ゆとり世代の恋愛特徴とは。恋愛ベタで割り勘を多い

最終更新日:2015年12月21日

好きになった人がゆとり世代の人だった・自分自身がゆとり世代だ…などゆとり世代と呼ばれる人たちと恋愛に落ちることはこの先少なくないでしょう。

実際に多くのゆとり世代の方が社会人になって恋愛を楽しんでいます。

そこで今回はゆとり世代の恋愛の特徴をご紹介します。

1.恋愛下手

ゆとり世代の多くの人が積極性にかけていたり優しすぎる故に恋愛に対して積極的になれないことがあります。

ゆとり世代でない女性から見れば恋愛下手だと思われてしまったりすることがあります。

最近では「肉食女子」というような女性たちが話題になっているのもゆとり世代の男性が恋愛下手で女性からいくほかないからかもしれません。

ゆとり世代のこの恋愛下手さというのは親に「勉強をしなさい」と言われれば素直に従うような性格だったり、クラスの環境によっても大きく変わってきます。

付き合うことが恥ずかしいという風潮があるような環境だとなかなか付き合えませんが、逆に付き合っていないと仲間外れにされるような状況だと恋愛は盛んになります。

その場に流されやすいゆとり世代の男性はその場の環境が「恋愛をする環境」であれば恥ずかしがらずに頑張れますが、誰も恋愛をしていないと少し億劫になってしまうのかもしれません。


2.割り勘が多い

男女平等の教育を受けてきたゆとり世代と言うのは、基本的に割り勘なことが多いようです。

というのもゆとり世代の多くはバブル崩壊後の氷河期や景気の悪いときに学生時代や青春時代を過ごしてきたゆとり世代にとって、バブル時代のように男性が女性にいたれりつくせりとすることは難しかったのです。

そのためデートや食事などでも基本的に割り勘にすることが多くなります。

ゆとり世代の男性と年上の女性が恋愛をする場合、女性側が男性がおごるのが当たり前と思っているとびっくりしてしまうかもしれません。

ゆとり世代の中でも男の甲斐性を見せたいと思っている人も多くいますが、昔のようにそれが当たり前だと思っているのは時代遅れなのかもしれません。

男性にとってはいい意味で、女性にとっては少し損な男女平等になってきているのかもしれませんね。

それでも、同棲をしたり結婚を考えると「男性がおごる」という考えではなく二人で支えあうという考えに移行していきます。

男女平等に割り勘をしてくれるゆとり世代の男性の方が同棲や結婚をしたときにギャップなく支えあうことができるのかもしれません。


3.基本的にはのんびり付き合いたい

ゆとり世代の人の特徴として「個人の時間」を大事にする傾向があります。

そのため恋愛も楽で気を使わない恋愛の方が向いています。

職場で隠れて燃え上がるような熱い恋愛と言うよりは、幼馴染や同級生などの気兼ねなく付き合えるような相手とのんびり二人のペースで仕事や趣味と両立しながら恋愛をしたいと考えるようです。

ゆとり世代はずっと景気の悪い時代に過ごしてきています。

一目ぼれで好きになった女性をすぐに落として結婚できるような経済力や度胸を持ち合わせていないことが多いですし、長く細く関係を続けていく方が穏やかで楽しい恋愛を出来るということを知っているのです。

ゆとり世代の恋愛はゆったりのんびりな傾向が多いのかもしれませんね。


4.性欲が少ない

最近では女性にあまり手を出さない男性が多いそうです。

いわゆる草食系男子と呼ばれている人たちのことですね。

彼らは女性とお泊りをしても手を出すことなく普通に眠ってしまったり、性にあまり興味がない場合もあります。

というのも、ゆとり世代の人と言うのは様々なリスクを考えて行動することが多いようです。

ゆとり世代は怒られたり失敗をすることを嫌う傾向にあり、性的な関係と言うのは、病気やリベンジポルノなどのトラブルや学生さんであれば望まない妊娠などもリスクに入ってしまうでしょう。

それを考えてしまうと安易に女性に手をだすことができないのかもしれません。

学生時代からあまり女性と性的関係を持たなかったせいか社会人になっても性的に無欲になってしまい、最近では初体験迎えていない成人男性の数が昔に比べて多くなっているようです。

ゆとり世代の男性と恋愛をする場合、すぐに体の関係を持たないというのも特徴の一つになるのかもしれません。

ただし、ゆとり世代にも体目的で性欲の強い男性も多くいるのでゆとり世代だからといって安心してすぐに家にあげたりするのはやめておきましょう。

ゆとり世代の恋愛特徴を知ろう

ゆとり世代の恋愛にも多くの特徴がみられるようです。

いい面も悪い面もありますがその時代に合わせた彼らの性格をまずは受け止めてあげることから恋愛や人間関係が始まるのかもしれません。

ゆとり世代との恋愛はヤキモキしてしまうという方も是非前向きに考えてみてはいかがでしょうか。