キャンバストートバックの洗い方とは。キャンバストートをピカピカにしよう

洗濯最終更新日:2018年1月16日

使い勝手のいいキャンバストートバックは、ヘビロテして使う人も多いですよね。

しかし、素材の面からいうと、頻繁に使っていると汚れが目立ってきますよね。

かといって洗濯機に放り込むと色落ちや激しい型崩れが起きてしまいますから、キレイに長持ちさせるには少し注意が必要です。

そこで今回はキャンバストートバックの洗い方をご紹介します。

1.オシャレ着洗いの要領で手洗いする

キャンバストートバックはオシャレ着洗いの要領で手洗いするのがオススメの方法です。

キャンバストートバックは型崩れが起きやすく、一度崩れるとアイロンをかけても元通りにするのはむずかしいです。

形をキレイに保つには、洗濯機ではなく原則として手洗いをしてください。

また、服のように頻繁に洗濯をすることを前提に作られていません。

その分衣類よりも洗濯によって色落ちしやすくなっていますから、色柄を守ってくれるオシャレ着洗い専用の洗剤を使いましょう。

トートバッグの洗い方としては、洗面器などに洗剤とぬるま湯を入れて、汚れている部分を手で優しく洗うと痛みにくいですよ。

そして、濡れたところを雑巾のように絞るのではなく、タオルに挟んで水気をすいとりましょう。

雑巾のように絞ると、せっかく丁寧に洗っても一気に型崩れしてしまいます。

そして、拭き取ったあとに乾燥機にかけて回してしまうのもやめましょう。

型崩れだけでなく、素材も傷んでしまいます。

乾かすときも型崩れしないように、なるべく使用する時と同じ形を保ってください。

2.洗いとすすぎは洗濯機を使い、脱水は手で優しくする

キャンバストートバックは原則として手洗いがオススメですが、手間が嫌な人は脱水以外は洗濯機を使っても大丈夫ですよ。

もちろんオシャレ着洗いの洗剤と、洗濯機のコースを選びましょう。

すすぎ終わったら、雑巾を絞るやり方でなく、手で挟むようにして水分を絞ります。

ある程度絞ったら、タオルに挟んで水分をすいとりましょう。

しかし、脱水をかけないためにトートバッグは相当な量の水分を含んでいます。

乾かすにも時間がかかってしまいますし、いくらタオルで水分をとっても下に滴ってしまいますから、濡れてもいいマットやタオルをひいた上に乾かしてください。

浴室乾燥機などがあれば良いのですが、型崩れを起こさないように気をつけましょう。

乾かしているうちに型崩れするのを防ぐために、中に丸めたタオルを入れるのもオススメですよ。

この方法は乾かすのに時間がかかってしまいます。

そうなると怖いのは菌が繁殖してしまうことです。

この方法は、夏のからっとした日など、生乾きにならない季節と天気を選ぶようにしてください。

季節や天気がそろえば、あまり手間もかからないのでオススメの方法ですよ。

季節や天気に恵まれないという時は、やはり型崩れはしますが脱水を弱くかけるのもひとつです。

型崩れを最小限にするために、すぐに取りだして形を整えて干してください。

3.タオルに薄めた洗剤を含ませて拭き取る

キャンバストートバックを型崩れさせたくない場合は、タオルに薄めた洗剤を含ませて拭き取るのもオススメです。

汚れている部分だけをキレイにしたいのであれば、この方法が一番手軽で仕上がりも良いですよ。

やり方は、オシャレ着洗いの洗剤を水で薄め、タオルに少量含ませます。

あとはキャンバストートバックの汚れが気になる部分をタオルで拭きとるだけです。

また、汚れの原因が食べ物なら、薄めた中性洗剤を使うのも効果的です。

ただし、オシャレ着用の洗剤と違って素材が痛みますから、汚れの部分だけに使用してください。

やり方は、薄めた中性洗剤をタオルに含ませて、染み抜きの要領でぽんぽんと汚れの上から叩くように落とします。

汚れは洗剤と一緒に生地の裏側に染み出ますから、他の部分に染みないようにタオルを置きましょう。

いずれの場合もすすぎは出来ませんが、タオルの乾いた部分で洗剤をすいとり、キレイなタオルで余分な水分を取り除きましょう。

この部分的に洗う方法は、汚れ以外の部分は傷まず、型崩れしにくく乾かしやすいという利点があります。

もし汚れた部分だけをキレイにしたいという場合はオススメです。

5.持ち手は固形石鹸でこする

キャンバストートバックで一番汚れる部分は、毎日触る持ち手です。

ここは汚れが目立ちやすいので気になるという人も多いですよね。

持ち手の汚れは垢や皮脂です。

オシャレ着用の洗剤でも落ちますが、簡単にキレイにするには布巾や衣類を洗うための固形石鹸で落とすのがオススメです。

洗い方は、持ち手を軽く濡らして布巾や衣類用の固形石鹸を擦り付けて軽く揉み、汚れを落としたらすすぎます。

あとは濡れた持ち手をタオルでおさえて水分をすいとりましょう。

固形石鹸は痛みそうでいやだと思われるかもしれませんが、持ち手は他の部分よりも頑丈にできていて痛みも目立ちにくいですよ。

衣類や布巾用の固形石鹸は、手洗い用の固形石鹸よりも生地の汚れを良く落としてくれます。

持ち手や頑固で部分的な汚れをキレイにしたい時に、とくにオススメの方法です。

キャンバストートをぴかぴかにしよう

今回はキャンバストートバックの洗い方についてご紹介しました。

なかなか自分で洗いづらかったり型崩れしたりと手入れがむずかしいですが、ポイントを押さえれば型崩れも少なくキレイになりますよ。

洗い方をマスターして、お気に入りのキャンバストートバックをぴかぴかにしましょう。