ヤキモチ焼きで束縛する彼氏への対処法。嫉妬がすごい彼のヤキモチを改善しよう

彼氏の悩み 恋愛最終更新日:2019年7月8日

男性も女性と同じようにヤキモチを焼く人がいます。

むしろ、男性の方が女性より精神的に弱く脆い性質があり相手に固執しやすいとも言えます。

全くヤキモチを焼いてくれないのも物足りないですが、焼きすぎるのもあまりカッコいいものではありません。

しかしこれは、あなたの彼に対する接し方に問題があることも考えられます。

いくつかの注意点を考察して彼氏のヤキモチと束縛に対処しましょう。

彼の存在をきちんと周りに知らしめる

彼のヤキモチと束縛が強すぎる場合、性格的な理由や浮気などのトラウマが原因となっていることがあります。

どうしても彼は自分に自信が持てないので、狭いテリトリーに彼女を押し込めがちです。

あなたの周りの男性は全て敵に見えている彼のために、可能な範囲で友人知人や家族に彼の存在を伝えてください。

お互いに抵抗がないなら紹介して、共通の知り合いを作りましょう。

彼にとっては自分を彼女の恋人として認識してくれる味方ができます。

直接が無理なら、例えばインスタグラムやLINEのトップ画などに彼の写真などを載せNGにならない程度の匂わせを利用してみましょう。

彼を恋人として堂々と紹介するあなたの行動に彼が不信感を拭い去り、あなたの自分への愛情に自信が持てれば彼のヤキモチや束縛はなくなるでしょう。

ペアのものを持ってみる

彼が単純に甘えん坊気質であなたのことか好きすぎてたまらず、四六時中一緒に居たいと願うようなお子ちゃま彼なら、お守りのように2人でペアグッズを持ちましょう。

キーホルダー、ぬいぐるみ、スニーカーや服、ペンダント、リング、時計など軽いものから重いものまで色々ありますが、何でも構いません。

ヤキモチ焼きで束縛が強い男性は物にも執着しがちなので、ペアグッズは大好きです。

離れている時間も、そのペアグッズのおかげであなたを近くに感じ、あなたを思えるので彼にとって癒しになります。

彼は穏やかな安らぎからあなたへの束縛を緩めるキッカケになるでしょう。

まずは軽めのものからお試ししてみましょう。

特にペアリングなら彼氏アリのアピールになるため、他の男性を寄せつけない魔除けとしても効力があるので彼にとっては安心感が増します。

普段からベタベタしすぎない

あなたは彼氏とボディタッチが多くて、子どもっぽくベタベタしたりしていませんか?

もしくは日頃から、相手が誰であっても、ボディタッチが多いタイプではありませんか?

また故意でなくとも、愛され女子的な可愛い振る舞いを身につけているかも知れません。

明るくて人懐っこい笑顔は好感度も高く可愛いですが、彼にとっては不安要素でもあります。

あなたが他の男性の話をしたり、男性と喋ったりしているところを彼が見て「怪しい」と感じた時に、彼は自分とあなたのベタベタとイチャつく場面を連想します。

あの至福の時間を他の男性と過ごしているところを想像してしまいます。

男性には母性に対して「完全なる愛」を要求する性質があります。

これを裏切られることがアイデンティーの崩壊にもつながるほど重大なことです。

過度なスキンシップを避けたり、彼に対して赤ちゃん言葉で接するようなことをしているなら、それを止めてみましょう。

スキンシップは大切ですが、大人らしい接し方をして、彼を子供から大人モードに切り替えていきましょう。

ツンデレになってみる

誰にでも同じ態度をとり分け隔てしない人は人格者であり尊敬すべき態度ですが、こと恋愛に於いては誤解を招くこともあります。

友人といる時や仕事をしている時が外で、彼といる時が内とするなら、外と内を使いわけるようにし、その振る舞い方を彼に記憶させましょう。

いわゆる「ツンデレ」になります。

外ではキツイ女性を振る舞いスキを見せず、彼には甘えん坊で庇護を求めるような態度をとり彼に見せるのです。

その行動は男にとってはこの上ない喜びであり「征服欲」や「支配欲」も充足し、気持ちに余裕ができます。

ヤキモチを焼く心理というのは、心の中に不安を抱えて「足りない」と思う気持ちがいっぱいになっている状態です。

「自分だけには違う態度をとる」というあなたを見て優越感を感じ、心が満たされた彼はあなたを信用し、キツイ束縛の手を緩めるようになっていくはずです。

彼を誉めて認める

男性は女性よりも社会的な自分の役割を多く意識する生き物です。

職場など自分を取り巻く環境の中で認められ、はっきりとした「自分の居場所」を見つけられることで満足しますし、その願望が強いのです。

これを「承認欲求」といい、社会を構築する動物なら犬などもこの願望は持っています。

承認欲求が満たされないと精神的に不安定で満足感の無い毎日を送ることになり、それはストレスになります。

この状態に陥った男性は、自分のワガママを出すことができる環境(夫婦、恋人など)に固執する傾向にあります。

そこだけは自分の「最後の砦」なので、執着心が強くなり過ぎてしまいます。

あなたの行動に対して敏感になり、行動一つ一つに口をはさむようになり「満たされない欲求のはけ口」にしてしまいます。

承認欲求を満足させるにはとにかく「褒める」ことです。

できれば職場でそういった環境ができあがれば最良なのですが、それはあなたにはどうしようも無いことです。

とにかくあなたは彼の長所を見つけ出して褒めまくり、彼に自分の存在意義を自覚させることで、小さなヤキモチや束縛であなたを苦しめることは無くなるはずです。

素っ気ない態度をとってみる

ヤキモチ焼きや束縛の度合い、彼のタイプによって、あなたが色々と対処し努力しても何の変化も無い場合は、時にプチ刺激=プチ無視を与えるのも大いに効果的です。

あなたのことで頭が一杯で自分を見失って束縛していることに気づいてないかも知れませんが、自分自身で気づいてもらえるのが一番です。

過度な嫉妬や束縛が恋愛においてプラスには働かないと悟るのは大事なことです。

たまには素っ気なくしたり、軽く距離を置くことで、自分の行動が彼女を苦しめていて、もしかしたら、嫌われるのではないかと自問自答してもらいましょう。

彼がヤキモチを焼くのも束縛するのも、それだけあなたに魅力があって、離したくないという気持ちの表れではありますが、何事にも限度はあります。

ヤキモチや嫉妬は放っておくとエスカレートすることもあるので、時には心を鬼にして、ドライな態度で割り切って行動しましょう。

ずっと一緒にいたい相手であるならば尚更、直してほしいところは早めに対処して、できるなら、いつまでもラブラブなカップルでいたいですね。

ヤキモチ焼きの彼に対処しよう

お互いを思う気持ちが強く、一途な愛情と信頼で結ばれたカップルは理想的です。

しかし男女は性格や性質も大きく違う部分を持っています。

女性のヤキモチは性的な部分が原動力になった本能ですが、男性のヤキモチや過度な束縛行為は恋愛とはまた違った原因が隠れていることもある、いわば「異常事態」です。

男性のメンタルな部分をケアするつもりで対処することで驚くように改善することがありますので、彼の性質や置かれている社会的な状況を考察して適切な改善策を試みましょう。

 

    「ヤキモチ焼きで束縛する彼氏への対処法。嫉妬がすごい彼のヤキモチを改善しよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く