不幸自慢をしてくる人との正しい接し方とは。対処法を知っておこう

コミュニケーション 友達との付き合い方最終更新日:2018年1月16日

食事の場なので必ず不幸話をしてくる人っていますよね。

不幸自慢をして自分の注目を集めたり、同情してほしいと思っていたりします。

そんな不幸自慢をしてくる人への対処法を知り、聞きたくない不幸話を聞かずに済むようにしましょう。

1.適当な言葉で聞き流す

不幸自慢をしてくる人への対処法は、適当な言葉で聞き流すことです。

不幸自慢は最初のうちは「かわいそう」と思ってしまいますが、それがダラダラと続いたり、会うたびに不幸話をしてきたりする人だと「注目を浴びたいんだな」と思ってしまいますよね。

不幸自慢が始まったら「へー」「大変だったね」など適当な言葉で聞き流しましょう。

食事中であれば、話に驚かず食事を食べ続けるのも一つの手です。

そんな態度を続けるだけで「不幸自慢をしても意味がないな」と本人が気づきやめてくれるはずです。

他の楽しい話で盛り上がり、特別な時間を共有できるようになるはずです。

2.質問などで話を膨らませないようにする

不幸自慢をしてくる人への対処法は、質問などで話を膨らませないようにすることです。

不幸自慢の中には、意外に興味を惹かれているような話も時にはありますが、ほとんどは聞きたくもないつまらない話が多いものです。

相手の気分を害さないようにと、不幸話に質問してしまうと、どんどん話が大きくなったり、いつまでも終わりが見えなかったりしてしまいます。

そうなると最終的に気持ちも暗くなるし、結局その人しか話していない状態になってしまうものです。

そうならないためにも、不幸自慢には質問はせず、話がすぐに終わるように周りが努めましょう。

他の人が興味を持っていない、ということを本人が実感すれば、不幸自慢もすぐにやめてくれるはずです。

3.「今日は暗い話をするのはやめよう」と言う

不幸自慢をしてくる人への対処法は「今日は暗い話をするのはやめよう」と言うことです。

不幸自慢をやたらしてしまう人は、所かまわず話してしまうことがあります。

せっかく友人の誕生日なのに「そういえば」と言って不幸自慢を話し始めてしまうものです。

お祝いの場で、楽しく過ごしたいのに不幸自慢をされるのも嫌ですよね。

不幸自慢が始まったら、少し切りのいいところで「今日はもう暗い話をするのはやめよう」と言って、明るい話題に無理やり持っていきましょう。

不幸自慢をしたい本人にとっては納得できないかもしれませんが、スムーズに不幸自慢を止められ、場の空気がこれ以上暗くなるのを防げるはずです。

4.「だいたいみんなそうだよね」と相槌を打つ

不幸自慢をしてくる人への対処法は「だいたいみんなそうだよね」と言って相槌を打つことです。

不幸自慢をする人は、話すことで自分はこんなにかわいそう、頑張っている、ということをアピールしたいのです。

自分の家庭のこと、仕事のこと、恋愛経験などとにかく不幸な話をしてくるので「みんなそういう経験しているよ。

でも言わないだけだよ」と何気なく伝えてあげましょう。

例えば、彼氏と別れた時にひどいことを言われた、と言って来たら「だいたいみんな別れる時はそんな経験するよね」と言ってしまいましょう。

そうすると、全然アピールできない、と自覚し、あなたには不幸自慢をしなくなるはずです。

5.「全然不幸ではないよ」とはっきり言う

不幸自慢をしてくる人への対処法は「全然不幸ではないよ」とはっきり言うことです。

もう不幸自慢は聞き飽きてしまい、このままだと友情なども保てなそう、と思ってしまうこともあるでしょう。

人間関係が悪くなってしまう前に、はっきりと「全然不幸ではないよ」と教えてあげましょう。

「悪い経験も笑って話せるって幸せなことだよ」「生きているだけで感謝しなよ」など励ましつつ、はっきりと不幸自慢はもう聞きたくない、ということを伝えるのです。

そうすれば不幸自慢をしなくなり、あなたの気分も悪くならないはずです。

はっきりと伝えるのは勇気がいりますが、人間関係の悪化を防ぐためだと思い、頑張りましょう。

6.「また不幸話するの?」と少し怒ってみる

不幸自慢をしてくる人への対処法は「また不幸話するの?」と少し怒って言ってみることです。

不幸自慢が始まると、自然にイライラしてしまったり、途端に場の空気が悪くなったりすることもありますよね。

話している本人はそのことに気づいていなく、自分が注目を浴びていることを喜んでいる場合もあるので、周りはさらにイラッとしてしまいます。

そんな時は、不幸自慢が始まってすぐに「また不幸話?」と怒った顔で言ってみましょう。

他の人もいる時には「そうだよ。

不幸話ばっかりだね」と言ってくれる仲間がいたり、本人が「じゃあやめるね」と他の話に切り替えたり、すぐに不幸自慢が終わるはずです。

あなたの身を削ることになりますが、不幸自慢を聞き続けるよりはずっと良いでしょう。

不幸自慢をしてくる人との接し方を学ぼう

不幸自慢をしてくる人への対処法は、まず適当な言葉で聞き流したり、話を膨らませないようにしたりしましょう。

また不幸自慢をしないでほしいと何気なく言ったり、はっきり伝えたりするのも場合によっては効果的です。

不幸話を聞いていると気持ちが暗くなるし、どうでもいいと思ってしまいますよね。

みんなで明るく楽しい話ができるようになるといいですね。

 

    「不幸自慢をしてくる人との正しい接し方とは。対処法を知っておこう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/26(土) 11:53

    3以外は不幸自慢に限らず、自慢話全般に通じる内容だと思います。あと、学生の寝てない自慢とか・・・。ネットの掲示板などでもよく「もしかして俺だけ?」というのを見ますが、「特別でありたい欲」をどうかわすか・鎮めるかがポイントと言えそうです。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/05/30(水) 07:27

    自慢話もあまり気持ちいいものではないですが、内容が暗くなるだけに不幸自慢には悩まされますね。話し手も一応不幸な気持ちでいると思うので、あまり無愛想に対応するのも良心が傷む感じがしてしまいます。この内容を参考に上手に対処していけたらいいなぁ~と思います。