職場へのお土産の数が足りなかった時どうしたらよいか

最終更新日:2017年5月31日

職場へお土産を持っていく時には、色々気を遣うことも多く、ちょっと疲れてしまいます。

いくつ必要か、それをあれだけチェックしたのに、それでも足りなくなってしまい、困ってしまうこともあるでしょう。

職場でのお土産配りで数が足りなかった時の対処法を知っておけば、いざという時にピンチから脱出することができるでしょう。

1.どこかにまとめて置いてそれぞれ持っていってもらうようにする

職場でのお土産配りで数が足らなかった時には「あ、しまった」と思ってしまいます。

そういう時には、職場のどこか一か所にまとめて置いておき、それぞれ持っていってもらうようにすることが、ベストな対処法となるでしょう。

職場へのお土産を配る時に、どうしても数が足りないとなったら、それぞれのデスクに配って回ることができません。

しかし、例えば給湯室のポットの脇や、職場の皆が出入りするスペースに置いて、一言「召し上がってください」と書いておけば、きっとそれぞれ持っていってくれることでしょう。

中には、たまたま買ってきたお土産が「甘いお菓子だからいらない」という人もいるはずです。

いらない人は持っていかないのですから、欲しい人だけ受け取ってくれて、何とか帳尻を合わすことができるでしょう。

お土産の個数を数えたのに、それでも足りないということがあったら、まとめて置いておくのが一番です。

そうすれば、欲しい人だけそのお土産を手に取って食べてくれるでしょう。

2.仲の良い同僚に事情を話して遠慮してもらう

職場でのお土産配りで数が足りなかった時の対処法には、仲の良い同僚に協力してもらうという方法があります。

「お土産が足りなくなってしまった」という事情を説明して、遠慮してもらうのです。

誰かがお土産を買ってきた時、きっと「絶対欲しい」と思っている人はそうそういるわけではありません。

ただ、デスクを回ってそれぞれに配る時に、自分の分だけなかったりすると、何となく「嫌われているのかな」と邪推したくなってしまいます。

職場の人間関係を良くするためにお土産を買ってきたのに、逆の結果をもたらしてしまい、困ったことになるでしょう。

そういう時には、普段から親しくしていて、信頼できる同僚に話してみましょう。

普段から気楽に話せる関係なら「お土産が足りなくなっちゃった」と言えば、笑いながら「いいよいいよ」と言ってくれることでしょう。

今回はその同僚に甘えて、お土産は遠慮してもらって、別の何かを用意して渡すようにすればいいのです。

普段から親しくしている同僚なら「困った時にはお互い様」という感じで、快く協力してくれるでしょう。

ただ、その気持ちに甘えっぱなしにならないようにして、もし次に相手が困ることがあったら、率先して協力してあげるようにしましょう。

3.特にお世話になっている上司や先輩には別の物を渡す

職場でのお土産配りで数が足りなかった時の対処法の一つに「特にお世話になっている上司先輩」には、別の物を渡すのも良いでしょう。

この方法なら、お土産の数が足りないのをカバーできるだけでなく、相手の心証をよくすることもできるでしょう。

お土産の数が足りないという時、別に何かちょっとしたものを買ってきていたら、それを上司や先輩に渡すようにしましょう。

「○○先輩には、お土産のお饅頭はないのですが、こちらを」と言って「この間は仕事のフォローをありがとうございました」と一言添えるようにすれば、きっと嬉しく思ってくれるはずです。

自分への特別なお土産が嬉しいのではなく、そういう気配りを気持ちよく感じてもらえることでしょう。

また、上司や先輩だと「媚を売っている」と思われそうな時には、逆に後輩の一人に渡してもいいですね。

「○○さん、この間は遅くまで頑張ってくれてありがとう」と言いつつ「皆に配ったお饅頭はないけどね」と伝えておけば、きっと後輩のやる気を引き出すことができるでしょう。

お土産の数が足りないとなると、慌ててしまうかもしれません。

ただ、普段お世話になっている先輩や、仕事を手伝ってくれる後輩に「ちょっと別な何か」を渡すことで、日ごろの感謝を伝えることができます。

そしてお土産の数が足りないことも、上手にごまかすことができるでしょう。

4.似たようなものを購入して数を足りるようにする

職場でのお土産配りで数が足りなかった時の対処法としては「似たようなものを購入して数を足りるようにする」というのもオススメです。

どうしてもそれぞれのデスクにお土産を置かなくてはいけない時には、類似品を見つけてプラスすればいいのです。

お土産で買ってきた品物が「お饅頭」のようなものなら、似たようなお饅頭を買って、配って回りましょう。

お土産をもらった人は、いちいち「○○さんのとは違う」などと確かめたりすることはありません。

「ありがとう」と言って、すぐにその場で食べてしまうこともできるでしょう。

会社に出社するまで、まだ数日日にちに余裕がある場合は、買ってきたお店に電話をして、もう一箱購入して郵送してもらってもいいですね。

お店によっては翌日に配送してくれて、間に合うこともあります。

明らかに数が違って足りないなんていう場合は、そうやって買い足すことも視野に入れておきましょう。

似たようなものを購入してプラスしておいたり、もう一度お店に電話をしてもう一箱購入するようにすれば、きっとピンチを乗り切ることができます。

慌てずに類似品を置いている店はないか、それをチェックしてみるようにしましょう。

お土産の数が足りなくても焦らない

職場でのお土産配りは、面倒くさいと感じることもあります。

お土産の数が足りなかったりすると「どうしよう」とパニックになってしまうかもしれません。

ただ万が一数が足りなくても、上手に機転をきかして見れば、きっと何とかなるものです。

その場に応じたベストな対応を心がければ、お土産の数が足りないということくらい、きっと難なく切り抜けることができるでしょう。