反対側の肩に掛ける。
ただこれだけですが、ストールがアクセントになってお洒落に見えます。

②シンプルノット
ストールを首に掛け、片側のストールを1回結びます。この時結び目をふんわり胸元に作りましょう。反対側の端を結び目に入れ、両側の端の長さが同じになるように引っ張りながら調整します。
男性のネクタイを結ぶような要領です。縦長ラインになるので、すっきりお洒落に見えます。

③ねじり巻き
ストールを縦に半分に折り、輪を作って輪の中にストールの端を通します。輪に通したストールの端2本を1本ずつに分け、左側のストールの端は左側の輪に上から巻き込み、右側のストールの端は右側の輪に下から巻き込んでいきます。
シャツスタイルや首元が開いた洋服にピッタリのお洒落な巻き方です。

④ひとつ結び巻き
ストールを首に掛け、片側を少しだけ長めにし、長い方をもう片方に引っ掛けてお腹辺りでひとつに結びます。両端を引っ張り形を整えます。
リラックスした雰囲気のお洒落な巻き方です。

⑤ジレ風巻き方
ストールの端を広げて肩に掛けます。ストールの端の外側の角を背面で左右あわせて片結びします。
シンプルな洋服のアクセントになるお洒落な巻き方です。


2.温かさ重視の巻き方

オシャレのアクセントにもなるストールですが、少し肌寒い時に寒さ対策として実用的に巻くことも出来ます。

①フロントノット
ストールを菱形になるように広げ、手で細くなるように束ねてから首に掛けます。首に掛けたら1回巻き、両端を胸の前で結び、首周りの輪に結び目をくっつけて完成です。結び目を少し横にずらすと、サイドノットという結び方になります。
首周りにしっかりボリュームが出るので見た目も温かくお洒落に見えます。

②アフガン巻き
ストールの片方を長めに持ち首に掛け、長い方を首に巻きます。短い方の端を開き、開いた先端を首に巻いたストールの輪に巻き込みます。長く取った方を首に巻き、余った部分を輪の中に入れ、形を整えて完成です。
首元にボリュームが出る上、お洒落な形に仕上がるのでアクセントにもなります。

③セレブ結び
ストールを無造作に細く持ち、左右比1:2となる長さで首に掛け、長い方を首に1周グルッと巻きます。巻いた左右の先端をひと結びし形を整えて完成です。
首元も巻いているので温かく、結び目があるので形が崩れにくいのもお洒落なポイントになります。

④ボリューム巻き
ストールを無造作に細く持ち、片側が20センチ~30センチ程長くなるように首に掛け、長い方を1周首に巻き付けます。長い方が下になるようにクロスさせ、短い方を長い方に巻きつけ、下から首元に入れ込み形を整えて出来上がり。
首元にたっぷりボリュームが出るのでアップスタイルの時の防寒に良さそうなお洒落な巻き方です。


3.パーティ向きの巻き方

普段着の巻き方とは一味違うパーティシーンにピッタリのストールの巻き方もあります。

①羽織りひとつ結び
ストールを広げて羽織る感じで肩に掛け、ストールの両端を真ん中で交差させひとつ結びをして完成。
肩が出るパーティードレスの時に羽織るような感じで巻くと、エレガントで防寒にもなります。

②シンプルノット+コサージュ
既にご紹介済みのシンプルノット(ストールを首に掛け、片側のストールを1回結びます。この時結び目をふんわり胸元に作りましょう。反対側の端を結び目に入れ、両側の端の長さが同じになるように引っ張りながら調整するのがシンプルノットです)に、パーティシーンに映えるコサージュを結び目に付けるだけで、華やかな雰囲気になります。

③片リボン結び
ストールを肩からはおり、片方の端から20センチ位の所でひと結びをふんわりゆるめに作ります。結んでいないほうのストールの端を手で細くしぼり、端から15センチくらいの所で2つに折りたたみ、たたんだ折り目を結び目の下側から差し込むように通し、結び目からたたんだ折り目が過ごし出るように結び目を固く締めて出来上がり。
結び目がお洒落な形に仕上がるので、パーティーにもってこいの巻き方です。


4.メンズライクな巻き方

カジュアルなファッションにピッタリのメンズライクな巻き方もとってもお洒落です。

①ボヘミアン巻き
ストールの端を揃え、首に掛けて1回巻きをします。首の輪を下に引っ張りゆるめ、左右に垂らしたストールの端を広げ、首の輪を広げたストールの上に乗せるようふっくら仕上げます。好みで、広げたストールの端を左右合わせてピンで留めると安定感があります。
パンツスタイルに合いそうなボリュームある巻き方です。

②ロングツイスト巻き
ストールを細くして長さを半分に折ってから首に掛けます。この時、折った輪のほうをやや短めにしておきます。輪の中にもう片方の端を通したら、左右に引っぱり、首が苦しくない程度にしめます。
輪に手のひらを入れて、クルッと手前にねじると小さな輪が出来るので、反対側の端を差し込む作業を何回か行い出来上がりです。
俳優の中尾彬さんがされている巻き方です。