上司からのプレッシャーが強い時どうすれば良いか

最終更新日:2017年6月26日

仕事ではプレッシャーを受けることはよくありますが、時には上司からのプレッシャーが強いことはよくあります。

プレッシャーが強すぎると本来の力を発揮できないですし、仕事も嫌に想えてしまいます。

そこで上司からのプレッシャーが強い時の対処法についてご紹介します。

1.できる仕事を優先してやる

上司からのプレッシャーが強い時は、自分ができる仕事を優先してやるようにします。

仕事では結果を出さなければいけないことも多いので、上司からプレッシャーを受けることはよくあります。

しかしいくらプレッシャーを受けても、自分の能力以上のことはできませんし、どれだけ頑張っても結果がついてこないこともあります。

上司は部下に必死に仕事をして結果を出させることが仕事でもありますが、自分が頑張っても限界はあります。

そこで自分ができることを優先してやることで、仕事の効率化を図ることができますし、できない部分は後で指示を仰ぐこともできます。

とにかくプレッシャーに押しつぶされるだけではなく、自分がやったという成果を見せることが大切です。

例え結果が出なかったとしても、やれるべき所までは必至でやったという誠意を見せることが大切です。

2.信頼できる人に相談する

上司から強いプレッシャーを受けた時に、一人で悩んでいても解決しないことも多いです。

そこで自分が信頼できる人に相談することで、プレッシャーに打ち勝つ方法が見つかるかもしれません。

もしもプレッシャーに打ち勝つ方法が見つからなくても、自分の悩みを共有してくれる人がいれば、心にも余裕が出てきます。

一人で悩んでいるよりも話を聞いてもらうことで、気持ち的にも楽になれるので、プレッシャーに対しても何とか耐え抜くことができるかもしれません。

信頼できる人に相談することで自分が楽になれますし、プレッシャーに打ち勝つ方法を見つけられるかもしれません。

上司からの強いプレッシャーは精神的にキツイので、信頼できる人に相談をして気持ちを楽にしましょう。

3.プレッシャーを素直に受けとめる

上司からプレッシャーを受けることは、仕事をしている上では当たり前のことです。

どんな仕事でも程よいプレッシャーがある方が、身も引き締まって成果を上げることができます。

自分よりも上司の方が仕事で結果を出さなければならない立場なので、部下に対してはつい強いプレッシャーを与えてしまうこともあるでしょう。

また部下のモチベーションが低ければ、結果が出ないと思って逆に強いプレッシャーをかけて仕事をさせようとしているかもしれません。

プレッシャーは決して悪いモノではありませんが、強すぎるプレッシャーを精神的にも参ってしまいます。

無理にプレッシャーに打ち勝つのではなく、素直にプレッシャーを受けて止めて自分ができることをとにかく頑張る気持ちを持ちましょう。

4.結果を気にせず全力で取り組む

上司からのプレッシャーが強い時に自分ができるだけのことをすることは、仕事なので当然のことです。

自分が頑張ったからと言っても結果が出る訳ではないですし、時には悪い結果が出てしまうこともあるでしょう。

しかし自分が今できることを全力でやった結果がどちらの転んだとしても、これ以上頑張ることができないのでどうすることもできません。

またとにかく全力で頑張ることによって、結果がどうあれ自分では納得することができるはずです。

上司の強いプレッシャーを受けてできること全てを頑張ったとすれば、自分でも満足することができうはずです。

強いプレッシャーを受けてもとにかく常に全力で取り組むことだけを意識していれば、結果がどうあれ自分自身では納得できるはずです。

もしも納得できなければさらにスキルアップすればいいだけのことなので、今できる全力を常に意識して仕事に取り組むようにしましょう。

5.転職を考える

上司からのプレッシャーが強い時に耐えられないと思った、転職を考えることも視野に入れておきましょう。

仕事はできれば長く続けたいと思うものですが、上司からのプレッシャーが強すぎると、体調を崩してしまう恐れがあります。

プレッシャーによって精神的に参ってしまうと、仕事によって体を壊すこともあるので注意が必要です。

仕事は他にいくらでもありますし、自分に合った仕事や楽しくできる仕事があるはずです。

無理をしてプレッシャーに耐え続けなくても他に仕事を探せばいいので、強いプレッシャーを感じて耐えられないと思ったら転職を考えましょう。

プレッシャーに打ち勝とうとするあまり体調を崩してしまっては、自分が損をするだけなので、無理をして仕事を続けるよりも自分の体のことを心配しましょう。

プレッシャーはどんな仕事でも受けるもの

上司からのプレッシャーが強い時は無理に打ち勝とうとするのではなく、自分ができることだけをとにかく頑張るという意識を持ちましょう。

自分の能力以上のパフォーマンスはできませんが、プレッシャーを受けて本気になって仕事に取り組まなければ、スキルアップをすることも難しいでしょう。

プレッシャーは程よく受けるのがいいので、上司からのプレッシャーが強いと感じた時は、自分ができることだけをとにかく頑張るという意識で乗り切りましょう。