夢の中で鳥が出てきた時に意味するものとは

最終更新日:2016年2月23日

鳥が夢に出てきた時、それはどんな意味があるのでしょうか。

今回はそんな夢の中の鳥が表していることについてご紹介します。

1.ツバメは吉報の到来の象徴

夢の中に「鳥」が出てくる場合、その状況によって幾つか異なる解釈ができます。
夢を分析する専門家は、「鳥の出現」と言うのは何らかの知らせ、ニュースの到来を期待する願望の現れと言えます。

あるいは悪い知らせがやってくるかもしれないという不安の表れになります。

また、鳥は鳥でもその種類によって、夢の中では意味が違うと分析されています。
良い知らせをもたらすのは、遠くから飛んでくる空を飛んでくる鳥です。

例えばスズメのような小鳥、あるいはハトやツバメといった大きめで悠々と飛来するような鳥です。
このような鳥の出現は、遠くから何かの思いがけない、新しい知らせなどの到来の願望、あるいはその予兆を表していると分析されています。

その鳥は往々にして攻撃的でない、優しいイメージの鳥です。
夢分析の領域では、これらの鳥は「優しさ」や「平和」などを表しており、それが自分のほうに近づいてくるという意味に考えられることが多いです。

あなたの心が安らぎの到来を求めている。
逆に言えば、今の状態は何か心細く、不安を抱えており、それを和らげてくれる人が現れるのを求めているような状態にあるとの分析が出来ます。
漠然とした安心感の欠如がある場合にこの鳥の夢を見ることが多く、平和をもたらすような「おとなしい鳥の訪れ」は、やすらぎの訪れと同じようなイメージなのだと言われています。

2.飛べない鳥は沈滞か安定の象徴

これに対して、飛べない鳥が出てくる場合はどうでしょうか。
例えばアヒルやダチョウのような空を飛ばない鳥が夢に出てくることは、前述の夢とはだいぶ意味が異なってきます。

これはあなたが何か変化の無い状況や、自分の不甲斐なさを気に病んでいて、苦しんでいるか、無意識のうちに不満を抱いている可能性を示唆します。
変化が欲しいのに、いつまで待っても変化がないことが、「飛べない鳥」の夢を見させたしたと分析する専門家は少なくありません。

しかし夢分析は、その人の性格や生い立ち、家庭環境なども合わせて考えなければならず、単純にこうだと言い切るのは難しい場面があります。
例えば、ペンギンの夢であっても、その時の夢の中のあなたの気分はどうだったでしょうか。

妙に安堵感、安心感を持ってその鳥を見ているあなたがいる。
この場合、このペンギンは「変化がない」ことを象徴していますが、それはあなたにとって「変わってほしくないものが、変わらずにある」という願望の顕在化だと分析できます。

例えば、安定した温かい家庭。
浮気せずいつもあなたに寄り添ってくれる、愚直なほど誠実な彼。
そういったものを象徴していると分析できます。

3.自分も鳥と一緒に飛ぶのは自由への憧憬

鳥達と一緒に大空を悠々と飛んでいる…。
こんな夢を見たことがありませんか。

精神分析の世界では、このような夢は「自由」「若さ」を表しているということです。
自由に空を舞う鳥のように、自由に飛びたい。

ところが、これは年老いた人が見る夢ではなく、往々にして若い人自身が見ることが多いそうです。
多くの作家や詩人の作品にも、繰り返し出てくるモチーフです。

あなたも見たことがあるのではありませんか。
空を飛ぶ夢とは、若さや自由。

多くの人がそんな願望があるのでしょうか?これは一面では、例えば若くして結婚したが、ちっとも自由を感じていないというような場合、若いのに自由な人生選択が出来なかった人が無意識のうちに持つ、解放の願望の具現化であると言えます。

つまりあなたの深層心理では、今自分が置かれているのが狭苦しいが、早く大きく伸びて飛び出したい、冒険したいというような願望をはらんでいる場合、間接的なイメージとして空を飛ぶ浮遊感を夢で体験すると考えられます。

4.鳥と飛べなくなるのは大人への過程

もう一つのタイプの「鳥とともに空をとぶ夢」は、不自由さを感じない多くの若者が見ると言われます。
どういうことでしょうか?「鳥とともに空をとぶ夢」は、通常その部分だけを見るのではなく、その後の顛末までを夢分析に含めます。

空を飛んでいるあなたは、急に何らかの理由…急に風が止まる、翼が力を失うなどで、どんどん地上に引き戻され、最後には力尽き、着陸してしまいます。
多くの「鳥と空を飛ぶ夢」はこのような結末を伴います。

これは、若い自分の享受している自由や青春の魅力を失うのではないか、具体的には、長いお休みが終わりに近づいている。
学生生活がいつか終り務めにでなくてはならない。

結婚しなければならないというような、新たなステージが迫り来ることを、漠然とした不安をもって感じていると分析されます。
時代は変わっても、「鳥とともに飛翔する夢」は世界中で多くの若者の枕元に現れるそうですから、大人になっていく過程の心の葛藤の代表例なのでしょう。

鳥の夢でも様々な意味を持つ

一口に「鳥の夢」と言っても様々な意味を持ちます。

有名なフロイトやユングが研究した「夢と精神状態の関わり」については、細部に異なる解釈もありますが、両者の研究結論は非常に近く、冒頭にもあるように「夢は無意識から現れたもの」です。

皆さんも、見た夢をじっくり分析し、自分の心の状態に気を配ってあげてください。
今まで気が付かなかった深層心理を知ることができるかもしれません。