図々しい人の特徴。自分中心で人頼み

最終更新日:2016年2月21日

相手の気持ちや思いをくみ取ることが出来ない図々しい人は結構多く見られるものです。

一緒にいる側としては気分が悪くなってしまうことが多く、そんな人にはなりたくないと思ってしまうことでしょう。

どんな人が図々しい人と思われてしまうのか、その特徴を知り、自身がそんな人にならないように気を付けましょう。

1.人の意見を聞かず、自分の意見を押し通す

自分の意見を押し通し、相手の意見を聞かないタイプの人は、図々しい人と思われてしまいます。

中には意見を聞きながらも、聞き入れるつもりがないといったタイプの人もいます。

最終的には自分の思い通りに事を運び、自分の意見のみを押し通すことが当たり前になってしまっている、自己中心的な面を持っているのです。

こういったタイプの人は、自分の意見を聞き入れてくれるまで、何度も主張を繰り返し、相手が納得するまで発言し続ける傾向が多く、相手に反論させないよう言いくるめます。

幼い頃から自分の意見が通らないと駄々をこねたり、泣きじゃくったりと、わがままな生活の中で生きてきたと考えられます。

人の意見を聞かない人、自分の意見ばかり押し通す人、聞く耳を持たないタイプの人は、図々しい人の特徴です。

初めから相手の意見を聞くつもりはない人が多いため、何を言っても無駄になってしまうことが多いでしょう。


2.おごってもらうことが当たり前だと思っている

自分も稼いでいるのにも関わらず、食事をした際や飲み会の際には、自分では支払わず相手に払ってもらうことが当たり前という人も図々しい人の特徴です。

この際たちが悪いタイプだと「ごちそうさま」「ありがとう」といった言葉もない場合もあります。

相手が年上だからおごってもらって当然、相手が男性だから支払ってもらうのは当たり前という感覚でいると、こうした感謝の言葉も出てこないもの。

おごってもらうことが当然になってしまい、ケチといった印象を持たれることもあるでしょう。

相手がどういった立場の相手でも、一度は財布を出すなどの配慮を忘れてはいけないもの。

これまでモテてきた人、末っ子タイプの人など、甘える側の立場であったことが多い人によく見受けられる行動です。

社会人となったのであれば、おごってもらうことに対して感謝の気持ちを持つこと、時に自分もお金を出すことも必要になることを知るべきでしょう。

3.自分の都合ばかりを優先させる

友人、同僚といった関係で、プライベートにて会う約束をする際に、自分の予定ばかり優先して、相手の都合を聞かないタイプも図々しい人です。

相手にももちろん用事や都合は必ずあるもの。

しかし、図々しい人に限っては、自分の方が忙しい、相手が合わせてくれるものといった意識が強く、相手の都合はお構いなしです。

自分の都合ばかりを優先させて、相手に合わせてもらうことが当然という認識を持っているのでしょう。

また、自分の都合の良い日に相手の都合が悪いとなると、突然不機嫌になるタイプの人もいます。

思った通りに事が進まないことに怒りさえ感じてしまう人も多いのです。

図々しい人は、自分が一番であることが当然と考えているため、相手が合わせることが当たり前だと思っているのでしょう。

相手の都合を気にしない人、もしくは複数人で会う時に勝手に日時を決めてしまう人は、このような特徴を持っていると言えます。


4.自分で努力せず、人頼み

図々しい人には、自分で努力をしないで人頼みになってしまっている人が多い傾向にあります。

彼氏が欲しいと言いながらも自分で相手を探すことはせず、良い人を紹介してもらえるまで待っている人や、仕事を任せられても後輩に押し付け、最終的には自分の手柄にしてしまう人は、意外と多くいるものです。

努力することが単に面倒と感じている人もいれば、自分がやらなくても周りが動いてくれるという考えを持っている人もいます。

自分で行動すること、努力することは初めから避け、周りの人がしてくれるのを待っている人は、図々しい人の特徴です。

周りに世話好きの人がいたり、母性本能が強いタイプの人がいると、こうした行動はエスカレートしがち。

楽して満足を手に入れたいと思っているため、都合よく周りの人を利用している可能性もあるでしょう。

ある程度に年齢になったら、自分で行動することや自分で努力しなければならない場面は必ず訪れるもの。

しかしそんな場面でも何もできず、周りを常に頼っている人は、いつまで経っても図々しい人であり、人として成長も出来ないままでしょう。

図々しい人の特徴

人は年齢を重ねていけばいくほど、徐々に図々しくなってしまうのも事実です。

しかし、根っから図々しい人は、自分がすべて中心となっていることが多く、また人として未熟な点が多く見られます。

浅い付き合いの人ならまだしも、長年の付き合いになってくると周りに見透かされてしまい、愛想つかされてしまうことも多いです。

こんな図々しい人にならないよう、周りの人を気にかけること、周りの都合を考えることも、大人として必要になるものでしょう。