洋服についた油シミをなんとかする方法とは

洗濯最終更新日:2018年1月19日

洋服に油のシミがついてしまうと、もう落とせなくなるのではないかと不安に思いますよね。

また時間が経ってしまうと、油汚れはなかなか落ちないものです。

今回は、洋服についた油のシミへの対処法をご紹介します。

1.洗濯用洗剤を使う

洋服についた油のシミへの対処法は、洗濯用洗剤を使うことです。

油といっても色々あると思いますが、料理を作っていた時に衣服に油がはねてしまうこともよくありますよね。

また料理を食べていて油がはねてしまうこともあります。

まずは油がはねたらすぐに衣服を脱ぎ、熱いお湯につけ、すぐに洗濯用洗剤も入れましょう。

また油がはねた部分に直接洗濯用洗剤をつけてもいいでしょう。

少しつけてからこするように落とすと油が落ちるものです。

普段よりも濃度の高い洗濯用洗剤につけることで、普通に洗濯をするよりも油は落ちやすくなります。

できるだけ油がついてすぐに対応するようにしましょう。

2.台所用洗剤を使う

油のシミの中でも食品に含まれた油が洋服についてしまったのであれば、台所用洗剤を衣服に直接つけましょう。

直接つけてそこを揉み洗いし、熱いお湯で流してみましょう。

食器の油が落ちるのと同様、衣服についた油も落ちるものです。

台所用洗剤は、黄緑や黄色など着色料がついていて、衣服に色がつく場合もありますが、お湯ですすいでいる間に着色料はキレイに落ちます。

台所用洗剤は、ほとんどの家庭にあるものなので、衣服に油がついてしまってもすぐに対応できるので嬉しいですよね。

3.メイク落としを使用する

洋服についてしまう油の中にはファンデーションなどの油汚れがついてしまうこともあるでしょう。

メイクを落とすときに使うメイク落としを使ってみましょう。

できればクレンジングオイルのような油を浮かして取るものを使うと良いでしょう。

衣服にメイク落としをつけ、擦り洗いをし、その後お湯で流しましょう。

メイク落としを持ち歩いている人であれば外出先や旅行先でも衣服についた油のシミが落とすことができます。

衣服についた油のシミが完全に乾く前にオイルクレンジングなどのメイク落としを使い、汚れをキレイに落としたいですね。

4.ベンジンをつける

ベンジンと言う名前を聞いたことがない人もいるかもしれませんが、ベンジンは薬局などに売っているしみ抜き剤です。

ベンジンの使用量や使用方法を守り使い、衣服のシミをキレイに落としましょう。

発火の恐れがありますし、誤飲をしてしまうと危険なので安全な状況で使うようにしましょう。

子供の衣服などに使うのは避けた方が良いかもしれませんね。

またベンジンの保存方法にも注意をしなければいけません。

ベンジンは一度乾いてしまった油汚れもキレイに落とせる場合もあるので、シミがついてから時間が経ってしまった場合にも使用してみましょう。

もう落ちないと思っていた油のシミがキレイに落とせるかもしれませんね。

5.熱いお湯につける

いくら衣服に油のシミがついてしまったとしても、衣服の繊維が繊細なものだったり、薬剤を使うと色落ちしてしまったりする場合もありますよね。

その場合はできれば何もつけないで油を落としたいものです。

その場合には50度以上のお湯にシミの付いた部分をつけ洗ってみましょう。

熱いお湯につけることで油が浮き出て何もつけないでも落ちる場合があります。

できれば油のシミがついてすぐに対応しましょう。

そうすることで衣服を傷めずに、お湯を使うだけで油のシミが落ちることもあります。

6.クリーニングに出す

洋服に油のシミがついてしまったら、無理に落としたり、何度も洗濯してしまったりして、衣服が傷んでしまうこともあります。

そうするともう洋服が着られなくなってしまう場合もあるものです。

洋服に油がついたらその時点で、自分で落とそうとはせず、クリーニングに出しましょう。

クリーニングに出すときに、どの部分にシミがついているか、何をつけてしまったかを伝えると、プロがキレイに落としてくれるはずです。

お金はかかってしまいますが、大事な洋服はクリーニングで頼むと良いでしょう。

そうすれば洋服を傷めてしまうこともなく、長く洋服が着られるはずです。

洋服についた油シミをなくそう

洋服についた油シミへの対処法は、まず洗濯用洗剤や台所用洗剤を使用してみましょう。

またメイク落としも役に立つこともあります。

どうしても油のシミが落ちない場合には、衣服を傷ませてしまう前にクリーニングに出すと良いでしょう。

できるだけすばやく対処し、油のシミを落とし、衣服をキレイに保ちましょう。