デート代を彼氏と割り勘する方法。彼の面目を保ちつつ割り勘しよう

最終更新日:2016年2月23日

デートは、大好きな彼と過ごせる大切な時間。

ただ、楽しい時間にもお金はかかります。

関係が深くなればなるほど、お互いのお財布事情も透けて見えてくるもの。

「デート代は男が払うもの」といつも頑張ってくれる彼を見て、心苦しくなる割り勘派女子も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、彼氏の面目を保ちながらデート代を割り勘にする方法をご紹介します。

1.デート用の財布をつくり、同額ずつ入れて2人の共有財産にする

デート代を2人の共有財産にしてしまう方法です。

デート代の全額を頑なに支払いたがる男性の心理として「彼女から甲斐性のある、かっこいい男と思われたい」という気持ちがあります。

このプライドを傷つけずに彼に頼ってもらうには、まずは彼に恥をかかせないことが大前提です。

そこで、毎月給料日に2人で相談して決めた金額を同額ずつ専用の財布に入れていきます。

そして、デートの時には彼にこの財布から代金を払ってもらいましょう。

2人が同額ずつ入れた財布からお金を使うことで、彼が店で恥をかくことなく、割り勘にすることができます。

これなら彼のプライドも傷つかないし、割り勘派女子のあなたもデートを楽しめそうですね。

1人2万円ずつも入れれば、これだけで一か月のデート費用は4万円。

余れば翌月へ持ち越したり、貯めて旅行に行くこともできますよ。

また、2人で共有の財産の管理をすることができれば、具体的に彼があなたとの結婚後を考えるきっかけになるかもしれません。


2.交代でデートの支払いをする

これは、2人で交代でデートにかかる代金を支払っていく方法です。

その場その場はどちらかがまとめて払うので彼に恥はかかせず、かつ結果的に同額程度の割り勘を狙える方法がこれです。

例えば、食事代を彼が払ったら宿泊費はあなたが払う、あなたが映画の代金を払ったら彼が食事代を払うといった具合です。

この方法でも、支払い直前にもたつくということもありませんので、彼の面目を保つことができます。

大事なのは、あなたが支払いをするときには「さっきは払ってもらったから、今度は私に出させてね」と笑顔でお願いの形をとることです。

こうすることで、彼は「彼女に支払わせてしまった」と負い目を感じることなく「彼女がそうしたいと頼んでいるのだから」と納得することができます。

また極端な贅沢をしない限り、デート1日の娯楽費と食費に大きな差が生じることはないでしょう。

そのため、2人が1日のデートで払った金額が結局のところ同額くらいになるのもいいところです。

彼にお願いして、気持ちよく割り勘させてもらいましょう。


3.レジ前ではなく、店の外でこっそり自分の分を渡す

これは、レジ前では素直に彼に支払ってもらい、店を出てからこっそりと彼に自分の分の代金を渡す方法です。

「これでは結局のところ、彼が傷つくのでは」と思われるかもしれませんが、そこはうまくやりましょう。

ポイントは、決して店のすぐそばや人の多いところでは渡さないこと。

絶対に彼女にお金を払わせるところを他人に見られないようにしてください。

人の少ないところか、2人きりになれる場所で感謝の言葉とともに渡すのがベストです。

「今日はとっても楽しかったし、ごはんもおいしかった」という言葉と笑顔とともに割り勘分を渡せば、彼も受け取ってくれるはず。

彼のプライドを傷つけず、お金と一緒にあなたの気持ちも届けることができるでしょう。


4.将来のために貯金してほしいから、デート代は割り勘にとお願いしてみる

これは結婚を前提にしたお付き合い限定になりますが、思いきって彼氏に直接「割り勘にしたい」と申し出てみる方法です。

ただし、この時の理由付けが非常に大切。

「2人のより大きな目的のためあなたに貯金してほしいから、その分を私にカバーさせてほしい」と伝えましょう。

あなたが真剣に彼との将来を考えていることと、あなたの経済観がしっかりしているということをアピールしましょう。

これにより彼は、割り勘に対して大義名分ができ、負い目を感じることなく割り勘に応じてくれます。

割り勘にしていてもそれは2人の将来のために助け合っていると思えば、あなたも彼もこれからの2人の将来を前向きにとらえることも出来ます。

ただ、この場合も彼の面目を保つため、レジ前で財布を出してお金を払うことは避けた方が無難です。

テーブルでこっそり渡して、彼にまとめて払ってもらいましょう。

デート代を割り勘しよう

いずれの方法も、決して2人以外の周囲から割り勘がばれないようにふるまうのがポイントです。

ここまでまわりくどくやらないと割り勘分の代金を受け取ってくれないのもなかなか面倒ですが、これも愛する彼のためならできそうなもの。

あなたの前でかっこいい彼氏でいたいという彼のために、あなたがうまく立ち回ってあげるのも愛の形。

これからの時間を長く一緒に過ごしていくためにも、愛情面だけでなく経済的にも、本当の意味で与え合い支え合える2人に向けて努力してみましょう。