好きな男性のタイプは?と聞かれた時の正しい返答方法

最終更新日:2015年5月4日

女子会や、合コン、会社の飲み会などで必ず話題に入るのが『好きな男性のタイプは?』という話題です。
気のおけない親友ばかりだとストレートに思ったままを言えますが、場面によっては、この回答であなたのイメージや今後の付き合い方が変わるかもしれない重要な部分。

そこで今回は好きな男性のタイプを聞かれた時の対処法をご紹介します。

1.具体的に芸能人の名前を2人以上あげる(俳優や歌手から1人と芸人から1人)

必ずテレビに出ている人の名前を具体的に出しましょう。
芸能人はそれぞれイメージがあるので、周りの人にもわかりやすいです。

俳優や歌手の、男前の人ばかりの名前を挙げてもただのイケメン好きという印象しか与えないので、お笑い芸人の人の中からも1人挙げるといいです。
『顔だけじゃなくて、こういう楽しい雰囲気が好きなんだな』という印象を与えてあなたの好感度が上がります。


2.アニメや漫画の登場人物は出さない

「今流行りの2次元の世界で生きている人なんだな、この人は」いうオタク的印象を植え付けてしまいます。
一部の人にしか分からない、名前やアニメ、漫画は話題に出したところでその場の盛り上がっている雰囲気を壊してしまいます。

アニメや漫画好きの人ばかりが集まっている時だけにしましょう。


3.あなたがどんな風に思うか、感情を必ず入れる

合コンや、上司、部下の、男性もいる場では、当たり前のことを言っても印象に残りません。
あなたの印象を上げる意味でも他の女子とは違う答え方があれば、好印象を持たれます。

「何気なくちょっと手伝っただけなのに『ありがとう』って言われたら私、すごくキュンってなります」とか「持っていた荷物を『貸して』ってさっと持ってくれたり、『大丈夫?』とかさりげない気遣いをしてくれる男の人ってなんか尊敬しちゃいます。

私もそんな風に気遣いできる人になりたいなって思います」など、具体的にどうされたら嬉しいかといった自分の感情に働きかける答え方をすると、男性にとっては今後どうやったら喜んでもらえるかが分かるので好印象を持たれます。


4.一般受けしそうな言葉は言わない

『好きな男性のタイプは?』という質問は、相手が自分のことをまだよく知らない、お互いの距離を縮める為の質問のひとつでもあります。
この質問の時に、万人受けしそうな回答「優しい人」「おもしろい人」などと言っても距離は縮まりません。

だからといってあなたの理想30個挙げても相手は引くだけです。

「私、お笑いが好きなので楽しくお喋りできる人がいいですね~」というような、相手の同意を得ることやお互いの共通点だったり理解を得られると話が盛り上がります。


5.女の園は要注意。答えるより話をさせる

女性ばかりの職場、先輩、後輩同士で話をするときはこの話題は要注意です。
本当に信頼できる上司、部下であれば大丈夫ですが、まだ本心がよくわからない人たちやあまり女性同士仲のいい環境でなければ、この質問の答えひとつで、あなたの印象を下げてしまいます。

こわーい女性先輩や上司にこの質問をされた時のベスト回答は『私、今まで好きになった人ってタイプがバラバラなので、こういう人がタイプっていうのがないんです。
先輩はどういう人がタイプですか?』と逆質問して相手にふりましょう。

相手に好きなだけ喋ってもらいましょう。
それをあなたは「なるほど」「そういうのがいいのですね」なんて教えてもらっているという形をとるのが一番いいです。

面倒くさいと思われるかもしれませんが、女性の職場で生きていくには必要な手段のひとつです。


6.この質問をした人にも必ず同じ質問をする

こういった恋愛関係の質問をする人は、あなたのことを聞きたいと思っていると同時に自分のことも知ってもらいたいと思っている場合が多いです。
ですから自分の話をたくさんして場を盛り上げようとするのではなく、必ず質問をしてきた人にも同じ質問をしてあげてください。

そうするとちゃんとこの人は自分にも興味を持ってくれているんだと心を開けて話をしてくれるようになります。
本当は自分にこの質問を聞いてほしくて、自分が話をしたくて、あえて先にあなたにこの質問をしている可能性もあります・・・。

それを察しながら、一歩あなたの方が大人になって話を聞いてあげてください。

本心全てを言わないことが、好きな男性のタイプを聞かれた時のコツ

この『好きな男性のタイプは?』と聞かれる状況に女性がいるか男性がいるかで対処法は変わってきますが、基本的にはあなたの本心は全て言わないということが大切なのではないでしょうか。
全て言うよりかは小出しにしていく方があなたへの興味はますます持たれると思います。

あまりにも高い理想を言っても相手に引かれてしまいますし、平凡な答えを言っても興味を持ってもらえなくなりますので、聞かれた時にどう答えようかといくつかリストアップしておくことをオススメします。

歓送迎会や飲み会、合コンなどいつこの話題になってもおかしくない状況にある方は特にいくつか引き出しを用意しておくといいですね。