雪道を滑らずに歩く方法。雪で滑らないように気をつけよう

最終更新日:2016年2月4日

雪に慣れていない方は特に、雪道での注意点をよく踏まえて、安全第一で歩けるようにしたいですよね。

そこで、今回は「雪道で滑らない様にする方法」をご紹介します。

1.歩幅を「小さく」して歩くようにする

まずは、歩幅を小さくして歩くように心掛けることが大切です。

歩幅を大きくしてしまうと、足の動きが大きくなりますので、体の「重心の移動」もその分大きくなります。

すると、滑りやすい雪道では自然とバランスを崩しやすくなってしまいますよね。

重心を移動する動作の間に「つるっ」といってしまうことも少なくありません。

また、足は高く上げずに、なるべく低く上げるようにすることで、バランスが取りやすくなるので意識しましょう。

雪道では、無理をせず「小股で確実に」歩くことが重要です。


2.重心をすこし「前」に置くようにする

雪道では「滑りそう」と心配になるあまり、こわごわと歩いて腰が引け、後ろに重心がかかってしまう人もいるでしょう。

しかし、後ろ重心になったまま歩くと、後ろにひっくり返る形で転びやすくなってしまいます。

後ろにひっくり返る転び方は、頭を強く打ってしまう可能性があり、非常に危険ですよね。

重心はすこし「前」めに置くことを意識して、足の裏全体をしっかり地面につけるようにして歩きましょう。

前に重心を置いたほうが、しっかりとバランスを取って歩くことができます。

スキーやスノーボードでも、腰が引けてしまうとすぐに転んでしまいますよね。それと同じことです。


3.あせらず「ゆっくりじっくり」歩く

基本的なことですが、もちろん時間には余裕を持って「ゆっくりじっくり」歩くようにすることが大切です。

急いで歩こうとすると注意力も低下してしまいますし、雪道では、滑ってしまうのも当たり前ですよね。

雪道を歩く際には、普段の倍くらい時間がかかることを想定して、はやめの行動を心掛けましょう。

慎重に歩くことが何よりも大切です。


4.ペンギンの歩き方をイメージする

「ペンギン」の歩き方をイメージするのも、雪道を歩く上では役に立ちます。

ペンギンと言えば、つるつるした氷の上を歩く「プロ」ですよね。

ペンギンの歩き方を観察してみると、よちよちと小股で歩き、足を「垂直に上げ、また垂直におろす」という動作をしています。

この動作が、バランスを取り、滑りにくくすることに役立つのです。

雪道ではぜひペンギンを思い出し、歩き方を真似するよう、意識して歩いてみてください。

必ず転びにくくなるはずです。


5.滑りにくい靴を履くようにする

今までは「歩き方」に焦点を当ててきましたが、もちろん、歩くための道具である「靴」も「雪道を歩く」ということを意識して選ぶ必要があります。

滑りやすい雪道を歩くのに、高いヒールの靴で出かけるのはもってのほかですよね。

地面に接する面積が狭いため、通常の道であってもバランスを取るのが難しいヒールの靴ですが、雪道では滑らないで歩くことができる方は滅多にいないのではないでしょうか。

危険ですので、ヒールの靴は極力避けて、靴を選ぶようにしましょう。

スノーブーツを履くのが一番良いですが、履くことが難しいのであれば靴裏の溝がしっかりと深くなっているスニーカーなど、滑りにくいものを選ぶのが良いでしょう。

ただ、スニーカーに関しては、キャンバス地などの薄い布製ですと雪解け水が染みてきて大変冷たいです。

こちらは避けるようにしましょう。

また、靴底に貼るタイプの滑り止めゴムマットも市販されています。

滑りにくい靴の用意がない方は、こちらを利用するのも良いでしょう。

雪道を転ばずに歩こう

雪道で転ばないようにする方法をご紹介しました。

特に雪にあまり慣れていない方々は、雪が降ると冬の気分が盛り上がって嬉しくなることもある反面、歩きづらくで不安を感じる方が多いですよね。

しかし、歩き方のポイントをしっかりと覚えておくことで、転びにくくなりますし、安全な行動を取ることができます。

皆さんがお住いの地域で雪が降ることを想定して、しっかりと正しい歩き方を身につけておきましょう。

そうすれば、こわがることなく、雪道を攻略することができます。

万全の対策をして、冬の雪道を乗り切ってくださいね。