付き合いたてカップルが女性からのボディタッチで親密度を上げる方法

最終更新日:2014年10月30日

憧れの彼に触れられるという喜びは大きいものの、付き合い始めたばかりのときのボディタッチって難しいですよね。

あまり積極的にやりすぎては引かれてしまいそう…という人のために、親密度をグッとあげてくれるボディタッチを紹介します。

1.優しく手を握る

まずは初歩の初歩、手を握って歩くところからはじめましょう。

指を絡ませ合う、いわゆる「恋人つなぎ」はまだハードルが高いでしょうから、まずは普通に手を握り合ってください。
二人の手で卵を一つ握り込むような、ソフトなつなぎ方で構いません。

このつなぎ方なら、緊張して手に汗をかいてしまうのが気になる人でも安心です。

二人の呼吸があってきたなと感じたら、親指の腹でゆーっくり、彼の手の甲を撫でてみてください。

ゴシゴシこするのではなく、あくまで優しく、ゆっくりを心がけてください。

あなたが彼に感じている愛おしさが伝わるようなソフトタッチに、彼の気持ちはグッとあなたに引き寄せられるはず。

慣れてこないと歩きながらは難しいと思いますので、映画館で映画を見ているときやドライブ中など、彼と並んで座っているときに試してみてください。

2.腕の組み方に注意

付き合い始めたばかりの嬉し恥ずかしデート。

なかなかあなたから腕を組んで歩くのは難しいと思います。
しかし、彼がポケットに手を突っ込んだらチャンスだと思ってください。

心理学上、ポケットに手を入れるという行為は、誰かに身体に触れて欲しいときの代替行為であることが多いのです。
彼がポケットに手を入れたら、すかさず彼の肘をとって、肩は歩く彼の腕の後ろ側に軽く当たる程度の位置に。

いきなり胸を押し付けたりしてはいけませんよ。

「積極的すぎる…」とか、「慣れてるなあ…」と思われてしまいます。

一歩踏み出すごとに肩が軽く触れるもどかしいような距離感が、付き合い始めのドキドキを助長してくれます。

3.並んで座るときには足同士を触れ合わせる

デートのときには、電車での移動や歩き疲れての休憩など、並んで腰を下ろす機会が多くなると思います。

そんなときには、彼とあなたの足同士を触れ合わせて、彼の温もりを感じさせてもらいましょう。
膝はあくまで閉じたまま、太ももだけを彼の太ももに密着させてください。

ちょっと恥ずかしいですが、足は彼にあなたの女性らしさを感じてもらえるパーツの一つ。
思い切ってぴったりくっつけてみてください。

彼もあなたの柔らかさ、暖かさにドキッとすることうけあいです。
このとき、足元に気をつけておくことが大切。

足を組むのはもってのほかです。
あなたの靴やそのヒールで彼の服や靴を汚さないように、両足は椅子の下にしっかりと隠しておいてくださいね。

付き合いたてだからこそボディタッチを

たかがボディタッチ、されどボディタッチ。

付き合い始めたばかりの女性にとっては難しいものです。

しかし、あなたの方から触れてくれたことに、彼の心は大きく弾むはず。二人の距離を縮めるボディタッチ3つ、ぜひ試してみてくださいね。