ストレス時に甘いものを食べる効果とは

最終更新日:2015年8月1日

ストレスが溜まっている時は何故か甘いものが食べたくなりますよね。

甘いものを食べていると幸せになりますし元気が出てくるという女子は多いと思います。

そこで、ストレスを抱えている時に甘いものを食べることの効果をご紹介します。

1.幸せな気分になり落ち着く

ストレスが溜まっている時に甘いものを食べると、幸せな気持ちになれる成分のホルモンが分泌されます。

このホルモンは、ストレスで疲れきってしまった心を癒してくれます。

また、落ち込んでいる気持ちを和らげてくれるのでストレスを解消することができます。

ストレスが溜まっている時はこのホルモンを求めて身体が甘いものを欲するのです。

普段は甘いものを食べるのがあまり好きではない方がストレスが溜まっている時だけは甘いものを食べたくなるのもこのホルモンが原因です。

もちろん、甘いものを食べ過ぎてしまうと太ってしまい余計にストレスが溜まってしまいます。

自分でストレスが解消されかつ太らない量を少しずつ調整しながら把握するとストレスが溜まった時でも安心して甘いものを食べることができます。

ここで注意しないといけないのが、いくら甘いとはいえ人工甘味料ではそのホルモンが出ない事です。

砂糖や黒糖、はちみつ等の自然からできた甘味料を使った甘いものを食べるようにしましょう。


2.入眠しやすくなる

甘いものには安らかな睡眠を促してくれるの効果があるので、ストレスでちょっと眠れないと思った時は少し甘いものを食べるとストレスや不安な時でも入眠しやすくなります。

眠る前に甘いものを食べると太るのでは?と思う女子は多いと思いますが、チョコレートひとかけら等少しだけ食べるようにすると体重に影響が出ないので心配いりません。

また、眠る前に冷たいものを食べたり飲んだりすると身体が冷えて不安な気持ちが倍増して眠れなくなってしまうので、アイス等は控えるようにしましょう。

温かいものを食べたり飲んだりするようにすると身体が温まり安心できるので入眠しやすくなります。

オススメは生姜入りのホットココアです。

生姜もココアも身体を温め入眠しやすくする効果が高いので幸せな気持ちで眠ることができます。

50~150ccをゆっくり飲むようにしましょう。


3.やる気がでる

1でも書いた甘いものを食べた時に出るホルモンにはやる気を出す効果もあります。

ですのでどうしてもストレスやプレッシャーで仕事や勉強でやる気がでない時には甘いものを食べるようにしましょう。

特に試験前や大事な会議の前に食べるようにするとやる気が出るので思っている以上の結果を出すことができます。

ただし、やる気が無いからといつも甘いものを食べてしまうとイザという時に効果が無くなってしまいますので、どうしても疲れてやる気がでないという時に食べるようにしましょう。

そうすることで太り過ぎも抑えることができます。


4.チョコレートは特にオススメ

素晴らしい効果のある甘いものですが、せっかく食べるなら効果の高いものを食べたいですよね。

甘いものの中で一番効果があるのはチョコレートだと言われています。

また、チョコレートには疲労を回復してくれる嬉しい効果もありますのでチョコレート一つで心身ともに元気になることができます。

同時通訳の方は疲れを瞬時に回復させるためにチョコレートが必須というくらい効果があります。

ちょっと疲れたなと感じた時にすぐに食べることができるように常に個包装タイプのものを持っておくといいでしょう。

チョコレートはカロリーが高いのでは?と思う方は多いと思います。

カロリーが心配な方は甘さ控えめのタイプを選ぶことでカロリーをさほど気にせずに食べることができます。

それにチョコレートには嬉しい事にほどほどに食べればダイエット効果も期待できますので、太るからと疲れている時に食べないのは勿体無いです。

上手くチョコレートと付き合って心身ともに常に健康な身体を作りましょう。

.甘いものの食べ過ぎを抑えるために

どうしても食欲を抑えられずに甘いものを食べ過ぎてしまって太ってしまうという方は、お腹が空いている時に甘いものを食べたくなったらサラダやこんにゃく、豆腐等のカロリーの低いものを先に少し食べておきましょう。

そうすることで太る心配なく甘いものを食べてストレスを解消することができます。

スーパーやコンビニ等に行ってしまうとどうしても甘いものを買いたくなるので、行く回数を減らすのも一つの手です。

ストレスを抱えている時には甘いものをとろう

ストレスを抱えている時に甘いものを食べることの効果についてはいかがでしたでしょうか。

疲れていてストレスが溜まっている時に幸せな気持ちを脳が欲しているから甘いものが食べたくなるのです。

甘いものが食べたくなるほど心身ともに疲れているという事ですので、自分へのご褒美にちょっとしたスイーツを買ってあげましょう。

もちろん、食べ過ぎてしまうと太ってしまいますのでほどほどに食べるようにして甘いものと上手に付き合うようにしましょう。