テクノ失業って何?AIやロボットに仕事が奪われるかも

最終更新日:2016年8月21日

ここ最近「テクノ失業」という言葉をニュースやインターネットで見る機会が増えました。

そんなテクノ失業とは、一体どういう事なのでしょうか?ここでは、テクノ失業とは何かについてご紹介します。

1.テクノ失業の基本的な意味

テクノ失業の基本的な意味は、人間がしていた仕事を人工知能やロボットによって奪われる事です。

今、人工知能やロボットが急激に発達をして人間と同じような動きや思考ができるようになりました。

もちろんそればとても素晴らしい事なのですが、それによって海外では早くもテクノ失業の危機に本格的に陥っている場所もあります。

今後さらにロボットや人工知能は進化していくと予想されているので、それによってさらに複雑な事もできるようになります。

ですので思わぬところでテクノ失業をしてしまう事が危惧されています。

日本の半分の雇用が無くなってしまうというデータもあり、将来テクノ失業はますます深刻な問題になっていくと予想されています。


2.影響を受ける分野とそうではない分野に差が出る

問題視されているテクノ失業ですが、影響をかなり受ける分野とそうではない分野があります。

影響を一番受ける分野は接客に関する分野です。

スーパーのレジはいずれはロボットに変わると言われていますし、もちろんプログラミングも自由自在ですのよほどのプログラマーでないと将来は生き残れないかもしれない可能性があります。

他にも医者やパイロットですらテクノ失業の危機にあると言われており、テクノ失業の心配をしなくてもいい職業は無いのではという声もあります。


3.物を作る仕事は無くならないと言われている

ロボットや人工知能は、機械ですのでどれだけ進化をしても創造の分野には限界があると言われています。

最近、人工知能が短編小説を書いて話題にはなりましたが、これらは最終的には人間のチェックが必要になったり、人間が手を加える必要があります。

ですので、マンガやアニメ、映画やドラマに小説といった想像力が必要とされている仕事や伝統工芸品等物を作る仕事はテクノ失業の影響を受ける事は他の分野よりも少ないと言われています。

また、役者や芸人、タレントや歌手といった人間そのものが主体になっている仕事もテクノ失業の心配は他の仕事よりも少ないと言われています。

細やかな気配りが必要な家事代行サービス系や介護、保育といった人と接する仕事もロボットや人工知能の協力は必要ですが、テクノ失業の影響を受けにくいのではと予想されています。


4.人工知能やロボットの発達によるメリットも

テクノ失業が心配されている昨今ですが、もちろん人工知能やロボットの発達によるメリットもあります。

まず、人工知能が発達をする事でロボットが意思を持つようになります。

ですので自分がして欲しい事をロボットが先にしてくれるので人間にしかできない仕事を集中して行う事ができます。

さらに調べて欲しい事はすぐに調べてくれますし、トラブルがあった時はどうすれば効率よく解決できるか瞬時に判断してくれるようになると言われていますので今まで残業をしていた人も残業をせずに仕事を終える事ができるので、自分の時間を楽しめるようになります。

ロボットや人工知能はエネルギーがあれば疲れる事もありません。

ですので単純作業をひたすら任せたりと本来しなければならない仕事をまた、人材が不足している介護の分野で人工知能やロボットは大活躍すると言われています。

今までは一人一人ゆっくり介護をする時間が無かった場所も人工知能やロボットのおかげできめ細やかな介護ができるようになる事が期待されています。


5.テクノ失業をしないために

将来、どんな仕事がテクノ失業の危機に陥るかは分かりません。

絶対に大丈夫という分野は無いと言われています。

ですが、ロボットや人工知能と人間はやはり違います。

人間には人間にしかできない事があります。

人間の細やかな感情は人間にしか分かりません。

ですので全ての職業が完全にロボットや人工知能に取って代わる事はありません。

しかし簡単な仕事から少し複雑な仕事になるとロボットや人工知能ができるようになると言われていますので、テクノ失業をしてしまう可能性があります。

ですので、今からテクノ失業に備えてスキルアップをしておきましょう。

様々な仕事がこなせるようになる事で会社にとって必要な人材になるのでテクノ失業をしてしまう事はありません。

一日一日の仕事を大事に精一杯こなし、さらに資格を取ったり人脈を広げたりと常に自分をしっかり磨く事を忘れないようにしましょう。

テクノ失業について知っておこう

テクノ失業とは何かについてご紹介しました。

人工知能やロボットの進化は日に日に進んでおり、それ自体はとても素晴らしい事です。

ですが、その人工知能やロボットが人間の仕事を奪ってしまう危機にあるとも言われています。

しかし人間とロボットにはそれぞれ違った魅力や役割があります。

ですので、自分をしっかりと磨いて自分にしかできない仕事ができるようになったりと唯一無二の存在になればそれほど悲観をする必要はありません。